ReSharper 2020.1ヘルプ

dotCoverを使用したコードカバレッジの分析

ReSharper Ultimateライセンスを持っている場合は、JetBrains dotCoverを使用して単体テストのカバレッジ(ソリューションのコードが単体テストでカバーされる程度)を分析できます。

dotCoverを有効にすると、カバーユニットテスト Cover Unit Tests Ctrl+T,H コマンドがユニット・テストの実行 Run Unit Tests Ctrl+T,R / ユニット・テストのデバッグ Debug Unit Tests Ctrl+T,D コマンドとともに表示されます。このコマンドを使用して、エディターソリューションエクスプローラー、または単体テストセッションから単体テストのカバレッジ分析を実行できます。

カバレッジ結果の分析の詳細については、dotCover ヘルプ: カバレッジ結果の操作を参照してください。

最終更新日: 2020年7月2日

関連ページ:

現在のドキュメントで単体テストを処理する

ユニットテストの支援は、他のJetBrains .NET製品を拡張することができます:ユニットテストをプロファイルできdotTraceとでユニットテストのコードカバレッジ分析dotCoverを。これらの製品はReSharper Ultimateにも含まれています。現在のドキュメントでテストを見つける...

プロジェクトまたはソリューションでユニットテストを使用する

ユニットテストの支援は、他のJetBrains .NET製品を拡張することができます:ユニットテストをプロファイルできdotTraceとでユニットテストのコードカバレッジ分析dotCoverを。これらの製品はReSharper Ultimateにも含まれています。ReSharperの単体テストランナ...

単体テストセッション

ReSharperの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだ...

単体テストのコード品質を維持する

最も強力なReSharper機能の1つであるコードインスペクションは、単体テストを作成するときに役立ちます。数百の汎用インスペクションに加えて、単体テストに固有の課題を対象とする専用のインスペクションも多数あります。NUnit (16 インスペクション):これらのインスペクションは、NUnitテスト...