JetBrains Rider 2024.1 ヘルプ

JetBrains Rider の最初のステップ

このトピックは、JetBrains Rider の使用をすばやく開始し、最も頻繁に使用される機能に慣れるために役立ちます。

最初のステップ

JetBrains Rider はキーボード中心の製品です。ほとんどのアクションには、カスタマイズ可能なデフォルトのキーボードショートカットがあります。

定義済みのすべてのキーマップの中から、次のいずれかを選択する可能性が高くなります。

  • Visual Studio 2022 — このキーマップは、ReSharper を使用せずにプレーンな Visual Studio を使用した経験のある Windows ユーザーに推奨されます。

  • IntelliJ/IntelliJ (macOS) — このキーマップは、IntelliJ IDEA または JetBrains IntelliJ プラットフォームベースの IDE のいくつかの経験があり、そこで IntelliJ/ macOS キーマップを使用することを好むユーザーに推奨されます。

  • Visual Studio/Visual Studio (macOS) - このキーマップは次のようなユーザにお勧めです。

  • VS Code/VS Code (macOS) — このキーマップは、Visual Studio Code の使用経験があるユーザーに推奨されます。

  • ReSharper/ReSharper (macOS) — このキーマップは、Visual Studio + ReSharper の経験があり、ReSharper で 'ReSharper 2.x/IntelliJ IDEA' キーボードスキームを好むユーザーに推奨されます。

詳細については、キーボードショートカットをカスタマイズするを参照してください。

頻繁に使用するコマンドにアクセスする

Rider メインウィンドウ上部のナビゲーションバーには多くのコマンドが表示されていませんが、最も不可欠なものはあなたの指先にあります。

JetBrains Rider: using navigation bar to access most frequently used actions

ソリューションのビルドビルド構成実行 / デバッグ構成の変更と管理、プログラムの起動と停止VCS 操作へのアクセス、あらゆる場所での検索を行うことができます

JetBrains Rider は、多くのナビゲーションおよび検索機能を提供します。最も有用なもののいくつかを見てみましょう。

宣言に移動

Ctrl キーを押して、コードの上にマウスを置きます。フォーカスがあると、他の場所で定義されたすべてのシンボルに下線が引かれることがわかります。Ctrl キーを押しながら任意のシンボルをクリックすると、その宣言に直接移動できます。シンボルが現在のソリューションで定義されている場合、JetBrains Rider は対応するファイルを開き、キャレットを宣言に移動します。シンボルがコンパイルされたライブラリで定義されている場合、JetBrains Rider は宣言を逆コンパイルします。

Go to Declaration with Ctrl+click

詳細は、宣言に移動を参照してください。

使用箇所の検索

逆の方向に移動するには、つまり、シンボルが使用されているソリューション内のすべての場所を検索するには、Alt+F7 を押します。JetBrains Rider は、シンボルのすべての使用箇所をすぐに検索して表示します。詳細については、使用箇所の検索を参照してください。

利用可能なナビゲーションアクションを確認する

別の便利なナビゲーションのショートカットは Ctrl+Shift+G です。任意のシンボルを押すと、JetBrains Rider は利用可能なすべてのナビゲーションオプションを表示します:

Navigate To

詳細は、次に移動を参照してください。

ソリューションで何かを見つける

ソリューション内で何かを検索する必要がある場合は、Ctrl+N, G を押してください。この機能を呼び出すとすぐに候補のリストが表示され、最初は最近使用したファイルと移動された項目が含まれます。入力を開始すると、タイプ、シンボル、ファイル、最近の編集内容、最近表示したファイル、最近表示したメソッドを検索できます。詳細については、どこでも検索を参照してください。

ソリューションツリーで現在のファイルを見つける

ナビゲーションコマンドによって新しいファイルが表示されると、ソリューションエクスプローラーでそのファイルがどこにあるかを確認することができます。Ctrl+J, P を押すだけで、ソリューションエクスプローラーが現在のファイルまでスクロールし、それをハイライトします。詳細については、Solution/Assembly Explorer で現在のドキュメントを見つけるを参照してください。

