JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

使用箇所の検索のシンボル

編集 | 検索 | 使用箇所の検索
Alt+F7

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の1つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウ、およびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。

シンボルの使い方を探す

  1. エディターのシンボルにキャレットを配置するか、構造ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • メインメニューで編集 | 検索 | 使用箇所の検索を選択します。

    • 右クリックし、コンテキストメニューで使用箇所の検索を選択します。

    • Alt+F7を押します。

  3. 単一の使用箇所が見つかった場合、JetBrains Riderはエディターで使用箇所に直接移動します。2つ以上の検索結果が結果の検索ウィンドウに表示されます。このウィンドウでは、使用状況を簡単に調べて分析できます。

JetBrains Rider: Finding Usages of a Symbol

特定のスコープ、つまり1つまたは複数のファイル、フォルダー、またはプロジェクトで宣言された複数のシンボルの使用を検索することもできます。

複数のシンボルの使用箇所を見つける

  1. ソリューションエクスプローラーで、1つ以上のノード(ファイル、ノード内の宣言、フォルダー、またはプロジェクト)を選択します。

  2. Alt+F7を押します。

  3. 検索結果は結果の検索ウィンドウに表示され、そのスコープ内のすべての宣言(検索ターゲット)およびソリューション内のこれらのシンボルのすべての使用箇所を確認できます。

ジェネリック型の使用箇所を見つける

IFoo<string>のようなジェネリック型の使用箇所を探すときは、実際には IFoo<> のすべての使用箇所または正確なジェネリック置換 IFoo<string> の使用箇所のみを探したいかもしれません。

デフォルトでは、JetBrains Riderを使用すると、追加のポップアップを表示して検索結果の曖昧さを排除できます。

最終更新日:

関連ページ:

構造ウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | 構造JetBrains Riderでは、構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできるため、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファ...

宣言に移動

ナビゲート | 宣言または使用箇所に移動このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウ、およびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)に移動するには、シンボルの使用箇所...

検索結果を分析する

JetBrains Riderのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索ウィンドウに表示することができます。検索ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。使用箇所の検索などの一部のアクションでは、このウィンドウに結果が自動的に表示されます。そ...

検索ウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | 検索このウィンドウは、さまざまな検索結果(シンボルの使用箇所、シンボルのAPIの公開など)を表示するために使用されます。このウィンドウには、最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブで表示されます。同じ検索/ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果は...

参照モジュールに依存するコードを見つける

特定の参照モジュール(参照プロジェクト、アセンブリ、またはインストール済みのNuGetパッケージ)のシンボルがどのように、どこで使用されているかをすばやく見つけることができます。大規模なソリューションでは、これはアーキテクチャの問題を検出し、結合を減らすのに役立ちます。検索結果では、モジュールの型ま...