JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

これを調べる

Ctrl+Alt+Shift+A

このコマンドは JetBrains Rider のコード探索とインスペクション機能への近道です:

このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。コンテキストに応じて、このショートカットを使用すると、そのコンテキストで使用可能なすべてのコード探索機能にアクセスできます。

コンテキストで利用可能なコード探索機能を表示する

  1. エディターのシンボルにキャレットを配置するか、構造ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Ctrl+Alt+Shift+A 押下

  3. これを調べるリストが表示されます。

    Inspect This list

  4. リストから項目を選択してクリックするか、Enter を押します。

最終更新日 :

関連ページ:

コールトラッキング

コールトラッキングを使用すると、コード内のチェーンコールを表示およびナビゲートできます。JetBrains Rider コールトラッキングでは、関数、イベント、インターフェース、クロージャを探索できます。階層表示では、アイコンを使用してさまざまな種類のシンボルを区別します。シンボルアイコンスキームリ...

バリュートラッキング

バリュートラッキングを使用すると、特定のタイプの値を調べ、プログラム内の特定のポイントに間違った値がどのように渡されたのか、次に渡される可能性があるかどうかを判断できます。これにより、可能な、不適切な動作、および不正確な値が得られる理由を調べるのに役立ちます。インスペクション結果ウィンドウの任意のデ...

型階層を調べる

ナビゲート | 型階層JetBrains Rider を使用すると、ソリューションおよび参照ライブラリから型の継承階層を調査できます。選択したタイプの基本タイプと継承の両方を確認し、マウスクリックでそれらのいずれかにナビゲートできます。階層内の任意のノードについて、プレビューペインにすべてのメン...

特定の範囲でコードの課題を見つける

設計時コードインスペクションは、エディターでコーディングしたり、特定のファイルを見直したりするときに役立ちます。しかし、JetBrains Rider では、ソリューション全体または狭い範囲でスタティックコード分析を実行し、結果をフレンドリーな視点で調べることもできます。開始コードインスペクション

構造ウィンドウ

表示 | ツールウィンドウ | 構造JetBrains Rider では、構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできるため、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応...

コード探査

コードインスペクションに加えて、JetBrains Rider のコード分析では、呼び出しチェーンおよび値チェーンを作成することにより、メンバーを調査できます。これらの分析の結果を表示するインスペクション結果ウィンドウを使用すると、コードをさらに調査し、特定の調査結果に移動できます。本セクション :...