ReSharper 2019.3ヘルプ

ソースコードからライブ/サラウンドテンプレートを作成する

ReSharper | ツール | 選択からライブテンプレートを作成...
ReSharper_BuildTemplateFromSelection

ReSharperを使用すると、ソースコードの断片に基づいてライブ/サラウンドテンプレートを作成できます。ReSharperはいくつかのフィールドを自動的にテンプレートパラメータに変換します。

コードフラグメントからライブ/サラウンドテンプレートを作成するには

  1. エディターで、テンプレートを作成するコードブロックを選択します。

  2. メインメニューでReSharper | ツール | 選択からライブテンプレートを作成...を選択します。

  3. 表示される新しいテンプレートのフィールドとコンテキストの選択ダイアログで、ReSharperは新しいテンプレートの下書きを提案し、いくつかのフィールドを自動的にテンプレートパラメータに変換します。

    ReSharper: Select Fields and Context for New Template

  4. テンプレートパラメータセクションにエントリが含まれている場合は、テンプレート・テキスト領域でそれらが使用されている場所と置換されている場所を確認できます。

  5. いくつかのパラメータが不要であると思われる場合は、元のコードが代わりに使用されるようにそれらの選択を解除することができます。パラメータを選択または選択解除すると、それに応じてテンプレート・テキストビューが変わります。推奨されるテンプレートパラメータを使用するかどうかわからない場合は、テンプレート・パラメーターセクションを調べましょう。また、次の手順で作成したテンプレートに他のパラメータを追加することもできます。

  6. コンテキストリストで、新しいテンプレートを適用できるスコープを選択します。

  7. 作成と編集をクリックします。

  8. 新しいテンプレートがテンプレート・エディターで開かれるため、ライブ/サラウンドテンプレートを作成するセクションに従って作成を進めることができます。

最終更新日: 2019年12月12日

関連ページ:

テンプレート・パラメーター

コードテンプレートの本体には、次のものが含まれます。ソースコードの構造とコメントを表すプレーンテキスト。テンプレートを適用するとそのまま挿入されます。テンプレートを適用すると動的に置き換えられるテンプレートパラメータ。テンプレートパラメータの形式は次のとおりです。-は任意の識別子です。フォーマットが...

テンプレートパラメータの宣言

コードテンプレートは周囲の状況に合わせて調整したり、適用したときに対話的に動作したりすることもできます。これはすべてテンプレートパラメータとテンプレートマクロで行われます。テンプレート・エディターでテンプレートパラメータを定義および編集できます。パラメータ(の接頭辞と接尾辞)を入力すると、すぐにテキ...

テンプレートスコープ

ReSharperは、コードテンプレートを利用できる範囲をいくつか定義します。スコープは、特定のコードテンプレートの使用を関連するコンテキストに限定できます。例:事前定義されたライブテンプレートitar(配列の反復)は、C# 2.0+ステートメントではデフォルトで利用可能です。これは、この特定の範囲...

テンプレート・エディター

テンプレート・エディターはコードテンプレートの作成と編集を手助けします。テンプレートエディターが新しいドキュメントタブに表示されるため、テンプレートとアプリケーションコードを切り替えて、作成したテンプレートをすばやくテストできます。テンプレートエディターは、キーワード、コメントなどの基本的なコードの...

ライブ/サラウンドテンプレートを作成する

ライブ/サラウンドテンプレートは、既存のファイルにコードを生成するために使用できます(テンプレート本文にパラメーターがある場合)。ステートメントなど、テンプレートコードでコードフラグメントを囲むために使用できます。各ライブテンプレートは、ショートカット(foreachなどの短い文字列)で識別され、エ...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...