JetBrains Rider 2019.1ヘルプ

エクスプローラーウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | エクスプローラー
Ctrl+Alt+L

このツールウィンドウを使用すると、さまざまな観点からソリューションを確認したり、新しい項目(ディレクトリー、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。

このツールウィンドウ内のほとんどの機能は、コンテンツペインおよび関連するショートカットのコンテキストメニューコマンドとしてアクセスされます。

ビュー

ツールウィンドウには、次のビューがあります。

JetBrains Rider choosing a view in the Explorer window
  • ソリューションビュー。.sln ファイルで定義されているように、現在のソリューション内のプロジェクトおよびプロジェクト項目の体系的な論理ビューを含むソリューションノードが含まれています。

  • ファイルシステムビュー。現在のソリューションファイルがあるディレクトリーから始まるすべてのファイルとサブディレクトリーを表示します。

  • Unityビュー。Unityプロジェクト内のすべてのアセットを整理して表示します(Unityエディターとまったく同じプロジェクトツリーが表示されます)。このビューはUnityプロジェクトでのみ利用可能です。

  • アセンブリエクスプローラービュー。コンパイル済みアセンブリを開いて探索できます。

  • スクラッチビュー。スクラッチファイルデータベースコンソールを管理できます。

必要なビューは、タイトルバーの左側のリストから選択します。ビューがタブで表されている場合は、対応するタブをクリックして選択します。

ビューを設定するには、タイトルバーのコンテキストメニューで対応するオプションを使用します。必要なオプションには、タイトルバーの Settings をクリックしてアクセスすることもできます。

ツールバー・ボタン

項目

説明

Show all files すべてのファイルを表示

デフォルトでは、JetBrains Riderは現在のソリューションに含まれているプロジェクト、ファイル、および参照のみを表示します。
すべてのファイルを表示オプションを使用して、ソリューションディレクトリーのファイルシステムにあるすべてのサブディレクトリーとファイルを追加で表示することができます。あなたの便宜上、それらのアイテムは黄色で表示されています。非解決項目がJetBrains Riderによって索引付けされていない場合、つまり、たとえば Ctrl+Shift+F を使用してそれらのファイルを検索することができない場合、これらの項目は索引なしラベルでマークされます。 現在のソリューションの外部アイテム接続済みとしてマークされています。

JetBrains Rider: Solution Explorer with the 'Show All Files' option enabled

Autoscroll to Source ソースへ自動スクロール

このオプションがオンの場合、JetBrains Riderはエディターで選択した項目を自動的に開きます。それ以外の場合は、項目をダブルクリックして開く必要があります。

Autoscroll from Source ソースからの自動スクロール

このオプションがオンの場合、JetBrains Riderはエディターで開いたドキュメントをこのウィンドウの現在のビューに自動的に配置します。

File nesting settings ファイルネスト設定

同じ名前と拡張子を持つファイルの表示を設定するファイルのネストダイアログを開きます。

ソリューションエクスプローラーでのコード分析

ソリューション全体の分析が有効になっている場合、JetBrains Riderがエラーを検出したファイルとその親項目は、ソリューション・エクスプローラービューの赤い下線で強調表示されます。

JetBrains Rider: error highlighting in the Solution Explorer

タイトルバーコンテキストメニュー

タイトルバーを右クリックすると表示されるコンテキストメニューには、ソリューションビュー表示モード、ビューの切り替え、ツールウィンドウのサイズ変更などの設定があります。

次の表は、利用可能なコマンドとオプションをリストして簡単に説明しています。

項目

ショートカット

説明

次のビューまたはタブを選択します:
前のビューまたはタブを選択
ビューまたはタブのリストを表示する

Alt+Right
Alt+Left
Alt+Down

これらは異なるビュー間を切り替えるためのコマンドです。

ソースに自動スクロール

このオプションがオンの場合、JetBrains Riderはエディターで選択した項目を自動的に開きます。それ以外の場合は、項目をダブルクリックして開く必要があります。

ソースから自動スクロール

このオプションがオンの場合、JetBrains Riderはエディターで開いたドキュメントをこのウィンドウの現在のビューに自動的に配置します。

フォルダーを常に上に

オプションがオンの場合、ファイルの上にフォルダーが表示されます。それ以外の場合は、すべての項目がアルファベット順にソートされ、ファイルとフォルダーが混在して表示されます。

