JetBrains Rider 2018.1ヘルプ

クイックスタートのヒント

ルック・アンド・フィール

  • JetBrains Riderキーボードバインディングは、任意の操作で変更できます。 Ctrl+Alt+S を押してキーマップに移動します。
  • エディタで Alt+Enter を押してから、実行するJetBrains Riderコマンドの名前を入力し始めます(さらに...)。

エディタでのコーディング

  • メソッドのシグネチャを入力するとすぐに、たとえば public void Foo(string inputCtrl+Shift+Enter を押すと、続けて入力する必要があるすべての構文要素が挿入され、入力を続けることができます(さらに...)。
  • いくつかのコードを try...catchで囲みたいですか? try...catch 論理コードブロックを選択するを押し、 Alt+Enter を押してから、囲む...でテンプレートを選択します。
  • コードブロックを選択し、 Ctrl+Shift+Alt +矢印キーを使ってこのブロックを(さらに...)回りに移動できます。
  • Ctrl+Shift+V で最近のクリップボードのエントリを表示し、貼り付けたいものを選択することができます。
  • Enumの補完は自動的に接頭辞としてEnum型を挿入します: それを綴る必要はありません!
  • String.Formatを使用すると、カーソルがあるプレースホルダを追加できます。ちょうど Alt+Enter を押し、フォーマット引数を挿入するさらに...)を選んでください。
  • 文字列リテラルが長すぎる場合、 Enter を押すとJetBrains Riderは自動的にその部分を次の行に置き、 + 記号を挿入します。 + を削除すると、文字列部分が一緒に戻ってきます(さらに...)。
  • カット/ペーストを使用してプロパティを3行上に移動しますか?より簡単な方法があります:カーソルをプロパティに置き、 Ctrl+Shift+Alt を押し、上矢印キーを使用します。
  • 他の入力支援機能をチェックしてください。

コード分析

トラバースコード

コードの変換

  • 同じファイルに複数のクラスがありますか?それを速く修正してください。ソリューションエクスプローラでファイルの Ctrl+Shift+R を押し、一致するファイルに型を移動するさらに...)を選択します。
  • いつでもどこでも Ctrl+R, R名前変更何でも。より少ないステップでもそれを行うことができます。新しい名前を入力して Alt+Enterを押すだけです。
  • Ctrl+R, Mを使用してコードのセクションから方法を抽出するを実行できます。
  • 新しいメソッドシグニチャーを入力し(パラメータの数またはタイプを変更し、戻り値のタイプを変更する)、署名が灰色の枠で強調表示されている間に Alt+Enter を押してインプレースでのリファクタリングの実行を適用します。
  • キャレットをプロパティに置くと、 Alt+Enter を押して、auto-propertyからバッキングフィールドを持つプロパティ(さらに...)に変更することができます。
  • 方法の Ctrl+R, S署名を変更するを押し、それを適用する前にプレビューを見てください: JetBrains Riderは残りをやります!

コードの生成

  • 生成コマンド(Alt+Insert)を使用して、数秒でさまざまなクラスメンバーを生成します。
  • ソリューションエクスプローラのAlt+Insertfile templates ..とフォルダからファイルを作成することができます。
  • Alt+Insert を使用し、イベント購読を生成するを選択して、XAML / ASP.NET WebForms / VB.NETでイベントサブスクリプションを作成します。
  • キャレットをコンストラクタ内のパラメータに置き、 Alt+Enterを押すと、JetBrains Riderはフィールドまたはプロパティを作成し、それを初期化することができます。
  • foreach を入力し、 TABを押します。 JetBrains Riderはタイプと名前の提案で live template for smart loop generationを開始します。

ユニット・テスト

  • Ctrl+U, L を使用して、ソリューション内のすべての単体テスト(さらに...)を実行します。
  • 特定のテストを実行したいですか?エディタでそれらを選択し、右クリックしてユニット・テストの実行さらに...)を選択します。
  • テストを名前でフィルタリングするには、ユニットテストウィンドウの入力を開始します。
  • ユニットテストウィンドウでそれらを実行している間に失敗したテストにフィルタをかけて、それらが合格(さらに...)して気持ちよく消えていくのを見ます。

ASP.NETとASP.NET MVC

  • ASP.NET MVCアプリケーションでは、 return View(" と入力し、 Ctrl+Spaceを押します。 IntelliSenseは使用可能なすべてのビューを一覧表示します。
  • rta と入力し、 TABを押します。コントローラーを入力し、アクション引数を入力します。今すぐIntelliSenseで正しい順序にする必要があります。!
  • ASP.NET MVCで欠落しているビューをチェックしたいですか? ソリューション全体の分析をオンにします。 View("Login") が存在しない場合、 View("Login") は赤色で表示されます。
  • ASPX / Configファイルでファイルメンバーに移動コマンドを使用することもできます: プレス Alt+\ とそれを見て!
最終変更日: 2018年7月11日

関連事項