ReSharper 2021.1 ヘルプ

テンプレートからファイルを作成する

ReSharper | 編集 | 新規ファイルの作成...
Alt+Control+Insert
ReSharper_GenerateFileBesides

ReSharper を使用すると、ファイルテンプレートに基づいてクラス、インターフェース、構造体、その他のファイルを作成できます。作成されると、新しいファイルがプロジェクトに追加され、エディターで開きます。このファイルには、テンプレートで指定されたソースコードが含まれています。

テンプレートから新しいファイルを作成する

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • ソリューションエクスプローラーでは、テンプレートから新しいファイルを作成するノードを選択します。

    • エディターで開いているコードファイルにキャレットを配置します。この場合、新しいファイルが作成され、現在のファイルの隣に配置されます。

  2. Alt+Control+Insert を押すか、メインメニューの ReSharper | 編集 | 新規ファイルの作成... を選択します。

  3. クイックアクセスリストクラスインターフェース構造体などを選択するか、カスタムアイテム(利用可能な場合)を選択します。クイックアクセスリストに追加されていないカスタムファイルテンプレートを使用する場合は、さらにを選択します。

  4. さらにを選択した場合は、テンプレートの選択ダイアログが表示され、目的のテンプレートを選択できます。オプションでテンプレートをクイックアクセスリストに導入するには、テンプレートの選択ダイアログでエントリを選択し、ダイアログの下部でクイックリストに追加チェックボックスをオンにしてから OK をクリックします。

  5. 表示される作成: [ テンプレートの名前 ] ダイアログで、新しいファイルの名前を指定し、OK をクリックします。

  6. 新しく作成されたファイルが選択された場所に追加され、エディターで開きます(マルチファイルテンプレートの場合、いくつかのファイルが作成されて開きます)。

  7. テンプレートに編集可能なパラメーターがある場合(つまり、ユーザー入力が必要な場合)、ReSharper はホットスポットセッションをエディターにデプロイし、最初のパラメーターに入力位置を設定します。次に下記の操作を実行できます。
    • ReSharper が現在のパラメーターの値を提案している場合は、UpDown の矢印キーを使用して推奨値のリストをナビゲートするか、目的の値を入力してください。

    • Tab または Enter を押して値を受け入れ、次のパラメーターの入力位置に移動します。これが最後のパラメーターである場合、ホットスポットセッションは完了し、キャレットはセッション用に定義された終了位置に移動します。

    • Shift+Tab を押すと、入力フォーカスが前のパラメーターの入力位置に移動します。

    • Esc を押してホットスポットセッションを終了します。この場合、すべてのセッションパラメーターはデフォルト値で初期化されます。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

ファイルテンプレートを作成する

ファイルテンプレートは、型宣言、単体テストなどの定義済みコードで 1 つ以上の新しいファイルを作成するために使用されます。ファイルテンプレートにはショートカットはなく、説明によって識別されます。詳細については、テンプレートからファイルを作成する \ およびマルチファイルテンプレートを作成するを参照してください。新しいファイルテンプレートは、他の開発者がすぐに利用できます。必要に応じて、チーム共有レイヤーを含むさまざまな設定レイヤーに新しいコードテンプレートを作成できます。必要に応じて、後でチーム共...

テンプレートの選択ダイアログ | ReSharper

テンプレートの選択ダイアログでは、ファイルテンプレートテンプレートを選択して適用できます。このダイアログでは、クイックアクセスリストに追加されていないものも含め、現在のコンテキストまたは現在のプロジェクトタイプで使用可能なすべてのテンプレートが表示されます。既存のテンプレートから新しいファイルを作成するには、OK をクリックします。ダイアログの左側にあるテンプレートの範囲とカテゴリを使用してテンプレートをソートし、次にダイアログの右側に適用するテンプレートを選択して OK をクリックします。オプション...

マルチファイルテンプレートを作成する | ReSharper

ファイルテンプレートは、テンプレートを適用するときに複数のファイルを作成できます。これは、関連するデータが別のファイルに保存されている場合に役立ちます。マルチファイルテンプレートについて知っておくべきことがいくつかあります: ファイルテンプレートには常に 1 つのメインファイルと、オプションで任意の数のセカンダリファイルが含まれます。任意のファイルテンプレートにセカンダリファイルを追加すると、すぐに複数のファイルテンプレートが作成されます。セカンダリファイルを追加するときは、既存のファイルテンプレ...

ASP.NET MVC 特有の機能 | ReSharper

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト:ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト: コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための専用コード補完: ナビゲーションと検索:さまざまなナビゲーション機能がアクションとコントローラーでも機能します。コード生成:使用箇所から新しいコントローラーとアクションを作成する: 最終...

言語による ReSharper: MS ビルド | ReSharper

MSBuild は、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定の XML タグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharper を使用すると、より速く行うことができます。コード検査:あらかじめ定義された要素またはその属性の名前を誤って入力した場合、ReSharper はそのような不一致についてハイライト表示します。まだ定義されていないプロパティを参照しようとすると、ReSharper はそのようなケースも検出します。MSBuild...

言語による ReSharper: Google プロトコルバッファ (プロトブフ) | ReSharper

ReSharper は、Google プロトコルバッファ(Protobuf)バージョン 2.x および 3.0 の .proto ファイルで IDE サポートを提供します。ReSharper は、.proto ファイルの言語構文をハイライトし、エラーを検出してハイライトします。基本コード補完と他のタイピング支援機能はエディターで利用可能です。型と値の宣言に行き、それらの用法を検索し、他のナビゲーション機能を楽しむことができます。Protobuf コードを再フォーマットしてシンボルの名前を変更することも...