ツールバーの表示

ウィンドウツールバーを表示または非表示にします。

固定、ドッキング、フローティング、ウィンドウ分割、スプリットモード

これらのオプションを使用すると、ツールウィンドウの一般的な外観と動作を制御できます。ツール・ウィンドウの表示モードを参照してください。

サイドバーから除去

このコマンドは、ツールウィンドウを非表示にし、関連するツールウィンドウボタンをツールウィンドウバーから削除し、ツールウィンドウをクイックアクセスメニューtb shown または tb hidden)から削除します。

ツールウィンドウを再度開くには(そして関連する機能を復元するには)、メインメニュー表示 | ツール・ウィンドウ | <ウィンドウ名>を使用します。

タブのグループ化

このオプションをオンにすると、タイトルバーの左側に必要なビューを選択できるリストが表示されます。このオプションがオフの場合、ビューはタイトルバーの左側に表示されるタブで表されます。

移動

ツールウィンドウを別のツールウィンドウバーに関連付けるには、このコマンドを選択してからコピー先のツールウィンドウバー(、または)を選択します。

サイズ変更

罫線の1つを移動してツールウィンドウのサイズを変更するには、このコマンドを選択し、必要な伸縮オプションを選択します。

このコマンドはフローティングモードでは使用できません。

非表示

Shift+Escape

ツールウィンドウを非表示にするには、このコマンドを使用します。

タイトルバーのボタン

項目

ショートカット

説明

Next tab Previous tabAlt+Right
Alt+Left

ビューが現在タブとして表示されている場合([グループタブ]オプションはオフ)、このボタンは最後に表示されたタブの右側に表示されます。

使用可能なビューの最初または最後が現在選択されている場合、このボタンは Next または Previousとして表示されます。

このボタンをクリックすると、別のビューを選択するなど、ビューのリストを開くことができます。

Scroll from Sourceこのアイコンをクリックして、エディター内のファイルからプロジェクトツールウィンドウ内の対応するノード(ファイル、クラス、フィールド、メソッドなど)に移動します。

このアイコンは、ソースオプションから自動スクロールが現在オンの場合は使用できません。

collapse allCtrl+NumPad Minus

すべてのノードを折りたたむには、このアイコンまたはショートカットを使用します。

settings

このボタンを使用して、オプションがタイトルバーのコンテキストメニューのサブセットであるメニューを開きます。

Hide tool windowShift+Escape

このアイコンまたはショートカットを使用してツールウィンドウを非表示にします。

Alt キーと組み合わせて使用した場合、このアイコンをクリックすると、同じツールウィンドウバーにアタッチされているすべてのツールウィンドウが非表示になります

コンテンツペインの項目のコンテキストメニューコマンド

項目のコンテキストメニューは、この項目で使用可能なすべての機能へのアクセスを提供します。

項目

ショートカット

説明

追加

Ctrl+N

このコマンドを使用して、新しい項目(ディレクトリー、ファイル、またはクラス)を作成します。選択したもの(ソリューションまたはディレクトリー)内。JetBrains Riderは新しいファイルを作成するための利用可能なファイルテンプレートを提案します。
既存のファイルまたはディレクトリーをソリューションに関連付けるために既存のアイテムを追加を選択することもできます。この場合、JetBrains Riderは既存のアイテムへのリンクをコピーするか、移動するか、それともリンクを作成するかを確認します。

NuGet パッケージの管理

このコマンドは、ソリューションノードとプロジェクトノードで利用できます。NuGetパッケージを管理できるNuGetウィンドウが開きます。

プロジェクトのアンロード/リロード

このコマンドを使用して、選択したプロジェクトを一時的にソリューションから除外します。アンロードされたプロジェクトはビルドコードインスペクション、および索引付けから除外されます。ただし、アンロードされたプロジェクトからファイル(Ctrl+Shift+T)を開いてテキスト検索(Ctrl+Shift+F)を実行することはできます。
プロジェクトファイル(.csproj または .vbproj)を表示または編集したい場合は、プロジェクトをアンロードせずに編集できます。

