JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

クイックスタートのヒント

ルック・アンド・フィール

  • JetBrains Riderキーボードバインディングは、任意の操作で変更できます。Ctrl+Alt+S を押してキーマップに移動します。

  • エディターで Alt+Enter を押してから、実行するJetBrains Riderコマンドの名前を入力し始めます(さらに...)。

エディターのコード

  • メソッドシグネチャー( public void Foo(string inputなど)を入力したらすぐに、Ctrl+Shift+Enter を押して、入力を続けることができる位置(さらに...)に続くすべての構文要素を挿入します。

  • try...catchでコードを囲みますか? Ctrl+W論理コードブロックを選択するAlt+Enter を押してから囲む...のテンプレートを選択します。

  • コードブロックを選択し、Ctrl+Alt+Shift +矢印キーを使ってこのブロックを(さらに...)回りに移動できます。

  • Ctrl+Shift+V を使用して最近のクリップボードエントリを表示し、貼り付けたいものを選択できます。

  • Enumの補完は自動的に接頭辞としてEnum型を挿入します。それを綴る必要はありません!

  • String.Formatを使用すると、カーソルがあるプレースホルダを追加できます。ちょうど Alt+Enter を押し、フォーマット引数を挿入するさらに...)を選んでください。

  • 文字列リテラルが長すぎると、Enter とJetBrains Riderが自動的にその部分を次の行に置き、+ 記号を挿入します。 + を削除すると、ストリングパートが一緒に戻ってきます(さらに...)。

  • カット/ペーストを使用してプロパティを3行上に移動しますか?より簡単な方法があります:カーソルをプロパティに置き、Ctrl+Shift+Alt を押し、上矢印キーを使用します。

  • その他の入力支援機能を確認してください。

コードを分析する

トラバースコード

  • Ctrl+T を押すと、タイプ、メソッド、または基本的にすべてをすばやく検索できます。Ctrl+Shift+N を使用すると、他の提案なしでファイル検索できます。

  • キャレットを using (VB.NETで作業している場合は import )ディレクティブに配置し、Alt+F7を押します。JetBrains Riderは、この名前空間が正確に使用されている場所(使用箇所の検索のシンボル)を示します。

  • ちょうど今編集していた場所を忘れましたか? Ctrl+Shift+Backspaceを用いた最後の編集位置にジャンプします

  • 現在のシンボルが本当に速く宣言されている場所を見つけたいですか? Ctrl+B を押すか、シンボルを右クリックします。

  • Ctrl+T またはその他のナビゲーションコマンドを使用して CustomerServicesTest を検索する場合、全体を入力する必要はありません。キャメルハンプを使用して cstと入力するだけです。

  • Ctrl+U を使用すると基本型に移動しCtrl+Alt+B を使用すると現在のタイプの継承に移動します。

  • クラス内の次のメンバーに移動しますか? Alt+Down がそこに連れて行きます。 Alt+Up はあなたを元に戻します(さらに...)。

  • 検索ウィンドウへのフェッチ( 用途実装など)を検索します。次に、それを使用して、Ctrl+Alt+Down / Ctrl+Alt+Upさらに...)で検索結果間をナビゲートします。

  • 現在クリップボードにあるスタックトレース調べるには、 Ctrl+E, Tを押します。

  • JetBrains Riderツールウィンドウの入力を開始すると、一致するアイテムが強調表示されます。キャメルハンプマッチングも同様に機能します。

コードを変換する

  • 同じファイルに複数のクラスがありますか?それを速く修正してください。ソリューションエクスプローラーでファイルの Ctrl+Alt+Shift+T を押し、一致するファイルに型を移動するさらに...)を選択します。

  • いつでもどこでも Shift+F6名前変更何でも。より少ないステップでもそれを行うことができます。新しい名前を入力して Alt+Enterを押すだけです。

  • Ctrl+Alt+Mを使用して、コードのセクションからメソッド抽出できます。

  • 文字列リテラルをリソースファイルに移動したいですか?文字列上の任意の場所に Ctrl+Alt+Shift+T を押し、リソースに移動さらに...)を選択します。

  • 新しいメソッドシグニチャーを入力し(パラメータの数またはタイプを変更し、戻り値のタイプを変更する)、署名が灰色の枠で強調表示されている間に Alt+Enter を押してシグネチャーの変更リファクタリングを適用します。

  • キャレットをプロパティに配置すると、Alt+Enter を押して、自動プロパティからバッキングフィールドを持つプロパティに、またはその逆に変更できます(さらに...)。

  • メソッドのシグネチャーを変更して適用する前にプレビューを表示するには、Ctrl+F6 を押します。JetBrains Riderが残りをやる!

