JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

ファイルに移動

ナビゲート | ファイルに移動
Ctrl+Shift+N

このコマンドは、内の任意のファイルに移動します。

このコマンドはグローバルスコープで機能します。つまり、起動するためにエディターにフォーカスを移す必要はありません。

現在のソリューションのファイルに移動する

  1. Ctrl+Shift+N を押すか、メインメニューからナビゲート | ファイルにジャンプ...を選択します。または、Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そこで選択することもできます。

  2. 表示されるファイル名を入力してくださいポップアップで、アイテム名の入力を始めます。入力すると検索リストが絞り込まれ、入力した部分文字列と一致する名前が提示されます。

    クリップボードにソリューションファイルへのフルパスまたは相対パスがある場合(たとえば、CLIサーバーからコピーした場合)、ポップアップの入力フィールドにパスを貼り付けることができます。

  3. 必要に応じて、非ソリューションファイルを含めるを選択するか Ctrl+Shift+N を押して、外部ファイルとフォルダーを検索結果に含めます。

大文字小文字を区別しないキャメルハンプがここでサポートされています。たとえば、"LecS" と入力するとLocalElementConflictSearcher.csを簡単に見つけることができます。

名前を指定するときには、ワイルドカードを使用することもできます。'*' (アスタリスク)は0個以上の文字を表します。'+'(プラス)、':'(セミコロン)、'。' (ドット)、および '\' (バックスラッシュ)は型の完全修飾名の部分を区切ります。

最終更新日: