JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

式の評価

JetBrains Rider を使用すると、別々の変数の値を表示できるだけでなく、メソッド呼び出し、演算子式、ラムダ式、匿名クラスなどのより複雑な式も評価できます。

式は、デバッグウィンドウフレームペインで現在選択されているスタックフレームのコンテキストで評価されます。

エディターで式を評価する

式を評価する最も簡単な方法は、エディターのツールチップを使用することです。変数または式の値に子要素が含まれている場合は、the Add buttonをクリックするとノードが展開され、すべての子が表示されます。

  • 設定 / 環境設定 Ctrl+Alt+Sビルド、実行、デプロイ | デバッガー | データビューページで値ツールチップを表示が有効になっている場合、変数と式の上にマウスを置くと、評価結果を確認できます。

    JetBrains Rider: Evaluating expression in an editor tooltip

  • 設定 / 環境設定ビルド、実行、デプロイ | デバッガー | データビューページでコード選択時に値ツールチップを表示するが有効になっている場合、Ctrl+Alt+S JetBrains Rider は選択した式の評価結果を表示します。

    Ctrl+W / Ctrl+Shift+W を使用して選択範囲を拡大または縮小し、評価された式を変更できます。

    JetBrains Rider: Evaluating selected expression in an editor tooltip
  • 式のクイック評価コマンド(Ctrl+Alt+F8 または実行 | 式のクイック評価または Alt -click)を使用して、変数、式、または選択の値ツールチップを呼び出すこともできます。

専用ダイアログで任意の式を評価する

評価ダイアログでは、現在のコンテキストで変数や式を操作できます。さまざまな操作を実行してそれらに対してメソッドを呼び出し、現在の値で得られた結果を分析できます。

例:現在のコンテキストに String myString 変数がある場合、次の式を入力して、変数の現在の値にサブストリングが含まれているかどうかを確認できます。: myString.Contains("text")

JetBrains Rider: Evaluate Expression dialog

評価ダイアログはモーダルではないため、フォーカスをエディターに戻して他の変数や式をコピーしたり、必要に応じて複数の評価ダイアログを開くこともできます。

式を評価するときは、次の点に注意してください。

  • デバッガーがブレークポイントで停止していて一時停止されていない場合にのみ、評価ダイアログでメソッドを呼び出すことができます。

  • 式の評価は「単一レベル」のみです。つまり、JetBrains Rider が式評価から呼び出されたメソッド内のブレークポイントで停止した場合、式評価機能を再び使用することはできません。

任意の式を評価する

  1. 何らかの式や変数から始めたい場合は、エディターまたはデバッグウィンドウの任意のビューでそれを選択します。

  2. 以下のいずれかの方法で評価ダイアログを開きます。

    • Alt+F8 を押します。

    • コンテキストメニューから式の評価を選択します。

    • メインメニューから実行 | デバッグアクション | 式の評価を選択します。

    • デバッグウィンドウのツールバーのEvaluate expressionをクリックします。

  3. 最初のステップで何かを選択した場合は、変数または式がフィールドに表示されます。それ以外の場合は、フィールドに式を入力するか、リストから以前に評価した式のいずれかを選択します。

  4. Enter を押すか評価をクリックします。読み取り専用の結果フィールドに評価出力が表示されます。

    オブジェクトにラベルを割り当てている場合、このラベル $[label_name] で参照できます。

    指定された式を評価できない場合は、結果フィールドにその理由が説明されています。
  5. 複数行の式またはコードの一部を編集する場合は、フィールドのExpandをクリックするか、または Shift+Enter を押して複数行のコード断片ビューに切り替えます。

    評価されたフラグメントを切り替えるには、Alt+DownAlt+Up を押します。

  6. 必要に応じて、デバッグウィンドウのフレームペインで式を評価する別のスレッドを選択できます。

最終更新日 :