JetBrains Rider 2024.1 ヘルプ

クイックスタートのヒント

ルックアンドフィール

  • JetBrains Rider キーボードバインディングは、任意の操作で変更できます。Ctrl+Alt+S を押してキーマップに移動します。

  • エディターで Alt+Enter を押してから、実行する JetBrains Rider コマンドの名前を入力し始めます(さらに ...)。

エディターのコード

  • メソッドシグネチャー(public void Foo(string input など)を入力したらすぐに、Ctrl+Shift+Enter を押して、入力を続けることができる位置(さらに ...)に続くすべての構文要素を挿入します。

  • try...catch でコードを囲みますか? Ctrl+W論理コードブロックを選択するAlt+Enter を押してから囲む ... のテンプレートを選択します。

  • コードブロックを選択し、Ctrl+Alt+Shift + 矢印キーを使ってこのブロックを(さらに ...)回りに移動できます。

  • Ctrl+Shift+V を使用して最近のクリップボードエントリを表示し、貼り付けたいものを選択できます。

  • Enum の補完は自動的に接頭辞として Enum 型を挿入します。それを綴る必要はありません !

  • String.Format を使用すると、キャレットがある場所にプレースホルダーを追加できます。Alt+Enter を押して、フォーマット引数を挿入する ( さらに ...) を選択します。

  • 文字列リテラルが長すぎる場合は、Enter を押すと、JetBrains Rider が自動的にその一部を次の行に置き、+ 記号を挿入します。+ を削除すると、文字列部分が元に戻ります ( さらに ...)。

  • カット / ペーストを使用してプロパティを 3 行上に移動しますか ? さらに簡単な方法があります。プロパティにキャレットを置き、Ctrl+Shift+Alt を押して上矢印キーを使用します。

  • その他の入力支援機能を確認してください。

コードの解析

トラバースコード

  • Ctrl+N, G を押すと、タイプ、メソッド、基本的にすべてをすばやく検索できます。Ctrl+Shift+N を使用すると、他の提案なしでファイルを検索できます。

  • キャレットを using (VB.NET で作業している場合は import)ディレクティブに配置し、Alt+F7 を押します。JetBrains Rider は、この名前空間が正確に使用されている場所(使用箇所の検索のシンボル)を示します。

  • ちょうど今編集していた場所を忘れましたか? Ctrl+Shift+Backspace を用いた最後の編集位置にジャンプします

  • 現在のシンボルが本当に速く宣言されている場所を見つけたいですか? Ctrl+B を押すか、シンボルを右クリックします。

  • Ctrl+N, G またはその他のナビゲーションコマンドを使用して CustomerServicesTest を検索する場合、全体を入力する必要はありません。CamelHumps を使用して cst と入力するだけです。

  • Ctrl+U を使用すると基本型に移動しCtrl+Alt+B を使用すると現在のタイプの継承に移動します。

  • クラス内の次のメンバーに移動しますか? Alt+Down がそこに連れて行きます。Alt+Up はあなたを元に戻します(さらに ...)。

  • 検索ウィンドウにフェッチするもの(使用箇所実装など)を検索します。次に、それを使用して、Ctrl+Alt+Down/Ctrl+Alt+Upさらに ...)で検索結果間を移動します。

  • ソースコードでは、Ctrl+J, P はソリューションエクスプローラーで現在のファイルを選択します。逆コンパイルされたソースでは、現在のタイプ(さらに ...)に焦点を当てたアセンブリエクスプローラービューを開きます。

  • 現在クリップボードにあるスタックトレースを調べるには、 Ctrl+I, S を押します。

  • JetBrains Rider ツールウィンドウで入力を開始すると、一致するアイテムがハイライトされます。CamelHumps マッチングもそこで機能します。

コードを変換する

  • 同じファイルに複数のクラスがありますか? それを速く修正してください。ソリューションエクスプローラーでファイルの Ctrl+Alt+Shift+T を押し、一致するファイルに型を移動するさらに ...)を選択します。

  • Shift+F6 を使用すると、いつでもどこでも何でも名前を変更できます。新しい名前を入力して Alt+Enter を押すだけで、さらに少ない手順で実行できます。

  • Ctrl+Alt+M を使用して、コードのセクションからメソッドを抽出できます。

  • 文字列リテラルをリソースファイルに移動したいですか? 文字列上の任意の場所に Ctrl+Alt+Shift+T を押し、リソースに移動さらに ...)を選択します。

  • 新しいメソッドシグネチャーを入力し (パラメーターの数または型を変更し、戻り値の型を変更します)、シグネチャーが灰色の枠でハイライトされている間に Alt+Enter を押してシグネチャーの変更リファクタリングを適用します。

  • プロパティにキャレットを置き、Alt+Enter を押すと、自動プロパティからバッキングフィールドのあるプロパティに、またはその逆に変更できます ( さらに ...)。

  • メソッドのシグネチャーを変更して適用する前にプレビューを表示するには、Ctrl+F6 を押します。JetBrains Rider が残りをやる !

