ReSharper 2019.1ヘルプ

自動プロパティーの使用

自動実装されたプロパティー(英語)(オートプロパティーも知られています)では、簡単な方法で追加のロジックを持たない型プロパティーを宣言できます。デフォルトでは、ReSharperは可能なときに自動プロパティーの使用を推奨しますが、この動作は設定可能です。

デフォルトでは、ReSharper は自動プロパティーに変換される可能性があるほとんどのプロパティーをハイライトし、対応するクイックフィックスまたはスコープ内の修正を提案します。

Use auto-property quick-fix

ReSharperにこれを示唆させたくない場合は、それを検出するコードインスペクションプロパティーを自動プロパティーに変換する) を無効にすることができます。この場合、バッキングフィールドを持つプロパティーは強調表示されず、クイックフィックスは推奨されませんが、コンテキストアクションまたは対応するリファクタリングを使用して変換を適用することができます。

To auto-property context action

既存の自動プロパティーをバッキングフィールドを持つプロパティーに変換する逆の機能も、対応するコンテキストアクションで使用できます。計算プロパティーへコンテキストアクションを使用して、プロパティーアクセサーのデフォルトボディを生成することもできます。

To property with backing field context action

一括モードでプロパティーを自動プロパティーに変換するもう1つのオプションは、コードのクリーンアップです。以下で説明するように、デフォルトプロファイルデフォルト: フルクリーンアップを使用してコードのクリーンアップを実行することも、特定のタスクのみを対象としたカスタムプロファイルを使用してクリーンアップを実行することもできます。

カスタムコードクリーンアッププロファイルを使用してプロパティーを自動プロパティーに変換するには

  1. メインメニューでReSharper | オプションを選択します。

  2. コードクリーンアップの設定ページコード編集 | コードのクリーンアップに移動します。

  3. 新しいカスタムクリーンアッププロファイルを作成するにはセクションの説明に従って、新しいプロファイルを作成します。新しいプロファイルの選択したプロファイル設定セクションで、可能であれば、自動プロパティーを使用するチェックボックスをオンにします。必要に応じて、このプロファイルで他のコードクリーンアップタスクを有効にすることができます。

  4. 保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに保存場所を選択させるか、次へ保存ドロップダウンリストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、「 resharper設定の管理と共有 」を参照してください。

  5. 自動プロパティーを使用するスコープを選択します。
    • キャレットをファイル内の任意の場所に設定すると、ファイルに自動プロパティーを使用できます。

    • ソリューション・エクスプローラーの1つまたは複数の項目を選択して、これらのノードおよびその子項目にあるファイルで自動プロパティーを使用します。

  6. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • Ctrl+Alt+F を押すか、メインメニューからReSharper | 編集 | コードのクリーンアップを選択してください。

    • テキストエディターの任意の場所を右クリックするか、選択項目を右クリックし、コンテキストメニューでコードのクリーンアップを選択します。

  7. 開いているコードクリーンアップダイアログで、新しく作成したプロファイルを選択します。

  8. 実行をクリックします。ReSharperは、選択したスコープで自動プロパティーを使用します。

コードクリーンアップダイアログを開かずにプロパティーを自動プロパティーに変換したい場合は、作成したプロファイルをサイレントクリーンアップにバインドし、Ctrl+Shift+Alt+Fを押すだけで実行できます。自動プロパティーへの変換と他のコードスタイルタスクを組み合わせたカスタムクリーンアッププロファイルを作成することもできます。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not available
最終更新日: 2019年6月7日

関連事項

関連ページ:

設計時にコード問題を検出

ReSharperは、エディターでコード・ファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの問題は、重大度に従ってエディターで強調表示されます。問題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、...

コードの問題のクイックフィックス

ReSharperを使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード問題を即座に修復できます。強調表示されたコードの問題で を押して、問題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。このトピックの内容:クイックフィックスの適用、Visual Stud...

スコープの修正

ほとんどのクイック・フィックスは現在の問題をキャレットで修正することができますが、その一部(例:未使用のディレクティブを削除する、フィールドを読み取り専用にする、冗長なキャストの除去など)は、現在のファイル、現在のプロジェクト、またはソリューション全体「Fix in scope」と同様に、より広い範...

コードインスペクションの設定

コード注釈を使用して、ReSharperがコードをインスペクションする方法をカスタマイズすることもできます。デザインタイムコードインスペクションの切り替え:デフォルトでは、ReSharperはサポートされている言語に対応するすべてのファイルで設計時コードインスペクションを有効にします。必要に応じて、...

コンテキスト・アクション

コンテキストアクションのいくつかの例をReSharperWebサイトでチェックすることができます。コンテキストアクションは、エディターで直接利用できるコード変換ヘルパーです。クイックフィックスとは対照的に、コンテキストアクションは問題の解決やコードの改善を目的としているためはなく、アクセス修飾子の変...

プロパティーをAuto-Propertyリファクタリングに変換する

ReSharper | リファクタリング | 変換 | 自動プロパティーへのプロパティー...このリファクタリングは、プライベートバッキングフィールドを持つプロパティーを自動実装されたプロパティー(自動プロパティーとも呼ばれます)に変換できます。リファクタリングはバッキングフィールドを削除し、そのす...