ReSharper 2020.1ヘルプ

テンプレートパラメータの宣言

Code templates can adjust to the surrounding context or even act interactively when you apply them. All this is done with template parameters and テンプレートマクロ

You can define and edit template parameters in the テンプレート・エディター . As soon as you type a parameter (prefixed and suffixed with $ ), it becomes available in the パラメーター section to the right of the text area 変数の編集 dialog . You can then configure its behavior by clicking マクロを選択 :

ReSharper: Template editor

テンプレート内の任意のパラメータを複数回使用できます。それらの値は、テンプレートが適用されるときに同期されます。

Declare a template parameter

  1. テンプレートの新規作成 or open an existing template for editing.

  2. テンプレートエディターのテキスト領域にパラメータ $parameter_name$ を入力します。

  3. To define a macro that calculates parameter value, find the parameter in the パラメーター section to the right of the text area 変数の編集 dialog and click マクロを選択 . If a macro is already defined, you can click its hyperlink to switch to another macro.

  4. In the マクロダイアログを選択 that appears, select a macro from the list and click OK . If the selected macro has a macro-parameter, is is displayed in bold in the マクロを選択 dialog (for example, format or type). In this case, after you choose a macro, a text field or a selector appears under the template parameter. You can specify the macro-parameter there.

  5. If you want the parameter to be editable, the Editable checkbox next to it should be enabled (which it is by default). Depending on the number of parameter occurrences within the template, do one of the following:
    • パラメータがテンプレートで一度だけ使用されている場合は、チェックボックスが選択されていることを確認してください。

    • パラメータが複数回テンプレート内で使用されている場合、コンボボックスが表示され、編集可能な出現箇所の連続番号を選択できます。この数値は、テンプレートがホットスポットセッションでデプロイされたときに入力フォーカスが設定されるパラメータの出現を指定します。数字の前に「M」などの文字が付いていることに気付くかもしれません。これらの文字は、マルチファイルテンプレートのどのファイルでこのパラメータに入力フォーカスを設定するかを定義します。'M' はメインファイルに残り、すべてのテンプレートに表示されます。

  6. オプションで、パラメーター領域で新しく宣言されたパラメータを選択し、上下の矢印を使用してパラメータの順序を変更することができます。パラメータのリスト内の位置は、テンプレートが適用されたときのホットスポットセッション中にパラメータが切り替えられる順序を定義します。これは編集可能なパラメータにのみ影響します。

  7. テンプレートを保存するには、Visual Studioメニューでファイル | 選択した項目を保存を選択するか、Ctrl+Sを押します。

最終更新日: 2020年5月26日

関連ページ:

テンプレート・パラメーター

コードテンプレートの本体には、次のものが含まれます。ソースコードの構造とコメントを表すプレーンテキスト。テンプレートを適用するとそのまま挿入されます。Template parameters that are replaced dynamically when you apply the templa...

テンプレートマクロ

コードテンプレートを適用すると、ReSharperはいくつかの値でテンプレートパラメーターを初期化します。これらの値を計算するために、テンプレートマクロを使用します。テンプレートマクロは、周囲のコンテキスト(たとえば、現在のファイル名、現在のソリューション名、名前空間、クリップボードコンテンツなど)...

テンプレート・エディター

テンプレート・エディターhelpscreatingandeditingcode templates. Template Editor opens in a new document tab so that you can switch between the template and the app...

ライブ/サラウンドテンプレートを作成する

ライブ/サラウンドテンプレートは、既存のファイルにコードを生成するために使用できます(テンプレート本文にパラメーターがある場合)。ステートメントなどのテンプレートコードでコードフラグメントを囲むために使用できます。各ライブテンプレートは、ショートカット(foreachなどの短い文字列)で識別され、エ...

マクロダイアログを選択

ReSharper | ツール | テンプレートエクスプローラー[テンプレートタイプ] | [テンプレート] | テンプレートの編集 | [テンプレートパラメータ] | マクロを選択 (マクロ変更)This dialog helps specify atemplate macrothat ReSha...

ホットスポットセッション

ReSharperの多くの機能は、エディターでコードのブロックを挿入または置換します。このブロックを完了するためにユーザー入力が必要な場合、これらの機能は多くの場合インタラクティブに機能するため、ReSharperはコードブロックの挿入直後に利用可能なすべての提案と変更をガイドします。これが発生する...