ソリューションの構築/選択したプロジェクト

このコマンドは、ソリューションまたは選択したプロジェクトを構築します。

ユニット・テストの実行

Ctrl+U, R

選択したスコープで単体テストを開始するには、このコマンドを使用します。

高度なビルド・アクション | ソリューション/選択したプロジェクトの再構築

ビルド成果物を以前のビルドから削除し、選択したプロジェクトをビルドします。

高度なビルド・アクション | クリーンソリューション/選択したプロジェクト

以前のビルドからビルド成果物を削除します。

高度なビルド・アクション | パックソリューション/選択したプロジェクト

現在のソリューション/選択したプロジェクトに対してdotnet pack(英語)コマンドを実行します。このコマンドはプロジェクトをビルドし、NuGetパッケージを作成します。
このコマンドは.NET Core / ASP.NET Coreプロジェクトでのみ機能することに注意してください。

高度なビルド・アクション | パッケージソリューション/選択したプロジェクト

このコマンドは、従来のASP.NETプロジェクトのデプロイに役立ちます。パッケージ MSBuildターゲットを使用して .zip ファイルの形式でデプロイパッケージを生成します。このパッケージは、MSDeployコマンドラインを使用してデプロイできます。

インタラクティブC#のリファレンス

このコマンドを使用して、選択したプロジェクトへの参照をC# インタラクティブセッションに追加します。開いているセッションがない場合、JetBrains Riderは新しいセッションを作成します。

編集 | 切り取り

Ctrl+X

選択した項目を現在の場所からクリップボードに移動するには、このコマンドを使用します。

編集 | コピー

Ctrl+C

選択した項目をクリップボードにコピーするには、このコマンドを使用します。

編集 | 貼り付け

Ctrl+V

このコマンドを使用して、クリップボードの内容を選択した場所に挿入します。

編集 | 名前変更

N/A

このコマンドを使用して、現在のファイル、フォルダー、またはプロジェクトに対して名前変更リファクタリングを起動します。

編集 | [ファイル]を編集

F4

このコマンドを使用して、選択したファイルをエディターで開きます。ファイルがすでに開いている場合は、対応するエディタータブがアクティブになります。

パスのコピー

Ctrl+Shift+C

このコマンドを使用して、選択した項目の完全なパスをクリップボードにコピーします。

ツール | 相対パスのコピー

Ctrl+Shift+Alt+C

このコマンドを使用して、選択した項目の相対パスをクリップボードにコピーします。

リファクタリング

Ctrl+Shift+R

このコマンドを使用して、選択した項目に対して使用可能なリファクタリングの 1つを実行します。

コードのインスペクション

このコマンドを使用して、選択したアイテムに対してコードインスペクションを実行します。

コードのクリーンアップ

Ctrl+E, C

このコマンドを使用して、選択したスコープでコードのクリーンアップを実行します。

ツール | お気に入りに追加

Shift+Alt+F

このコマンドを使用して、選択した項目を既存または新規のお気に入り項目のリストに追加します。お気に入りを参照してください。

編集 | 削除

Delete

選択した項目を削除するには、このコマンドを使用します。このコマンドは、選択したファイルまたはプロジェクトをソリューションおよびファイルシステムから削除します。このコマンドは、項目がどこにも使用されていないことが絶対に確実な場合にのみ使用してください。その他の場合は、安全な削除リファクタリングCtrl+R, D)を使用してください。

ダイアレクトの変更 (<CurrentDialect>)

SQLファイルおよびデータベースコンソールの場合:ファイルまたはコンソールに関連付けられているSQLダイアレクトを変更します。

実行 '<item_name>'

Ctrl+F5

SQLファイルまたはデータベースコンソールの場合:選択したファイルまたはコンソールに含まれているすべてのステートメントを実行します。

ヒストリーの表示

このコマンドを使用して、選択したファイルまたはディレクトリーのローカル・ヒストリーを表示したり、現在のバージョンのソリューションのラベルを作成したりします。

ツール | 同期 '<item_name>'

選択した項目をファイルシステムに保存されているバージョンと同期するには、このコマンドを使用します。

(ファイルまたはディレクトリーの内容を外部から変更する場合、特定の状況下では、このコマンドを使用しない限り、JetBrains Riderは対応する変更を認識しない場合があります: )

