JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

エディタータブ

編集のためにファイルを開くたびに、アクティブなエディタータブの隣のエディターウィンドウに専用のタブが追加されます。

JetBrains Rider は、エディターで同時に開くタブの数を制限できます。タブの数が制限に達すると、エディターは、(ピン留めされていない限り)最近のタブを、設定 / 環境設定 Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | エディタータブページで定義されているタブ終了ポリシーに従って閉じます。デフォルトでは、タブ制限は 10 ですが、必要に応じて変更できます。

エディターのタブを管理する

  • ウィンドウ | エディタータブメニューのコマンドを使用します。

  • タブを右クリックして、コンテキストメニューを使用します。

  • タブラベルのCloseをクリックしてタブを閉じるか、Alt -click をクリックして他のすべてのタブを閉じます。

  • キーボードショートカットを使用します。Ctrl+F4 でアクティブなタブを閉じ、Alt+Right / Alt+Left で次または前のタブに切り替えます。

エディタータブの動作を構成する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | 一般 | エディタータブを選択します。

  2. タブの最大許容数を変更する:タブ数の制限フィールドに一度に開くエディタータブの最大許容数を入力します。
    タブ制限が 1 の場合、タブは無効になります。エディターでタブを決して閉じないようにするには、到達できない数値を入力します。
    無効なタブで、表示 | 最近使ったファイル Ctrl+E コマンドを使用してファイルをすばやく切り替えます。

  3. デフォルトでは、タブヘッダーはエディターの上部に表示されますが、必要に応じてタブの位置を変更でき、ヘッダーをエディターの下部、左側、または右側に配置できます。タブヘッダーの配置は、すべてのプロジェクトに適用されるグローバル設定であることに注意してください。
    配置セレクターを使用して、タブヘッダーの目的の位置を選択します。
    エディタータブを完全に無効にするには、配置セレクタからなしを選択します。

編集セッションで必要に応じて、あるタブから別のタブにジャンプできます。エディターのタブ間を移動する間、JetBrains Rider は開かれた各ファイル内のキャレット位置を記憶します。

開いているエディタータブをナビゲートする

  • 現在のエディタータブを右クリックし、コンテキストメニューから次へ / 前へタブを選択を選択します。

  • Alt+Right または Alt+Left を押して、アクティブなエディタータブの右側または左側にあるエディタータブにフォーカスを移動します。

  • Ctrl+Tab を押してスイッチャーを使用します。 Ctrl を押しながら、Tab または Shift+Tab を使用して、ポップアップの右側で目的のエディタータブを選択できます。

    JetBrains Rider: Switcher popup

訪れたタブの履歴を行き来する

  • メインツールバーで、icons.actions.back.svgまたはicons.actions.forward.svgをクリックします。

  • メインメニューからナビゲート | バックフォワードを選択します。

  • Ctrl+Alt+Left または Ctrl+Alt+Right を押します。

  • Ctrl+E または Ctrl+Shift+Comma を押して、最近表示または編集されたファイルに移動します。

  • macOS コンピューターでは、3 本指の右から左および左から右へのスワイプジェスチャーを使用できます。

開いているタブが多すぎて 1 行に表示されていない場合、最近のタブは非表示になります。

非表示のエディタータブを表示し、アクティブなエディターを選択する

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • メインメニューからウィンドウ | エディタータブ | 非表示のタブを表示を選択します。

    • エディター領域の右上隅にあるicons.general.moreTabs.svgをクリックします。

  2. 目的のドキュメントの名前をクリックします。

    view all tabs png

コマンドすべてのタブを表示およびアイコンicons.general.moreTabs.svgは、次の場合にのみ使用できます。

  • 設定 / 環境設定 Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | エディタータブページでエディタータブを 1 行で表示するチェックボックスが選択されています。

  • 開いているタブの一部は、エディターウィンドウに収まらないため表示されません。

タブの固定と固定解除

指定されたタブ制限に達すると、JetBrains Rider は新しいドキュメントを開くときに古いタブを閉じます。タブが自動的に閉じられないようにするには、このタブを固定します。さらに、エディターのタブを閉じるときに、固定されたタブを開いたままにし、固定されていないタブのみを閉じるオプションがあります。

タブが固定されると、その上に特別なマーカーがあります:

pin1 png

タブを固定または固定解除するには、タブを右クリックして、コンテキストメニューからタブをピン留めまたはタブのピン留め解除を選択します。

pin tab

一部のタブが固定されている場合は、それらのタブのみを残して、固定されていないタブをすべて閉じることができます。エディタータブを右クリックし、コンテキストメニューからピン留め以外をすべて閉じるを選択します。

