ReSharper 2021.1 ヘルプ

プロジェクトまたはソリューションでユニットテストを使用する

ソリューションの単体テストを発見する

ReSharper は、ユニットテストエクスプローラーウィンドウを Visual Studio(ReSharper | ユニットテスト | ユニットテストまたは ReSharper | Windows | ユニットテスト、または Control+Alt+T )に追加します。このウィンドウを使用して、ソリューション全体でサポートされているすべてのフレームワークの単体テストを調査、実行、またはデバッグできます。プロジェクトの単体テストは、プロジェクトがビルドされた後にのみウィンドウに表示されることに注意してください。現在開いているファイルのテストは自動的に更新され、開いているファイルの新しいテストは、作成するとすぐに単体テストエクスプローラーに表示されます。

テストフレームワークごとに、ReSharper オプション(Alt+R, O)のツール | ユニットテスト | テストフレームワーク | <フレームワーク> ページで次のオプションのいずれかを選択することにより、ビルド後に単体テストを検出するための速度または精度のいずれかを選択できます。

  • メタデータ ( デフォルト )

    このモードでは、ReSharper はテストランナーを起動せずにビルドアーティファクトを分析します。

    テストは属性を使用して定義されるため、ReSharper は管理対象アーティファクトのメタデータをすばやくスキャンして、プロジェクト内のほとんどのテストを見つけることができます。ただし、パラメーターを定義するためにフレームワークのいくつかの特別なフックを実行する必要があるテストを見つけることができない場合があります。

    これは、テストを発見するための最速の方法です。

  • テストランナー

    このモードでは、ReSharper はビルドアーティファクトの検出モードでフレームワークランナーを起動し、ランナーからの結果を使用します。

    フレームワークランナーを使用すると、プロジェクトの分析にかなり時間がかかる場合がありますが、ほとんどの場合、検出されたテストのリストは完全です。

Unit Test Explorer displays tests from the entire solution

単体テストエクスプローラーでは、次のことができます。

  • ソリューション内のテストを探索します。すべての単体テストをツリービューで参照し、テストを検索して部分文字列でフィルタリングし、プロジェクト、名前空間、カテゴリなどで単体テストを再グループ化します。

  • ビュー内でテストクラスまたはテストクラスのソースコードをダブルクリックして、そのソースコードに移動します。

  • 選択したテストを実行またはデバッグします。

  • 選択したテストおよびテストクラスからの単体テストセッションを作成する、および / または選択したアイテムを現在のテストセッションに追加します。

プロジェクトまたはソリューションで単体テストを実行またはデバッグする

ユニットテストエクスプローラー、ソリューションエクスプローラー、またはクラスビューからテストを実行またはデバッグできます。単体テストエクスプローラーは、テストとテストクラスのみを表示し、必要な他のウィンドウ、プロジェクト、ファイル、クラスにテストが含まれていることを確認します。

  • 単体テストエクスプローラーからテストを実行するには、目的のテストを選択し、ツールバーのユニットテストの実行 Run Unit Tests Control+T R/ ユニットテストのデバッグ Debug Unit Tests Control+T D をクリックします。

  • ソリューションエクスプローラーまたはクラスビューからテストを実行またはデバッグするには、テストを含む 1 つ以上の項目(クラス、ファイル、フォルダー、プロジェクト)を選択し、メインメニューでも使用できるユニットテストの実行 Run Unit Tests Control+T R/ ユニットテストのデバッグ Debug Unit Tests Control+T D コマンドを使用します。(ReSharper | ユニットテスト)およびコンテキストメニュー。

  • ソリューション内のすべてのテストを実行またはデバッグするには、メインメニューで ReSharper | ユニットテスト | ソリューションからすべてのテストを実行を選択するか、Control+T L を押します。

テストの実行またはデバッグをどのように選択しても、実行の進行状況、結果、出力が Unit Test Sessions ウィンドウに表示されます。開いている単体テストセッションがある場合、実行されたテストはそのセッションに追加されます。テストセッションがないか、既存のセッションがロックされている場合、新しいテストセッションが作成されます。

必要に応じて、最後に実行したテストを Control+T T を押すか、メニューの ReSharper | ユニットテスト | 前回の実行を繰り返しを選択していつでも再実行することができます。

関連ページ:

ユニットテストエクスプローラーウィンドウ | ReSharper

このウィンドウを使用して、ソリューション全体でサポートされているすべてのフレームワークの単体テストを探索および実行またはデバッグできます。プロジェクトのユニットテストは、プロジェクトのビルド後にのみウィンドウに表示されることに注意してください。現在開いているファイルのテストは自動的に更新されます。開いたファイルの新しいテストは、作成するとすぐに単体テストエクスプローラーに表示されます。詳細については、プロジェクトまたはソリューションでユニットテストを使用するを参照してください。テストを検索するに...

ユニットテスト支援 | ReSharper

ReSharper は、Visual Studio で単体テストの検出と実行、デバッグを行うのに役立ちます。以下のユニットテストフレームワークがサポートされています:NUnit2.6.2 以降。ReSharper のインストールには、NUnit テストランナーの 2 つのバンドルバージョン(2.6.4 および 3.6.1)が含まれます。これらのいずれかまたは両方を選択するか、ReSharper オプション(Alt+R, O)のページで NUnit のローカルインストールを指定できます。サポート...

単体テストセッション | ReSharper

アプリケーションの特定の部分を対象とする単体テストを複数の単体テストセッションにグループ化できます。単体テストセッションには、さまざまなプロジェクトからの、サポートされているさまざまなフレームワークのテストを含めることができます。複数のテストセッションを持ち、必要に応じて別々に実行できます。単一のテスト / テストクラスを複数の異なるテストセッションに含めることができます。ユニットテストセッションにアクセスする:ユニットテストセッションの管理は Unit Test Sessions ウィンドウで...

Unit Test Sessions ウィンドウ

ReSharper は、単体テストセッションウィンドウで単体テストを実行します。現在のドキュメントまたはプロジェクトやソリューションからテストを実行すると、ウィンドウが自動的に表示されます。詳細については、単体テストセッションを参照してください。このウィンドウは、複数の単体テストセッションを同時に、独立して実行できるように設計されています。セッションは、任意の組み合わせのテストで構成できます。デバッグモードでは、一度に実行できるセッションは 1 つだけです。ユニットテストツリーには、セッションに...

現在のドキュメントで単体テストを処理する | ReSharper

現在のドキュメントでテストを見つける:ReSharper はサポートされているすべてのフレームワークの単体テストクラスと単体テストをエディター内で発見し、エディター内の各項目の横に対応するアクションインジケータを追加します。... そしてファイル構造ウィンドウ: — このメソッドは単体テストであり、実行およびデバッグできます。 — このクラスは単体テストクラスであり、テストを含むテストを実行およびデバッグできます。 — 最後の実行中に合格した単体テスト。 — 最後の実行中に渡された単体テストクラスのテ...