JetBrains Rider 2020.1ヘルプ

.NETコードのパフォーマンスプロファイリング

パフォーマンスプロファイリングの目的は、アプリケーションのパフォーマンス課題の原因を見つけることです。これには、たとえば、「最も遅い方法は何ですか」という直接的なことが含まれます。CPUの枯渇、ガベージコレクションのブロック、ディスクI/O、およびその他の課題に関連するパフォーマンスのボトルネックの分析、およびより複雑な分析。

JetBrains Riderは、dotTraceプロファイラーと統合して、.NETアプリケーションのパフォーマンスプロファイリングを提供します。プロファイラは、パフォーマンスプロファイラツールウィンドウから使用できます。

制限

dotTraceのすべての機能がJetBrains Riderで利用できるわけではないことに注意してください。統合プロファイラーは、スナップショットを分析するための2つのビュー呼び出しツリーおよびトップメソッドのみを提供します。機能セット全体を取得するには、dotTraceスタンドアロンバージョンでプロファイリングスナップショットを開く必要があります (Windowsのみ)。

インストールとライセンス

dotTraceはRiderのバンドルプラグインとして提供されており、追加の操作を必要とせずにRiderとともに自動的にインストールされます。何らかの理由でdotTraceを無効にしたい場合は、Riderのプラグインの設定でこれを行うことができます。

Note that dotTrace is available in Rider only for the owners of dotUltimate or All Products Pack subscriptions.

サポートされているオペレーティングシステムとフレームワーク

WindowsmacOS | Linux
.NET フレームワーク 1.0 – 4.8Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、Visual Studio、スタンドアロン、コンソールツール

ノート :

  • .NET フレームワーク 4.0以降のプロセスにのみ接続できます。

Not available
.NETコア1.0 – 3.1

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、Visual Studio、スタンドアロン、コンソールツール

ノート :

  • .NET Core 3.0以降のプロセスにのみ接続できます。

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

ノート :

  • サンプリングおよびトレースプロファイリングタイプのみがサポートされています。

  • .NET Coreにはいくつかの制限があるため、.NET Core 3.0以前を対象とするプロジェクトのプロファイリングに課題がある場合があります。場合によっては、プロファイルされたアプリケーションがハングまたはクラッシュすることがあります。.NET Core 3.1を対象とするプロジェクトは、課題なくプロファイルできます。

  • 実行中の.NET Coreプロセス(.NET Core 3.0以降)へのアタッチはLinuxでは可能で、macOSではできません。

Mono 5.10以降

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、Visual Studio、スタンドアロン、コンソールツール

ノート :

  • タイムラインプロファイリングタイプのみがサポートされています。

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

ノート :

  • プロファイルできるのは64ビットプロセスのみです。

  • 実行中のMonoプロセスに接続することはできません。

  • タイムラインプロファイリングタイプのみがサポートされています。

Mono Unity 2018.3以降

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、Visual Studio、スタンドアロン、コンソールツール

ノート :

  • タイムラインプロファイリングタイプのみがサポートされています。

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

ノート :

  • タイムラインプロファイリングタイプのみがサポートされています。

  • 実行中のUnityプロセスに接続することはできません。

Riderで何をプロファイルできますか

最終更新日: 2020年8月05日

関連ページ:

パフォーマンスプロファイラウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | パフォーマンスプロファイラThis window allows you toprofile and analyze performance bottlenecksin .NET applications.パフォーマンスプロファイラは、次のもので構成されるマルチタブウ...

プロファイリング結果の分析

When an application runs too slowly, it can be difficult to locate a problem and understand which action to take. Thus, the next step after profiling

タイムラインのプロファイリング結果の分析

タイムラインプロファイリングスナップショットを撮った後の次のステップは、タイムラインビューアーでそれを分析することです。Visual Studioで統合されたビューアーでタイムラインプロファイリングスナップショットを分析することもできます(詳細は下記参照)。Visual Studioに統合されたタイ...

プラグイン設定

XPathViewプラグインの設定は、オプションダイアログのXPath ビューアーページで設定します。最初のヒットを可視領域にスクロールするこのチェックボックスを選択すると、エディターが自動的に最初のXPathにスクロールします。コンテキスト・ノードとしてカーソルを使用するこのチェックボックスをオン...

アプリケーションのプロファイリング

どのアプリケーションタイプをプロファイルするかにかかわらず、ワークフローは常に同じであり、次の要素で構成されています。プロファイリングセッションの設定、セッションを実行してスナップショットを取得する、収集したスナップショットの分析、ステップ 1. プロファイリングセッションの設定:プロファイリングセ...

.NETプロセスへの接続とプロファイリング

実行中のプロセスにアタッチできるのは、Windowsのみです。.NET フレームワーク 4.0(以降)および.NET Core 3.0(以降)プロセスにのみ接続できます。Monoの制限のため、MonoおよびUnityプロセスに接続することはできません。dotTraceでは、あらゆる.NETのプロファ...