ReSharper 2019.1ヘルプ

言語別にReSharper:ASP.NET

ReSharperは、バージョン4.0までのASP.NETとバージョン5.0までのASP.NET MVCをサポートします。WebサイトプロジェクトとWebアプリケーションプロジェクトモデルの両方がサポートされています。

ASP.NETのReSharper機能の説明は、次のトピックで構成されています。

最終更新日: 2019年7月16日

関連事項

関連ページ:

コードインスペクションとASP.NETのクイックフィックス

ReSharperのコード解析機能の多くは、JavaScriptでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。このセクションの主題では、フィーチャマトリックスを見つけて、JavaScriptで正確にサポートされているものを確認することもできま...

ASP.NETのコーディングアシスタンス

ReSharperのコーディング支援機能の多くは、ASP.NETでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援の該当するトピックを参照してください。このセクションの主題では、フィーチャマトリックスを見つけて、ASP.NETで正確にサポートされているものを確認することもできま...

ASP.NETのコードスタイル支援

ReSharperには、コードをきれいに整理するための多くの機能が用意されています。ReSharperの他の機能の大部分と緊密に織り交ぜられているため、特定のコードスタイルに基づいてコードを生成し、既存のコードベースを変更できます。命名標準、書式設定規則、その他多くの小さな側面を含むコードスタイルは...

ASP.NETでのナビゲーションと検索

ReSharperのナビゲーションと検索機能の多くは、ASP.NETでもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲーションと検索の該当するトピックを参照してください。このセクションの主なトピックでは、機能マトリックスを見つけて、ASP.NETで正確にサポートされているものを確認するこ...

ASP.NET用リファクタリング

ASP.NETでは、ReSharperは、ASP.NETファイル内のC#およびVB .NETコードで利用可能なメインセットリファクタリング、およびリソースの用途で利用可能なローカライズリファクタリングをサポートしています。ASP.NETに固有のいくつかのリファクタリングもあります。リファクタリングに...

ASP.NETでのコード生成

ReSharperを使用すると、関連するマスターページファイルで定義されたコンテンツプレースホルダに従って、ASP.NET Webフォームおよびマスタページのコンテンツを生成できます。この操作は、ファイルに関連するマスターページ(または基本マスターページ)が、ファイルに対応するコンテンツユニットを持...