JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

ライブ/サラウンドテンプレートを作成する

ライブ/サラウンドテンプレートは、既存のファイルでコード生成するために、および(テンプレート本体に $SELECTION$ パラメーターがある場合) try...catch ステートメントなどのテンプレートコードコード囲むために使用できます。
各ライブテンプレートはショートカットforeachなどの短い文字列)で識別され、エディターで直接入力してテンプレートを呼び出すことができます。

ライブ/サラウンドテンプレートは、単体テスト用のクラス、DTO、スケルトンの作成など、さまざまな用途に使用できます。

ライブ/サラウンドテンプレートの本体は、そのまま表示されるプレーンテキストとパラメータで構成されています。アイデアは、これらを組み合わせてテンプレートを呼び出すときの効率を最大化することです。

新しいライブ/サラウンドテンプレートを作成する

  1. 作成されたテンプレートが適用される言語に応じて、JetBrains Rider設定 Ctrl+Alt+Sエディター | ライブ・テンプレート | [言語]ページを開きます。

  2. 新規テンプレート ThemedIcon AddLiveTemplate Screen Gray pngをクリックします。

  3. ショートカットフィールドでテンプレートのショートカットを指定します。テンプレートからコードを作成するときにテンプレートをすばやく呼び出すために使用されます。補完リストにも表示されます。説明フィールドに、テンプレートのオプションの説明を入力します。
  4. テンプレートのデフォルトスコープを変更するには、使用可能ボタンをクリックします。表示されるダイアログで、チェックボックスを使用して、新しいテンプレートを適用できる場所を定義します。一部のスコープを拡張して、詳細(ファイルマスクや言語バージョンなど)を指定できます。

    JetBrains Rider: Selecting a scope for the template

  5. 目的のコードを入力または貼り付け、変数と混合して、テンプレートの本体を作成します。
    例:テンプレート本体は次のようになります。

    public class $className$ { public $idType$ $className$Id {get; set;} $END$ }
    ご覧のとおり、3種類の要素があります。

    • text —テンプレート本文にプレーンテキストとして記述されたものはすべて、テンプレートを呼び出すとそのまま表示されます。

    • 定義済み変数 —この例では、$END$ 変数は、テンプレートの適用が完了したらカーソルをどこに配置するかをJetBrains Riderに指示します。

    • ユーザー定義変数 —変数(接頭辞と接尾辞付きの $)を入力するとすぐに、で使用できるようになります。テンプレート変数を宣言するセクションに従って、すべての定義済み変数を構成できます。
      この場合、呼び出し中にクラス名を確立するために、$className$$ を変数にします。Idをどのタイプにしたいのかわからないため、$idType でも同じことが起こります。最後に Id プロパティがあります。クラス名のようにしたいため、対応する変数の末尾に「Id」を付けたものを使用します。

  6. で使用セレクタを使用して、テンプレートを新しいコードの生成、既存のコードの囲み、またはその両方に使用できるかどうかを指定します。作成したテンプレートを周囲のコードに使用する場合は、テンプレートを呼び出す前にユーザーが選択したテキストを表す $SELECTION$ パラメーターを追加します。

  7. ニモニックフィールドでは、コードをテンプレートで囲むときに使用される[0-9]桁を指定できます。

    • いくつかのニーモニック数字が指定されている場合、そのテンプレートは Alt+Enter を押して選択すると囲む... で使用可能になります。

    • 指定されたニーモニック数字は、Ctrl+Alt+T を押す(またはメニューのコード | 式で囲む...を選択する)ときに、テンプレートの隣に表示されます。対応するキーを押すと、このテンプレートをすぐに適用できます。

  8. テンプレートの書式設定オプションを設定する:

    • 再フォーマットチェックボックスを選択すると、JetBrains Riderは、フォーマット設定の設定に従って、拡張コードフラグメントを自動的に再フォーマットします。

    • 修飾された参照を短くするチェックボックスを選択すると、JetBrains Riderが名前空間インポートディレクティブを自動的に挿入するか、テンプレートの適用後に冗長になる修飾子を削除します。このチェックボックスが選択されていない場合、JetBrains Riderはネームスペースインポートディレクティブを挿入しません。

  9. 設定ダイアログで保存をクリックして変更を適用し、JetBrains Riderに保存場所を選択させるか、次へ保存リストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、レイヤーベースの設定を参照してください。

最終更新日:

関連ページ:

Web固有のテンプレート

このセクションには、HTML、JavaScript、TypeScriptなどのWebアプリケーションコードを作成するために使用できるWeb固有のコードテンプレートのドキュメントが含まれています。ライブ・テンプレート、ファイル・テンプレート、最終更新日:2020年5月08日ソース・テンプレートライブ・...

ライブテンプレートを使用してソースコードを作成する

このページでは、.NET言語のテンプレートについて説明します。HTML、JavaScript、TypeScriptなどで機能するWeb固有のテンプレートについては、Web固有のテンプレートで説明しています。コード | ライブ・テンプレートの挿入...ライブテンプレートはVisual Studioのコ...

テンプレートスコープ

このページでは、.NET言語のテンプレートについて説明します。HTML、JavaScript、TypeScriptなどで機能するWeb固有のテンプレートについては、Web固有のテンプレートで説明しています。JetBrains Riderは、コードテンプレートを利用できる範囲をいくつか定義します。スコ...

テンプレート変数を宣言する

このページでは、.NET言語のテンプレートについて説明します。HTML、JavaScript、TypeScriptなどで機能するWeb固有のテンプレートについては、Web固有のテンプレートで説明しています。コードテンプレートは、周囲のコンテキストに合わせて調整したり、適用したときにインタラクティブに...

コードフラグメントをテンプレートで囲む

このページでは、.NET言語のテンプレートについて説明します。HTML、JavaScript、TypeScriptなどで機能するWeb固有のテンプレートについては、Web固有のテンプレートで説明しています。コード | 式で囲む...中括弧または括弧でコードを囲むだけの場合は、コードブロックまたは式を...

コードフォーマットルールの管理と適用

コード | コードの再フォーマットコードスタイルの重要な点は、コードの書式設定方法、つまり、空白と空白行を使用してコードブロックを配置および分離する方法、インデントにタブを使用するかどうか、および使用する方法。JetBrains Riderコードのフォーマットルールの広範なセットには、多数のベストプ...