JetBrains Rider 2019.1ヘルプ

コードの作成と編集

本セクション:

基本的な編集作業には、次のショートカットを使用できます。

次に、高度なコード編集ヘルパーのショートカットを示します。

最終更新日: 2019年6月11日

関連ページ:

エディターで作業する

本セクション:エディターでのテキストの選択、切り取り、コピー、貼り付け、ラインの追加、削除、移動、大/小文字の切り替え、マルチカーソル、コード・ビジョン、「レンズ」モード、折りたたみコード要素、変更の保存と元に戻す、エディタータブの管理、マクロ、エディターをズームインする、テーブルとしてのCSVおよ...

コード生成

JetBrains Riderは、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、JetBra...

ファイル、フォルダー、テキストソースの比較

JetBrains Riderを使用すると、任意の2つのファイル、フォルダー、テキストソース、またはデータベースオブジェクトの間、およびローカルファイルとそのリポジトリバージョン間の違いを確認できます。2 つのファイルの比較:JetBrains Riderはファイルの差分ビューアーに差分を表示します...

エディターでのテキストの選択

テキストを選択する基本的な方法は、マウスカーソルで選択範囲を広げることです。キーボード中心のIDEとしてのJetBrains Riderは、選択にナビゲーションキーを使うことを提案します。テキストを選択したり、列モードで長方形のフラグメントを選択したり、選択範囲を拡大/縮小したり、マルチセレクション...

変更の保存と元に戻す

JetBrains Riderで作業するとき、変更されたファイルを保存することについて心配する必要はありません:すべての変更は自動的に保存されます。不要な変更は、開発ワークフローのどの段階でも元に戻すことができます。すべてのファイルまたはディレクトリーは、以前のいずれかの状態に戻すことができます。J...

コンテキスト・アクション

Context actions are code transformations helpers available right in the editor. In contrast toquick-fixes, context actions do not aim to resolve a pro...