JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

TODO リスト

表示 | ツールウィンドウ | TODO

JetBrains Rider は、コード内のタスクと技術的負債(英語)を追跡する簡単な方法を提供します。特定のパターンに一致するコードアイテム(コメント、文字列リテラル、または識別子)は、エディターや TODO ウィンドウを使用するソリューション全体で簡単に見つけることができます。

TODO アイテムは、エディターおよびエラーストライプ上で、そのタイプ(編集、通常、質問、警告、エラー)に従ってハイライトされます。色は、エディター | TODO ページまたは Rider 設定 Ctrl+Alt+S で構成可能です。

TODO パターン

デフォルトでは、JetBrains Rider は、以下のタイプの一般的に使用される TODO アイテム用の 3 つの定義済みパターンを提供します。

  • TODO を含むコメント - 標準

  • BUG を含むコメント - エラー

  • コード内の NotImplementedException - 編集

独自のパターンを定義することもできます。これにより、TODO ウィンドウ内の特定の技術債務アイテムにすばやくアクセスできます。

カスタム TODO パターンを定義する

  1. JetBrains Rider 設定 Ctrl+Alt+Sエディター | TODO ページを開きます。

  2. ツールバーの追加をクリックします。

  3. コメントで検出するキーワードを含む正規表現を指定します。例: (\W|^)(?<TAG>Refactor)(\W|$)(.*)

  4. オプションで、パターンが大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。

  5. パターンのアイコンを選択して、エディターと TODO ウィンドウで一致するアイテムの色をどのように設定するかを定義します。

  6. このパターンをリストに追加するには、OK をクリックします。

  7. 既存のパターンを編集または削除することもできます。

  8. 設定ダイアログで保存をクリックして変更を適用し、JetBrains Rider に保存場所を選択させるか、次へ保存リストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、レイヤーベースの設定を参照してください。

現在のファイル内の TODO アイテム間を移動するには、エラーストライプの TODO マークを使用します。

ソリューション全体で TODO 項目を検討する

  1. Alt+6 を押すか、メインメニューの表示 | ツールウィンドウ | TODO を選択します。

  2. 表示される TODO ウィンドウで、ThemedIcon Down Screen Gray pngまたはThemedIcon Up Screen Gray pngをクリックして、次または前のアイテムに移動します。エディターで TODO 項目を見つけるには、ダブルクリックするか、F4 を押すか、コンテキストメニューでソースに移動を選択します。
    オプションで、シングルクリックでナビゲート Navigate with Single Click をオンにして、アイテムがツールウィンドウでフォーカスを取得するとすぐにエディターに配置されるようにすることができます。

  3. 選択した項目のソースコードをウィンドウ内で調べるには、ツールバーのソースのプレビュー icons.actions.previewDetails.png をクリックします。

TODO アイテムのグループ化とフィルター

コードベースのサイズと古さによっては、TODO アイテムがたくさんある場合があります。特定のアイテムに集中するために、スコープまたはカスタムフィルターによって TODO アイテムをフィルターできます。

TODO ウィンドウのタブでは、最初のフィルタリングが利用できます。

  • 現在のファイルタブを使用して、エディターでアクティブなファイル内の TODO 項目だけを表示することができます。

  • デフォルト変更リストタブは、現在のソリューションで VCS 統合を有効にすると利用可能になります。このタブにはコミットされていないローカル変更があるファイルの TODO 項目がリストされます。

  • スコープベースタブでは、スコープセレクターを使用して、Rider が TODO アイテムを検索する場所を選択できます。... をクリックして独自のスコープを作成することもできます。

カスタムフィルターを使用して、さらにフィルタリングを行うことができます。これにより、興味のある TODO パターンのグループを作成できます。
JetBrains Rider 設定 Ctrl+Alt+Sエディター | TODO ページで、または TODO ウィンドウのフィルターアイコンicons.general.filter.pngをクリックしてフィルターの編集を選択することにより、カスタムフィルターを作成できます。

最終更新日 :

関連ページ:

ブックマーク

ナビゲート | ブックマーク | ブックマークの表示後でコード内のある場所に戻りたい場合は、ソリューション内またはライブラリコード内の任意のコード行をブックマークでマークできます。使用できるブックマークには次の 2 種類があります。ニーモニックのブックマーク— 現在のソリューションの上位 1...

エラーストライプとステータスインジケータ

エラーストライプとステータスインジケーターにより、現在のファイルの設計時コードインスペクションの結果を観察し、コードの課題間を移動できます。また、エラーストライプは、他の JetBrains Rider アイテムの特別なマークを表示します。次の場合、エラーストライプは表示されず、ステータスインジケー...

ライブ / サラウンドテンプレートを作成する

このページでは、.NET 言語のテンプレートについて説明します。HTML、JavaScript、TypeScript などで機能する Web 固有のテンプレートについては、Web 固有のテンプレートで説明しています。ライブ / サラウンドテンプレートは、既存のファイルでコードを生成するために、および...

レイヤーベースの設定

Rider 設定ダイアログ では、ページアイコンを見て、特定のページに使用されている設定管理メカニズムを確認できます。任意のアイコンでマークされていないページは、ユーザープロファイルに保存されている IDE 設定をホストします。レイヤーベースの設定は ReSharper と互換性があるため、Re...

スコープとファイルの色

スコープは、ソリューション内のファイルとフォルダーのグループです。スコープを使用して、さまざまな IDE ビューでソリューション項目を視覚的に区別し、特定の操作の範囲を制限できます。スコープは、ソリューション内のファイルを論理的に整理するように設計されています。テストソースはテスト関連のスコープに移...

バージョン管理

VCS 操作のポップアップ( またはVCS | VCS 操作のポップアップ)を使用すると、VCS 関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっている VCS によって異なります。VCS オペレーションポップアップコマンドのリストは設定可能...