エクスプローラーで表示

このコマンドを使用してファイルブラウザ(たとえば、Windowsエクスプローラーやファインダ)を開き、そこに選択した項目を表示します。

ツール | ターミナルで開く

このコマンドを使用して、組み込みローカルターミナルの選択した項目に対応するディレクトリーを開きます。

ツール | ファイルパス/ディレクトリーパス

このメニューには、ファイルシステムのルートから選択した要素までのパスと、個々のディレクトリーがメニュー項目として表示されます。

このメニューの項目(ディレクトリーなど)を選択すると、ファイルブラウザ(WindowsエクスプローラーやFinderなど)が開き、選択した項目がそこに表示されます。

ツール | 比較

Ctrl+D

選択したファイルまたはディレクトリーを別のファイルまたはディレクトリーと比較するには、このコマンドを使用します。ファイル、フォルダー、テキストソースの比較およびフォルダーの差分ビューアーを参照してください。

ツール | エディターでファイルを比較

選択したファイルと、アクティブなエディタータブで開いているファイルを比較するには、このコマンドを使用します。ファイル、フォルダー、テキストソースの比較およびファイルの差分ビューアーを参照してください。

ツール | Gist の作成

gistsを使用してコードを共有するには、このコマンドを使用します

プロパティー

Alt+Enter

このコマンドを使用して、選択したアイテムのビルドプロパティーにアクセスします。

ファイル・ステータスの強調表示

現在のソリューションのVCS統合が有効になっているの場合、JetBrains Riderは色を使用して、解決策ツールウィンドウでVCSファイルステータスを示します。次の表は、色の意味についての情報を示しています。

ファイルのステータス

説明

Color sample: dark green #0A7700

追加済み

アクティブ変更リスト内のファイルは、リポジトリへの追加が予定されています。

Color sample: green #0EAA00

非アクティブな変更リストの追加

非アクティブ変更リスト内のファイルは、リポジトリへの追加が予定されています。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リスト非アクティブな変更リストからファイルを強調表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: red #FF0000

変更リストの競合

非アクティブ変更リスト内のファイルは、アクティブ変更リスト内で変更されています。この場合、変更リストの競合を解決するように促す新しいダイアログが開きます。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リストですべてのオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: dark green #0A7700

コピー

ファイルが別のファイルのコピーである場合は、そのメタデータが追跡され、そのようなファイルはコピー済みとしてマークされます。

Color sample: grey #616161

削除

ファイルはリポジトリから削除される予定です。

Color sample: dull purple #773895

ファイル・システムから削除

ファイルはローカルに削除されましたが、削除のスケジュールは設定されておらず、まだリポジトリに存在しています。

Color sample: light grayish blue #8AA4C8

変更された子孫

ファイルが変更されると、IDEはそのファイルを含むすべてのディレクトリーを再帰的に強調表示します。このステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理子孫が変更されたディレクトリーを表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: bright blue #3264B4

即時変更された子

ファイルが変更されると、IDEはその親ディレクトリーを強調表示します。このステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理子孫が変更されたディレクトリーを表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: light brown #B28C00

ハイジャック

[Perforce、ClearCase、VSS]ファイルはチェックアウトなしで修正されます。

Color sample: dark olive #727238

無視

ファイルはVCSによって意図的に追跡されていません。

Color sample: purple #7503DC

マージ済み

ファイルはアップデートの結果としてVCSによってマージされます。

Color sample: red #FF0000

競合とマージ

最後の更新中に、ファイルは競合とマージされました。

Color sample: red #FF0000

プロパティー競合のマージ

前回の更新中に、IDEはローカルファイルのプロパティーとそのサーバーバージョンの違いを検出しました。

Color sample: red #FF0000

テキストおよびプロパティー競合のマージ

テキストとプロパティーの競合は、2人以上の開発者がファイルの同じ行と同じファイルプロパティーを変更すると発生します。

Color sample: bright navy #0032A0

変更

最後の同期以降にファイルが変更されました。

Color sample: blue #0047E4

非アクティブな変更リストの変更

無効な変更リスト内のファイルが変更されます。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リスト非アクティブな変更リストからファイルを強調表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: Olive #7C7C00