エディターのコード

エディターで作業しているときは、多くのコード編集ヘルパーが手元にあります。ここにそれらのいくつかがあります。

コード補完 (IntelliSense)

JetBrains Rider の IntelliSense はデフォルトで自動的に機能しますが、何かを入力した後、入力する代わりに、意味のあるコードが許可されている場合はいつでも、JetBrains Rider のコード補完機能を明示的に呼び出すことができます。

  • Ctrl+Shift+Space を押すと、型一致補完が呼び出されます。これにより、予想される式のタイプに基づいて、よりインテリジェントな提案が提供されます。

  • Ctrl+Alt+Space を押すと、2 番目の基本補完が呼び出されます。これにより、所属する名前空間に関係なく、特定のプレフィックスに一致するすべてのタイプが表示されます。また、必要に応じて、適切な名前空間インポートディレクティブを現在のファイルに挿入します。

コードブロックを選択して移動する

キャレットがどこにあっても、Ctrl+W/Ctrl+Shift+W を押してみてください。これらのショートカットを使用すると、コードのシンボル、行、またはブロックを連続して選択できるため、コピー、切り取り、移動する目的の式を簡単に選択できます。詳細については、キャレットを処理し、テキストを選択するを参照してください。

選択したコードブロックを移動する必要がある場合は、Ctrl+Shift+Alt を押し、矢印キーを使用してブロックを許可された任意の位置に移動します。詳細については、コード要素を再配置するを参照してください。

Alt + Enter のパワー

非常に頻繁に、エディターの左側にたくさんの異なるアクションインジケータのうちの 1 つを見るでしょう。Alt+Enter を押すと、現在のキャレット位置で JetBrains Rider が何を提案しているのかを確認できます。

JetBrains Rider: Action list

ここにいくつかの例があります:

  • 赤いバルブ ThemedIcon.RedBulb.Screen.(Gray).png または黄色のバルブ ThemedIcon.YellowBulb.Screen.(Gray).png アイコンが表示された場合、JetBrains Rider がエラーまたはその他のコードの問題を検出したことを意味しており、それを修正できます。これを利用するには、Alt+Enter を押してください。詳細については、コードの問題のクイックフィックスを参照してください。

  • ハンマー ThemedIcon.ContextAction.Screen.(Gray).png アイコンは、キャレットでコードをすばやく変更する機会を意味します。それは完全にオプションです。変更を加えたい場合は、Alt+Enter を押して、シンボルの可視性をすばやく変更したり、コレクションを反復処理するコードを追加したりするのに役立つコンテキストアクションを確認してください。

  • アクションインジケータが表示されていない場合でも、Alt+Enter を押して、スコープ内の JetBrains Rider アクションをすばやく見つけて実行することもできます。入力を開始し、表示される一致から選択するだけです。

コードのリファクタリング

JetBrains Rider は、Visual Studio よりもはるかに多くのリファクタリングを提供しますが、さらに重要なことに、そのリファクタリングは、安全に使用しながら、はるかに使いやすく、範囲が広くなっています。

すべてのリファクタリングとそのショートカットを覚えるのは簡単な作業ではありませんが、幸いなことにそうする必要はありません。コード内の任意のシンボルで Ctrl+Alt+Shift+T を押すだけで、そのシンボルで使用できるリファクタリングを確認できます。

コードの生成

重要なタスクに集中できるように、JetBrains Rider はボイラープレートコードを自動的に生成するための多くの機能を提供します。例: 存在しないメソッドを呼び出すことができ、JetBrains Rider は、戻り型と引数の型を考慮して、呼び出しに基づいてこのメソッドを作成します。

型メンバーを生成する

キャレットが型宣言内のどこかにある場合は、Alt+Insert を押します。表示されるポップアップメニューで、そのタイプに対して生成する項目を選択します。JetBrains Rider は、コンストラクター、プロパティ、オーバーライドメンバーなどを作成できます。詳細については、コード生成を参照してください。