エディターウィンドウの分割と分割解除

エディターウィンドウを分割すると、独立したペインに分割されます。エディターウィンドウは、必要な数のペインに分割できます。各ペインには、複数のタブが含まれています。

各ペインは垂直または水平に配置できます。このように、分割は異なるエディターレイアウトを作成し、タブをグループに編成できます。例:ファイルの一部をスクロールし、同時に他の部分の行を表示することができます。

  1. 目的のエディタータブに切り替えて右クリックします。

  2. エディタータブを分割してドキュメント用に別のタブを作成するには、コンテキストメニューから縦に分割または横に分割を選択します。

  3. ドキュメントに別のタブを作成せずに新しいタブグループを作成し、エディタータブをこのグループに移動するには、コンテキストメニューから分割して右に移動または分割して下に移動を選択します。

  4. スプリッタの向きを変更するには、コンテキストメニューから分割方向の変更を選択します。

  5. タブの 1 つに多かれ少なかれスペースを提供するスプリッターを移動するには、このタブにキャレットを設定し、メニューからウィンドウ | エディタータブ | エディターを上 / 左 / 下 / 右にストレッチを選択します。

  6. 分割されたタブ間でフォーカスを切り替えるには、メニューからウィンドウ | エディタータブ | 次 / 前のスプリッターに移動を選択します。

  7. スプリッタを削除するには、コンテキストメニューから次のいずれかのコマンドを選択します。

    • アクティブなタブで分割を削除するには、分割しないを選択します。

    • 開いているすべてのエディタータブで分割を削除するには、すべて分割しないを選択します。

個別のウィンドウでエディタータブを開く

エディターのタブをメインのエディター領域から切り離して、別のウィンドウに移動できます。切り離されたエディタータブは分割または非分割にでき、エディタータブをウィンドウ間でドラッグできます。

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • このタブをメインウィンドウの外にドラッグします。プレビューのサムネイルが表示されます。

      JetBrains Rider. detach editor tab

    • Shift+F4 を押します。

  2. エディタータブが別のウィンドウで開きます。

    JetBrains Rider. Editor Tab in a separate window

  3. 切り離されたタブをメインエディター領域に移動するには、ウィンドウからドラッグして他のタブの横にドロップします。

    rdr attach editor tab png

タブをアルファベット順に並べる

エディタータブのアルファベット順ソートは、タブの位置に関係なく使用できます。ただし、ウィンドウ | エディタータブ | タブの配置メニューでエディタータブを 1 行で表示するチェックコマンドが選択されている場合、上部と下部の配置のアルファベット順が使用可能になります。

  1. エディタータブを右クリックします。

  2. ファイル名でタブをソートを選択します。

    このチェックコマンドを選択すると、タブヘッダーがアルファベット順に表示されます。それ以外の場合は、対応するファイルの開始順序にエディターのタブヘッダーが表示されます。

最終更新日 :

関連ページ:

バージョン管理

VCS 操作のポップアップ( またはVCS | VCS 操作のポップアップ)を使用すると、VCS 関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっている VCS によって異なります。VCS オペレーションポップアップコマンドのリストは設定可能...

ファイルステータスのハイライト

JetBrains Rider では、各ファイルは、使用しているバージョン管理の状態に応じた色でマークされています。エディターでは、ファイルの各行のバージョン管理状態がチェックされ、ガター内で色が付けられます。ファイルステータスの色は、ユーザーインターフェースのほぼすべての場所(たとえば、エクスプロ...

現在のコンテキストをナビゲートする

JetBrains Rider には、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。現在のドキュメントでキャレットを移動 :キャレットを前の単語に移動キャレットを次の単語に移動キャレットを現在の単語の先頭...

最近の場所と変更をナビゲートする

JetBrains Rider はあなたの行動とナビゲーション履歴を追跡して、コードを編集したか、またはちょうど勉強した場所にナビゲートすることを可能にするいくつかのコマンドを提供します。表示 / 編集されたファイルのリストは、開いたソリューションごとに別々に保存され、ソリューションを閉じると保存さ...

キーボードショートカットをカスタマイズする

JetBrains Rider にはいくつかの事前定義されたキーマップが含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するには、設定 / 環境設定ダイアログ を開き、キーマップを選択します。JetBrains Rider は、環境に基づいて事前定義された...

変更を保存して元に戻す

JetBrains Rider は自動的にあなたのファイルに加える変更を保存します。保存は、コンパイル、実行、デバッグ、バージョン管理操作の実行、ファイルやプロジェクトのクローズ、IDE の終了など、さまざまなイベントによって引き起こされます。実際のイベントの大部分は事前定義されているため設定できま...