JetBrains Rider 2020.3 ヘルプ

検索結果を分析する

Alt+3

他のナビゲーションおよび検索コマンドとは対照的に、パス内検索 Ctrl+Shift+F の結果はデフォルトで検索ウィンドウの同じタブに表示されます。以前のテキスト検索の結果を別のタブに保存する場合は、パス内検索ポップアップの左下隅にあるタブオプションを表示 Show Tab Options をクリックして、結果を新規タブで開くを選択します。

Open results in new tab

検索結果をフィルター

検索結果を名前でフィルタリングするには、ウィンドウの名前の一部の入力を開始するだけです。

使用箇所の検索の検索結果は、発生の種類によってさらにフィルタリングできます。

  • 読み取りまたは書き込みの用途のみを表示するには、ツールバーのThemed icon usage read screen grayまたはThemed icon usage write screen grayをクリックします。

グループ検索結果

デフォルトでは、すべての結果が別々の項目として表示されます。単一の項目と同じ行にあるすべての結果を表示すると便利な場合があります。これを行うには、ツールバーの同じ行に出現箇所をマージする Themed icon merge screen gray をクリックします。

検索結果はさまざまな階層順で表示できます。デフォルトの順序は最初の検索によって異なりますが、ツールバーのグループ化ボタンを使用していつでも変更できます。

また、検索結果を使用箇所の種類(つまり、宣言、呼び出し、パラメーター、メソッドの戻りなど、さまざまな場所でターゲットアイテムがどの程度正確に使用されているか)ごとにグループ化することもできます。これを行うには、ツールバーの発生タイプ Icons general filter をクリックします。

関連ページ:

検索ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果(たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPI の公開など)を表示するために使用されます。最新の検索結果と以前の検索結果をさまざまなタブに表示します。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除いて、新しい各検索コマンドの結果は別々のタブに表示されます。これらの結果...

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すこと...

ソリューション内のテキストの検索と置換

ソリューション全体、プロジェクト、ネストされた階層を持つ任意のディレクトリ、または任意のスコープ内のテキストを検索して置き換えることができます。プレビュータブまたは検索ツールウィンドウで検索結果を確認します。タイプ、メンバー、ファイル、アクション、または設定を探している場合は、どこでも検索を使用しま...

スタックトレースから例外に移動する

外部スタックトレース(バグレポートなど)を受け取ったら、ウィンドウを実行するでそのスタックトレースを開き、対応する例外が発生したコードに移動できます。スタックトレースでは、ファイル、タイプ、メソッドがハイパーリンクとして表示されます。これらをクリックすると、対応する項目がエディターに表示されます。例...

ブックマーク

後でコード内のある場所に戻りたい場合は、ソリューション内またはライブラリコード内の任意のコード行をブックマークでマークできます。使用できるブックマークには次の 2 種類があります。ニーモニックのブックマーク— 現在のソリューションの上位 10 位のように、しばしば参照するコード行をマークするのに最も...