Generating type members with JetBrains Rider

コードスタイルの問題

JetBrains Rider を使用すると、命名規則、フォーマット規則ファイルとタイプのメンバーの順序、その他の多くの小さなこと(修飾子の順序'var' キーワードを使用するかどうかなど)を含む、コード内のほとんどのスタイルの側面を制御できます。

JetBrains Rider コードスタイル機能のデフォルト値は、Microsoft のガイドラインと多数のベストプラクティスを反映しています。同時に、個人または企業の好みに合わせて、コードスタイルのあらゆる小さな側面を調整できます。

コードスタイルルールを適用するには、Ctrl+R, C を押します。JetBrains Rider は、デフォルトのプロファイル(フルクリーンアップ再フォーマットして構文スタイルを適用コードの整形)のいずれかを使用してコードのクリーンアップを実行します。

関連ページ:

デフォルトのキーボードショートカットスキーム

すべての ReSharper アクションは、キーボードショートカットで呼び出すことができます。ほとんどのアクションには既定のショートカットがあり、そのまま使用できます。残りのアクションでは、必要に応じて、好きなショートカットキーを割り当てることができます。ReSharper は、2 つのデフォルトのキーボードショートカットスキームを提供します。Visual Studio — このスキームは、Visual Studio 独自のキーボードショートカットとの競合を最小限に抑えることを目的としています。I...

キーボードショートカットをカスタマイズする

JetBrains Rider にはいくつかの事前定義されたキーマップが含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するには、設定 / 環境設定ダイアログを開き、キーマップを選択します。定義済みのすべてのキーマップの中から、次のいずれかを選択する可能性が高くなります。Visual Studio 2022 — このキーマップは、ReSharper を使用せずにプレーンな Visual Studio を使用した経験のある Windows ユーザーに推奨されま...

ユーザーインターフェース

JetBrains Rider でソリューションを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。プラグインのセットと構成設定によっては、IDE の外観と動作が異なる場合があります。ナビゲーションバー:フォーカス: 表示 / 非表示: ナビゲーションバーはソリューションエクスプローラーの代わりとなるもので、ソリューションの構造を確認したり、特定のファイルを開いたり、現在のファイル内の特定のコード要素に移動したりできます。メインウィンドウの下部にあるステータスバーにあります。ナビゲ...

ビルドプロセス

現在のソリューションを構築するには、を押します。または、ビルドメニューからビルド、再構築、クリーンアップを開始することもできます。診断ありや依存関係なしなど、カスタムの方法で特定のプロジェクトをビルドすることもできます。ソリューションエクスプローラーで目的のプロジェクトを選択し、コンテキストメニューの高度なビルドアクショングループにあるアクションを使用します。ビルドを実行すると、MSBuild または XBuild の出力がビルドツールウィンドウに表示されます。デフォルトでは、Rider は...

ビルド構成

.NET プログラムの開発ユニットはプロジェクトであり、ソリューションに編成されます。ビルド管理も同じ原則に従っているため、ビルド設定はプロジェクト構成に格納され、ソリューション構成によって管理されます。プロジェクトビルドの設定:プロジェクト構成では、コードを最適化するかどうかやデバッグ情報を含めるかどうかなど、プロジェクトをビルドする方法を定義します。プロジェクトの種類によって、ビルドプロパティのセットが異なります。プロジェクトに複数のビルド構成を設定して、異なるプラットフォームや目的で同じ...

実行 / デバッグ構成

JetBrains Rider は、実行 / デバッグ構成を使用して、コードを実行、デバッグ、デプロイ、テストします。各構成は、何を実行し、どのパラメーターと環境を使用するかを定義する、名前付きのスタートアッププロパティのセットです。実行 / デバッグ構成には 2 つのタイプがあります。一時的 — エディターから .NET 静的メソッドを実行 / デバッグするたびに作成されます。永続的 — テンプレートから明示的に作成されるか、一時的な構成を保存することによって作成されます。永続的な構成は、削除するま...