JetBrains Rider 2020.3 ヘルプ

.NET コードのカバレッジの分析

JetBrains Rider の統合 dotCover は、 .NET コードにコードカバレッジ機能を提供します。

すべての dotCover 機能が JetBrains Rider で使用できるわけではないことに注意してください。現在利用可能な機能のリスト:

まだ利用できない機能

  • アプリケーションの適用範囲分析

  • ドキュメントの概要

  • ホットスポットビュー

  • カバレッジスナップショットを開く

サポートされているオペレーティングシステムとフレームワーク

WindowsmacOS | Linux
.NET フレームワーク 1.0 – 4.8 Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、Visual Studio、スタンドアロン、コンソールツール

Not supported

.NET コア 2.0 – 3.1

.NET 5

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、Visual Studio、スタンドアロン、コンソールツール

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

Mono 5.10 以降 Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

:

  • 64 ビットプロセスのみがサポートされています。

Unity 2018.3 以降 Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

Supported

使用可能な範囲 : JetBrains Rider、コンソールツール

インストールとライセンス

dotCover は Rider のバンドルプラグインとして提供されており、追加の操作を必要とせずに Rider とともに自動的にインストールされます。何らかの理由で dotCover を無効にしたい場合は、Rider のプラグインの設定でこれを行うことができます。

dotCover は、dotUltimate または All Products Pack サブスクリプションの所有者が Rider でのみ使用できます。

関連ページ:

単体テストのカバレッジを分析する

dotCover を使用する最も基本的なシナリオは、テストでカバーするコードの量を測定することです。ベースライン条件は以下の通りです。Visual Studio でソリューションを開いています。ソリューションのコードは、いくつかの単体テストでカバーされています。タスクは、どの程度のコードがカバーされているかを理解することです。ソリューションの単体テストのカバレッジを分析するメインメニューからを選択します。これにより、ユニットテストエクスプローラーツールウィンドウが開きます。ここでは、ソリューショ...

継続的なテストを使用する

連続テストの概念は、コードを変更するとすぐに実際のテスト結果がすぐに得られることを意味します。プロジェクトを手動で再構築し、変更後にすべてのテストを再実行する必要はありません: 影響を受けるテストはバックグラウンドで自動的に実行されます(テストセッションは、変更の保存やプロジェクトのビルドなどの明示的なアクションによってトリガーされます)。ソリューションで継続的なテストを可能にするを押すか、メニューから(Windows および Linux)または(macOS)を選択してから、左側のを選択します。...

カバレッジフィルターを設定する

場合によっては、カバレッジ分析の範囲を制限する必要があります。例: 複数のプロジェクトと何千ものテストを含む大スコープアプリケーションの開発に参加している場合、これは意味があります。この場合、ソリューション内のすべてのプロジェクト(タイプ、タイプメンバー)の対象範囲を分析する必要はありませんが、特定の機能に関連するものだけを分析する必要があります。もう一つの例は、現在興味を持っていないノード(名前空間、クラス、メソッド)を除外することによって、カバレッジツリーの「ノイズ」を減らすことです。主なフ...