JetBrains Rider 2020.1ヘルプ

HTTPレスポンスリファレンス

response オブジェクトは、受信したHTTPレスポンス(応答内容、ヘッダー、ステータスなど)に関する情報を保持し、ヘッダーcontentTypeネストされたオブジェクトへのアクセスを提供します。

プロパティ

プロパティ

説明

body (文字列 | オブジェクト)

レスポンスコンテンツ。レスポンスのcontent-typeアプリケーション/ JSONの場合は文字列またはJSONオブジェクトです。

headers ( ResponseHeaders )

応答ヘッダ格納オブジェクト

status (整数)

応答状況(たとえば、200または404

contentType ( コンテンツタイプ )

コンテンツタイプ応答ヘッダー値のデータを保持するcontentTypeオブジェクト

ヘッダーオブジェクト

ResponseHeaders オブジェクトは、応答ヘッダーの値に関するデータを取得するために使用されます。

メソッド

メソッド

パラメーター

説明

function valueOf() { [native code] }

headerName (文字列)

headerName 応答ヘッダーが存在しない場合は、headerName 応答ヘッダーまたは null の最初の値を取得します。

valuesOf

headerName (文字列)

headerName 応答ヘッダーのすべての値を含む配列を取得します。 headerName レスポンスヘッダが存在しない場合は、空の配列を返します。

ContentTypeオブジェクト

ContentType データオブジェクトには、コンテンツタイプ応答ヘッダーからの情報が含まれています。

プロパティ

プロパティ

説明

mimeType (文字列)

応答のMIMEタイプ(たとえば、テキスト/プレーン text / xmlアプリケーション/ JSON)。

charset (文字列)

応答文字セットのストリング表現(たとえば、UTF-8)。

最終更新日: 2020年7月6日