廃止

このファイルはもうリポジトリの作業コピーに含まれていないはずです。

Color sample: teal #007C7C

名前変更

最後の更新以降、ファイルの名前は変更されました。

Color sample: dark cyan #08978F

切り替え

[SVN]ファイルはプロジェクト全体とは異なるブランチから取得されます。

Color sample: brown #993300

(不明)バージョン管理外

ファイルはローカルに存在しますが、リポジトリーにはなく、追加もスケジュールされていません。

Color sample: black なし (デフォルトの色)

最新

ファイルは変更されていません。

ファイルのステータス

説明

Color sample: dull green #629755

追加済み

アクティブ変更リスト内のファイルは、リポジトリへの追加が予定されています。

Color sample: dull green #629755

非アクティブな変更リストの追加

非アクティブ変更リスト内のファイルは、リポジトリへの追加が予定されています。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リスト非アクティブな変更リストからファイルを強調表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: dull red #D5756C

変更リストの競合

非アクティブ変更リスト内のファイルは、アクティブ変更リスト内で変更されています。この場合、変更リストの競合を解決するように促す新しいダイアログが開きます。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リストですべてのオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: green #0A7700

コピー

ファイルが別のファイルのコピーである場合は、そのメタデータが追跡され、そのようなファイルはコピー済みとしてマークされます。

Color sample: grey #6C6C6C

削除

ファイルはリポジトリから削除される予定です。

Color sample: dull purple #6C6C6C

ファイル・システムから削除

ファイルはローカルに削除されましたが、削除のスケジュールは設定されておらず、まだリポジトリに存在しています。

Color sample: light blue #6897BB

変更された子孫

ファイルが変更されると、IDEはそのファイルを含むすべてのディレクトリーを再帰的に強調表示します。このステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理子孫が変更されたディレクトリーを表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: light blue #6897BB

即時変更された子

ファイルが変更されると、IDEはその親ディレクトリーを強調表示します。このステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理子孫が変更されたディレクトリーを表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

ハイジャック

[Perforce、ClearCase、VSS]ファイルはチェックアウトなしで修正されます。

Color sample: light olive #848504

無視

ファイルはVCSによって意図的に追跡されていません。

Color sample: light purple #9876AA

マージ済み

ファイルはアップデートの結果としてVCSによってマージされます。

Color sample: dull red #D5756C

競合とマージ

最後の更新中に、ファイルは競合とマージされました。

Color sample: dull red #D5756C

プロパティー競合のマージ

前回の更新中に、IDEはローカルファイルのプロパティーとそのサーバーバージョンの違いを検出しました。

Color sample: dull red #D5756C

テキストおよびプロパティー競合のマージ

テキストとプロパティーの競合は、2人以上の開発者がファイルの同じ行と同じファイルプロパティーを変更すると発生します。

Color sample: light blue #6897BB

変更

最後の同期以降にファイルが変更されました。

Color sample: light blue #6897BB

非アクティブな変更リストの変更

無効な変更リスト内のファイルが変更されます。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リスト非アクティブな変更リストからファイルを強調表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

廃止

このファイルはもうリポジトリの作業コピーに含まれていないはずです。

Color sample: strong cyan #3A8484

名前変更

最後の更新以降、ファイルの名前は変更されました。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

切り替え

[SVN]ファイルはプロジェクト全体とは異なるブランチから取得されます。

Color sample: soft red #D1675A

(不明)バージョン管理外

ファイルはローカルに存在しますが、リポジトリーにはなく、追加もスケジュールされていません。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

最新

ファイルは変更されていません。

ファイルのステータス

説明

Color sample: green #62CC47

追加済み

アクティブ変更リスト内のファイルは、リポジトリへの追加が予定されています。

Color sample: green #62CC47

非アクティブな変更リストの追加

非アクティブ変更リスト内のファイルは、リポジトリへの追加が予定されています。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リスト非アクティブな変更リストからファイルを強調表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: dull red #FF6666

変更リストの競合

非アクティブ変更リスト内のファイルは、アクティブ変更リスト内で変更されています。この場合、変更リストの競合を解決するように促す新しいダイアログが開きます。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リストですべてのオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: green #62CC47

