JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

dotMemory ユニットでメモリを監視

JetBrains Rider を使用すると、JetBrains dotMemory ユニットを使用して単体テストからすべての種類のメモリ課題をコードで確認できます。

メモリテストを有効にするには、JetBrains.DotMemoryUnit(英語) NuGet パッケージをインストールして単体テストプロジェクトで参照します。

dotMemory ユニットテストフレームワークを参照するとすぐに、JetBrains Rider は dotMemory ユニットで実行 Run under dotMemory Unit Ctrl+;, M を他のユニットテストアクションに追加するため、メモリトラフィック、メモリ内の特定のオブジェクトの存在などに応じて、ユニットテストをパスまたは失敗させることができます。要因。詳細については、ユニットテストとメモリプロファイリング : 彼らは結合できますか? (英語) を参照してください。

最終更新日 :