JetBrains Rider 2018.3ヘルプ

Riderによる作業の合理化

本セクション:

最終更新日: 2019年4月5日

関連ページ:

Riderの設定

設定/環境設定ダイアログにアクセスするにはCtrl+Alt+Sまたはメインメニューから、ファイル | 設定(WindowsおよびLinuxの場合)またはJetBrains Rider | 環境設定(macOSの場合)を選択します。Riderは2つのメカニズムを使用して設定を保存します。フロントエンド...

スコープの使用

Ascope() is a subset of files, and/or directories in your solution, to which you can limit the application of specific operations, e.g.search。ソリューションが...

タスクとコンテキストの管理

タスクの作業を開始する前に、タスク管理プラグインが設定/環境設定 | プラグインウィンドウで有効になっていることを確認してください。プロジェクトで作業する場合は、完了する必要のある小さな作業で作業を整理できます。これらは自分で設定したタスクです。JetBrains Riderでは、大きなタスクを専用...

ツール・ウィンドウで作業する

ワークスペースの下部と側面には、JetBrains Riderツールウィンドウがアタッチされています。これらのセカンダリーウィンドウでは、プロジェクトをさまざまな視点から見て、典型的な開発タスクにアクセスできます。これらには、プロジェクト管理、ソースコードの検索とナビゲーション、実行とデバッグ、バー...

プラグインの管理

プラグインはJetBrains Riderのコア機能を拡張します: 例:以下のことができます:バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供するさまざまな言語とフレームワークのサポートを追加するショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどを使...

組み込みローカルターミナルの操作

JetBrains Riderにはローカルターミナルが組み込まれており、IDEを離れずにコマンドラインモードを使用できます。ご使用のプラットフォームに応じて、コマンドプロンプト、Far、powershell、bashなどを操作できます。ターミナルを設定するCtrl+Alt+Sを押して設定/環境設定ダ...