JetBrains Rider 2024.1 ヘルプ

JetBrains Rider で作業を合理化する

本セクション:

関連ページ:

新しい UI

新しいユーザーインターフェース (UI) は、JetBrains Rider の外観を新しく再設計したものです。これは、視覚的な複雑さを軽減し、重要な機能に簡単にアクセスできるようにし、必要に応じて複雑な機能を段階的に公開することを目的として作成されており、その結果、見た目も操作性もすっきりします。主な変更点には、簡素化されたメインツールバー、新しいツールウィンドウレイアウト、新しいテーマ、更新されたアイコンがあります。新しい UI を有効にするを押して設定を開き、を選択します。新しい UI...

Rider 設定

設定にアクセスするダイアログ以下のいずれか 1 つを実行します: を押します。(Windows および Linux の場合) または (macOS の場合) に移動します。Rider は 2 つのメカニズムを使用して設定を保存します。フロントエンドの IntelliJ プラットフォームの機能の設定の一部は、ディレクトリベースのフォーマットに保存されます。バックエンド ReSharper 機能用の設定の他の部分は、レイヤーベースのフォーマットに保存されます。レイヤーベースの設定は ReSharper...

スコープとファイルの色

スコープは、ソリューション内のファイルとフォルダーのグループです。スコープを使用して、さまざまな IDE ビューでソリューション項目を視覚的に区別し、特定の操作の範囲を制限できます。スコープは、ソリューション内のファイルを論理的に整理するように設計されています。テストソースはテスト関連のスコープに移動でき、製品コードは製品ファイルのスコープに関連付けることができます。これらの論理チャンクにより、ソリューションの管理が容易になります。JetBrains Rider には一連の定義済みスコープが付属...

スクラッチファイル

一時的なメモを作成したり、プロジェクトのコンテキスト外でコードを作成したりする必要がある場合があります。別のアプリケーションに切り替える代わりに、スクラッチファイルとスクラッチバッファを使用できます。スクラッチファイルは、構文のハイライト、コード補完、対応するファイルタイプのその他すべての機能をサポートする、完全に機能するファイルです。例: 1 つのプロジェクトに取り組んでいるときに、後で別のプロジェクトで使用できる方法のアイデアを思いつくことがあります。メソッドのドラフトを含むスクラッチファイ...

プラグインのインストール

プラグインは JetBrains Rider のコア機能を拡張します。例: プラグインをインストールして、次の機能を取得します。バージョン管理システム、課題追跡システム、ビルド管理サーバー、その他のツールとの統合。さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポート。ショートカットのヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなど。新しいプログラミング言語を学ぶのに役立つコーディング演習。プラグイン設定を開くを押して設定を開き、を選択します。マーケットプレースタブを使用して、JetBrai...

外部ツール

サードパーティのコマンドラインアプリケーションを外部ツールとして構成して、JetBrains Rider から実行します。例: ワークフローでは、特定のスクリプト、コードジェネレーター、アナライザー、プリプロセッサーまたはポストプロセッサー、データベースユーティリティなどの実行が必要になる場合があります。外部ツールとして構成することにより、JetBrains Rider は専用のアクションを提供します。これは、メインメニューや特定のコンテキストメニューから実行したり、ショートカットを割り当てたり...