  • コードは洗濯が必要だと思いますか? Ctrl+E, C を使用し、フルクリーンアッププロファイル(さらに...)を実行します。

コードの生成

  • 生成コマンド Alt+Insertを使用して、さまざまなクラスメンバーを数秒で生成します。

  • ソリューションエクスプローラーのAlt+Insert は、ファイルテンプレート ..およびフォルダーからファイルを作成することもできます。

  • class と入力し、TABを押します。デフォルトでパブリックまたは内部にしたいですか? 対応するライブテンプレートさらに...)を変更します。

  • Alt+Insert を使用し、イベント購読を生成するを選択して、XAML / ASP.NET WebForms / VB.NETでイベントサブスクリプションを作成します。

  • コンストラクターのパラメーターにキャレットを置いて Alt+Enterを押すと、JetBrains Riderはフィールドまたはプロパティを作成して、それを初期化できます。

  • foreach と入力し、TABを押します。JetBrains Riderは、タイプと名前の提案を含むスマートループ生成用のライブテンプレートを開始します。

ユニット・テスト

  • Ctrl+;, L を使用して、ソリューション内のすべての単体テスト(さらに...)を実行します。

  • 特定のテストを実行したいですか?エディターで選択し、右クリックしてユニット・テストの実行 Run Unit Tests Ctrl+;, Rさらに...)を選択します。

  • テストを名前でフィルタリングするには、ユニットテストウィンドウの入力を開始します。

  • ユニットテストウィンドウで実行している間に失敗したテストにフィルタをかけて、それらが合格(さらに...)して気持ちよく消えていくのを見ます。

ASP.NETとASP.NET MVC

  • ASP.NET MVCアプリケーションでは、return View(" と入力し、Ctrl+Spaceを押します。IntelliSenseは使用可能なすべてのビューを一覧表示します。

  • rta と入力し、TABを押します。コントローラーを入力し、アクション引数を入力します。今すぐIntelliSenseで正しい順序にする必要があります!

  • ASP.NET MVCで欠落しているビューを確認したいですか? ソリューション全体の分析をオンにします。Login.aspxがない場合、View("Login") は赤で表示されます。

  • ASPX / Configファイルでファイルメンバーに移動コマンドを使用することもできます。プレス Ctrl+F12 とそれを見て!

ヘルプとサポート

  • JetBrains Riderサポートチームが常にお手伝いします。RiderサポートWebサイト(英語)を使用してナレッジベースを探索するか、サポートの問い合わせを送信してください。

  • JetBrains Riderに新しい機能を実装したい場合は、機能リクエストをに投稿してください。Rider課題トラッカー(英語)

最終更新日: 2020年8月03日

関連ページ:

アクションとオプションを見つける

ヘルプ | アクションの検索...JetBrains Riderを使用すると、メニューを掘り下げることなく、そのアクションをすばやく見つけて適用できます。アクションとは、現在のキャレット位置で使用できる実行可能コマンド、またはツールウィンドウを開くコマンドなどの任意のグローバルコマンドを意味します。...

ステートメントの補完

このコマンドは、必要な構文要素(括弧、中括弧、セミコロンなど)を挿入し、次のステートメントの入力を開始できる位置に移動します。すでに完了しているステートメント内の任意の場所にキャレットがある場合でも、このコマンドを使用できます。この場合、JetBrains Riderはそのステートメントの後に新しい...

文字列リテラルのコード解析とヘルパー

JetBrains Riderは、コード内の文字列リテラルに一連の機能を提供します。JetBrains Riderのコード解析と多数のヘルパーの恩恵を受ける:平紐:コードに平易な文字列を使って作業しているときに、JetBrains Riderがどのように役立つのかを以下に示します。デフォルトでは、J...

文字列リテラルを含む行の分割

長い文字列リテラルを入力すると、JetBrains Riderは行を分割し、必要な引用符とプラス記号を追加できます。キャレットは文字列リテラル内にありますEnterを押すと、コードの構文が壊れないように文字列が正しく分割されます。これで、記号を削除すると、文字列部分が冗長引用符なしで一緒に戻ります。...

入力支援

補完リストでスマートな提案を提供することによってあなたの時間を節約することに加えて、JetBrains Riderはあなたのコードをさらに速く作成して、編集することを可能にする他のタイピング支援機能を提供します。一致する区切り文字を自動挿入:デフォルトでは、開始区切り記号,,またはを入力すると必ず、...

設計時にコードの課題を検出する

JetBrains Riderは、エディターでコードファイルを開くとすぐに、コードファイルが閉じられるまで分析を開始します。検出されたすべてのコードの課題は、重大度に応じてエディターで強調表示されます。課題のマップは、エディターウィンドウの右側のエラーストライプにも表示されます。ここでは、ファイルの...