JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

ファイルメンバーに移動

ナビゲート | ファイル・メンバー
Ctrl+F12

このコマンドを使用すると、現在のドキュメント内の特定のメソッド、フィールド、プロパティ(ソースファイルまたは逆コンパイルによって再構築されたファイル)にすばやく移動できます。

ファイルメンバーに移動する

  1. Ctrl+F12 を押すか、メインメニューからナビゲート | ファイル・メンバーを選択します。または、Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そこで選択することもできます。

  2. 表示されるメンバー名を入力ポップアップで、アイテム名の入力を開始します。入力すると、検索リストが絞り込まれ、名前が入力されたサブストリングと一致するメンバーが提案されます。一致するメンバーに、一致するテキスト出現箇所が表示されます。

  3. 必要に応じて、基底クラス、このクラスの他の部分からのメンバー(このクラスが部分的である場合)、または他の参照ファイルからのメンバーを含める場合は、基本メンバーを含めるを選択するか、Ctrl+F12 を押します。

  4. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索ウィンドウで一致する項目のリストを表示して分析するには、検索ウィンドウで開く icons.general.pin_tab.pngをクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

コンストラクターのみを検索する場合は、検索ボックスに new または ctor (末尾のスペースを含む)をフィルタとして入力します。特定のアクセス修飾子を持つメンバーだけを表示するには、この修飾子を入力します。例: private と入力してプライベートメンバーを表示する

ここでは大文字と小文字を区別しないキャメルハンプがサポートされています。たとえば、ファイル内にメンバー FindAction がある場合は、検索ボックスに「fa」または「FA」と入力して見つけることができます。

最終更新日:

関連ページ:

検索ウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | 検索このウィンドウは、さまざまな検索結果(シンボルの使用箇所、シンボルのAPIの公開など)を表示するために使用されます。このウィンドウには、最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブで表示されます。同じ検索/ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果は...

検索結果を分析する

JetBrains Riderのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索ウィンドウに表示することができます。検索ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。使用箇所の検索などの一部のアクションでは、このウィンドウに結果が自動的に表示されます。そ...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、JetBrains Riderは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメル...

ファイルに移動

ナビゲート | ファイルに移動このコマンドは、内の任意のファイルに移動します。このコマンドはグローバルスコープで機能します。つまり、起動するためにエディターにフォーカスを移す必要はありません。現在のソリューションのファイルに移動するを押すか、メインメニューからナビゲート | ファイルにジャンプ......