コピー

ファイルが別のファイルのコピーである場合は、そのメタデータが追跡され、そのようなファイルはコピー済みとしてマークされます。

Color sample: orange #ED864A

削除

ファイルはリポジトリから削除される予定です。

Color sample: orange #ED864A

ファイル・システムから削除

ファイルはローカルに削除されましたが、削除のスケジュールは設定されておらず、まだリポジトリに存在しています。

Color sample: vivid cyan #4FF0FF

変更された子孫

ファイルが変更されると、IDEはそのファイルを含むすべてのディレクトリーを再帰的に強調表示します。このステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理子孫が変更されたディレクトリーを表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: vivid cyan #4FF0FF

即時変更された子

ファイルが変更されると、IDEはその親ディレクトリーを強調表示します。このステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理子孫が変更されたディレクトリーを表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

ハイジャック

[Perforce、ClearCase、VSS]ファイルはチェックアウトなしで修正されます。

Color sample: light olive #A9B837

無視

ファイルはVCSによって意図的に追跡されていません。

Color sample: light purple #ED94FF

マージ済み

ファイルはアップデートの結果としてVCSによってマージされます。

Color sample: dull red #FF6666

競合とマージ

最後の更新中に、ファイルは競合とマージされました。

Color sample: dull red #FF6666

プロパティー競合のマージ

前回の更新中に、IDEはローカルファイルのプロパティーとそのサーバーバージョンの違いを検出しました。

Color sample: dull red #FF6666

テキストおよびプロパティー競合のマージ

テキストとプロパティーの競合は、2人以上の開発者がファイルの同じ行と同じファイルプロパティーを変更すると発生します。

Color sample: vivid cyan #4FF0FF

変更

最後の同期以降にファイルが変更されました。

Color sample: vivid cyan #4FF0FF

非アクティブな変更リストの変更

無効な変更リスト内のファイルが変更されます。このファイルステータスは、設定/環境設定 | バージョン管理 | 変更リスト非アクティブな変更リストからファイルを強調表示するオプションが有効になっている場合に利用可能です。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

廃止

このファイルはもうリポジトリの作業コピーに含まれていないはずです。

Color sample: vivid cyan #4FF0FF

名前変更

最後の更新以降、ファイルの名前は変更されました。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

切り替え

[SVN]ファイルはプロジェクト全体とは異なるブランチから取得されます。

Color sample: soft red D1675A

(不明)バージョン管理外

ファイルはローカルに存在しますが、リポジトリーにはなく、追加もスケジュールされていません。

Color sample: white なし (デフォルトの色)

最新

ファイルは変更されていません。

最終更新日: 2019年6月11日

関連事項

関連ページ:

Unity

Unityは、2Dおよび3Dゲームを作成し、複数のプラットフォームにデプロイするためのゲーム開発プラットフォームです。Unity固有のクイックフィックス、文脈アクションとインスペクション コード補完と構文は、シェーダファイルに強調表示:JetBrains Riderは含めUnityための強力なサポー...

アセンブリエクスプローラービュー

アセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブリ参照と同様に、型および...

スクラッチ・ファイル

時々、一時的なメモを作成したり、プロジェクトのコンテキストの外側でコードを作成したりする必要があるかもしれません。この目的で別のアプリケーションに切り替える代わりに、スクラッチファイルとスクラッチバッファを使用できます。スクラッチ・ファイルは完全に機能的なファイルで、構文の強調表示、コード補完、およ...

データベース・コンソール

データベースコンソールは、SQL文を作成して実行できるSQLファイルです。スクラッチファイルとは異なり、コンソールはデータソースに接続されています。データソースを作成すると、データベースコンソールが自動的に作成されます。必要に応じて、追加のコンソールを作成できます。データベースコンソールを作成する:...

ソリューションの拡張と整理

Riderのプロジェクト/ソリューション管理タスクは、エクスプローラーウィンドウでファイルをブラウズしてエディターで開き、新しい項目(ディレクトリー、ファイル、クラスなど)を作成するなどの作業を行います。このウィンドウを閉じると、 を押すかメインメニューの表示 | ツール・ウィンドウ | エクスプロ...

ファイルのネストダイアログ

このダイアログは、ソリューションエクスプローラーのツールバーでファイルのネストをクリックすると開きます。JetBrains Riderは、関連するファイルタイプに使用されるファイルタイプと一般的なサフィックスのデフォルト設定を提供します。たとえば、.map.tsサフィックスを持つファイルは通常、同じ...