  • コードは洗濯が必要だと思いますか? Ctrl+R, C を使用し、フルクリーンアッププロファイル(さらに ...)を実行します。

コードの生成

  • 生成コマンド Alt+Insert を使用して、さまざまなクラスメンバーを数秒で生成します。

  • ソリューションエクスプローラーの Alt+Insert は、ファイルテンプレート .. およびフォルダーからもファイルを作成できます。

  • class と入力して TAB を押します。デフォルトで公開しますか ? それとも内部に設定しますか ? 対応するライブテンプレート ( さらに ...) を変更します。

  • Alt+Insert を使用し、イベント購読を生成するを選択して、XAML/ASP.NET WebForms/VB.NET でイベントサブスクリプションを作成します。

  • コンストラクター内のパラメーターにキャレットを置き、Alt+Enter を押すと、JetBrains Rider によってフィールドまたはプロパティが作成され、それが初期化されます。

  • foreach と入力して TAB を押します。JetBrains Rider は、タイプと名前の提案を含むスマートループ生成用のライブテンプレートを開始します

    .

ユニットテスト

  • Ctrl+;, L を使用して、ソリューション内のすべての単体テスト(さらに ...)を実行します。

  • 特定のテストを実行したいですか? エディターで選択し、右クリックしてユニットテストの実行 Run Unit Tests Ctrl+;, Rさらに ...)を選択します。

  • テストを名前でフィルタリングするには、ユニットテストウィンドウの入力を開始します。

  • ユニットテストウィンドウで実行している間に失敗したテストにフィルターをかけて、それらが合格(さらに ...)して気持ちよく消えていくのを見ます。

ASP.NET と ASP.NET MVC

  • ASP.NET MVC アプリケーションでは、return View(" と入力し、Ctrl+Space を押します。IntelliSense は使用可能なすべてのビューを一覧表示します。

  • rta と入力し、TAB を押します。コントローラーを入力し、アクション引数を入力します。今すぐ IntelliSense で正しい順序にする必要があります !

  • ASP.NET MVC で欠落しているビューをチェックしたいですか? ソリューション全体の分析をオンにしてください。Login.aspx がない場合、View("Login") は赤で表示されます。

  • ASPX/Config ファイルでもファイルメンバーに移動コマンドを使用できます。Ctrl+F12 を押して調べてみてください。

ヘルプとサポート

  • JetBrains Rider サポートチームが常にお手伝いします。Rider サポート Web サイト(英語)を使用してナレッジベースを探索するか、サポートの問い合わせを送信してください。

  • JetBrains Rider に新しい機能を実装したい場合は、機能リクエストをに投稿してください。Rider 課題トラッカー(英語)

関連ページ:

アクションとオプションを見つける

JetBrains Rider を使用すると、メニューを掘り下げることなく、アクションをすばやく見つけて適用できます。アクションとは、現在のキャレット位置で使用できる実行可能コマンド、またはツールウィンドウを開くコマンドなどのグローバルコマンドを意味します。また、名前で JetBrains Rider 設定を検索して移動したり、ポップアップメニューでブール値を使用して設定を変更したりすることもできます。アクションの検索と実行、または設定の検索と変更以下のいずれか 1 つを実行します: を押します。...

キャレットを処理し、テキストを選択する

エディターでマウスをクリックして目的の位置にキャレットを配置し、マウスをドラッグして連続テキストブロックを選択できます。デフォルトでは、現在のドキュメント内の文字、空白、タブにのみキャレットを配置できます。オプションで、設定のエディター | 一般ページで行末以降へのキャレット移動を許可するを選択すると、任意の行の最後の文字の後の任意の場所にキャレットを配置できます。行末を超えた位置で入力を開始するとすぐに、行末と入力の先頭の間に必要な数のスペースが追加されます。コメントまたはプレーンテキスト内...

コードインスペクション設定を構成する

設計時コードインスペクションを構成する:デフォルトでは、JetBrains Rider はサポートされている言語に対応するすべてのファイルで設計時コードインスペクションを有効にします。必要に応じて、無効にすることができます。設計時コードインスペクションが有効かどうかにかかわらず、コードインスペクションを特定の範囲でいつでも実行できます。「鉛筆」ウィジェットを使用して、エディターから直接インスペクション設定をすばやく調整するか、設定でより詳細な構成を行うことができます。を押すか、メニューから(W...

設計時にコードの問題を分析する

JetBrains Rider は、エディターでコードファイルを開くとすぐに、コードファイルが閉じられるまで分析を開始します。検出されたすべてのコードの問題は、重大度に応じてエディターでハイライトされます。問題のマップは、エディターウィンドウの右側のエラーストライプにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、マークをクリックして特定のコードの問題に移動できます。デザインタイムインスペクションの機能:デザイン時のインスペクション機能は、Rider エディターの基本機能への主要...

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照アセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を検索できます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。シンボルの使い方を探すエディターのシンボルにキャレットを配置するか、構造ツールウィンドウでシンボルを選択します。以下のいずれか 1 つを実行します: メインメニューからを選択します。右クリックし、コンテキス...

最近使用した箇所と変更を移動する

JetBrains Rider は、あなたの行動やナビゲーションの履歴を記録し、コードを編集した場所や学習したばかりの場所に移動するいくつかのコマンドを提供しています。表示 / 編集されたファイルのリストは、開いたソリューションごとに個別に保存され、ソリューションを閉じるときに保存されます。これは、ソリューションを開いた直後にこのコマンドを呼び出して、以前の作業セッションで作業したファイルのリストを取得できることを意味します。最近表示したファイルに移動する:このコマンドは、現在のソリューション...