JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

切り取り、コピー、貼り付け

標準の切り取り、コピー、貼り付け操作とは別に、ファイルパス、シンボル参照などをコピーできます。貼り付ける際に、オプションでクリップボード履歴からアイテムを選択し、フォーマット規則を自動的に適用できます。

カットラインまたは選択

  1. 行内の任意の場所にキャレットを設定して行全体を切り取るか、選択範囲を切り取ります。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • メインメニューから編集 | 切り取りを選択します。

    • Ctrl+X を押します。

    • ツールバーの切り取り Cut をクリックします。

    • 選択範囲を右クリックし、コンテキストメニューから切り取りを選択します。

行または選択をコピー

  1. 行内の任意の場所にキャレットを設定して行全体をコピーするか、コピーする選択を行います。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • メインメニューから編集 | コピーを選択します。

    • Ctrl+C を押します。

    • ツールバーのコピー Copy をクリックします。

    • 選択範囲を右クリックし、コンテキストメニューからコピーを選択します。

エディターからテキストを切り取り、コピーするとき、デフォルトで JetBrains Rider はそれをリッチテキストとしてクリップボードに入れます。

選択範囲をプレーンテキストとしてコピー

  • エディターの選択を常にプレーンテキストとしてコピーする場合は、設定 / 環境設定 Ctrl+Alt+Sエディター | コード編集ページのリッチテキストのコピーで対応するオプションを選択します。

  • デフォルトでリッチテキストコピーを作成する場合は、選択範囲を右クリックしてコンテキストメニューからプレーンテキストとしてコピーを選択することにより、プレーンテキストコピーを 1 つ作成できます。

ファイルまたはフォルダーへのパスをコピーする

  1. 目的のファイルをエディターで開くか、ソリューションエクスプローラーで 1 つ以上のファイルまたはフォルダーを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • Ctrl+Shift+C を押します。

    • ソリューションエクスプローラーで選択項目を右クリックするか、エディターのファイルタブを右クリックしてコンテキストメニューからパスのコピーを選択します。

    • メインメニューから編集 | パスのコピーを選択します。

  3. 絶対パスではなくソリューションに対する相対パスをコピーする場合は、エディターのファイルタブを右クリックして、コンテキストメニューから相対パスのコピーを選択します。

参照を線または記号にコピーする

  1. キャレットを目的のシンボルまたは特定のコード行に配置します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • Ctrl+Alt+Shift+C を押します。

    • メインメニューから編集 | コピー | 参照のコピーを選択します。

    • コンテキストメニューから参照のコピーを選択します。

    JetBrains Rider は、キャレット位置に応じた形式で文字列を作成します。行はソリューションに対する相対的なファイルシステムパスと行番号によって参照され、シンボルはそれらの完全修飾名(FQN)によって参照されます。例:

    タイプの場合は System.Web.Mvc.ActionResult、コード行の場合は WebApplication1\Controllers\HomeController.cs : 21 キャレットが型の上にあるときは、ポップアップから他の参照を選択することもできます。

    JetBrains Rider: Copy reference popup

エディターのツールチップの内容をコピーする

  1. エディター内のシンボルの上にマウスポインタを置くと、完全なシンボル名とその説明がある場合はその説明が表示されます。

  2. Alt を押しながらツールチップをクリックします。

C# および VB.NET コードをクリップボードから貼り付ける場合、JetBrains Rider は、JetBrains Rider 設定 Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | 入力支援ページの貼り付けで自動フォーマットセレクターの状態に応じて動作します。

このセレクターを使用すると、貼り付けられたコードにコードフォーマットルールを適用するかどうかを構成できます。デフォルトでは、JetBrains Rider はコードを貼り付けるときにインデント設定のみを適用します。これは、フォーマット規則を厳密に守らない場合に便利なオプションです。

最後のクリップボードエントリを貼り付けます

  • 最後のクリップボードエントリを貼り付ける場所にキャレットを設定するか、クリップボードエントリに置き換えるコードブロックを選択します。

  • 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • メインメニューから編集 | 貼り付けを選択します。

    • Ctrl+V を押します。

    • ツールバーの貼り付け Paste をクリックします。

選択した書式設定で貼り付ける代わりに、クリップボードエントリを元の書式設定で挿入できます。

元の書式で最後のクリップボードエントリを貼り付けます

  1. 最後のクリップボードエントリを貼り付ける場所にキャレットを設定するか、クリップボードエントリに置き換えるコードブロックを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • メインメニューから編集 | そのまま貼り付けを選択します。

    • Ctrl+Alt+Shift+V を押します。

クリップボードの履歴にアクセスして、クリップボードにコピーされた最近のアイテムをすばやく貼り付けることもできます。JetBrains Rider は、開始するとすぐにコピーしたアイテムのクリップボード履歴への記録を開始し、閉じると履歴をクリアします。

クリップボードの履歴から特定のエントリを貼り付ける

  1. 最後のクリップボードエントリを貼り付ける場所にキャレットを設定するか、クリップボードエントリに置き換えるコードブロックを選択します。

  2. Ctrl+Shift+V を押すか、メインメニューから編集 | 貼り付け | 貼り付けを選択してください。

  3. 貼り付ける内容の選択ダイアログで、最近のクリップボードエントリの 1 つを選択してプレビューすることができます。

  4. 貼り付けまたはフォーマットせずにパテをクリックして、対応する方法で目的のエントリを貼り付けます。または、目的のエントリの横に表示されているニーモニックキーを押すと、すばやく挿入できます。

    JetBrains Rider: Choose Content to Paste dialog

最終更新日 :