ReSharper 2020.2ヘルプ

文化間のナビゲーション

ReSharperを使用すると、カルチャ階層の上下にカルチャ間を移動できます。それは、どのリソース項目がオーバーライドされ、どこでオーバーライドされるかを確認します。異なるカルチャのリソース定義間を移動する最も簡単な方法は、リソースエントリの左側に表示されるアクションインジケータを使用することです。

アクションインジケーターを使用してカルチャ間を移動する

  1. XML(テキスト)エディターで.resxファイルを開きます。

  2. 複数のカルチャーで定義されている各リソースについて、リソースエントリの左側にアクションインジケータが表示されます。

  3. アクションインジケータの上にカーソルを置くと、どのリソースエントリが上書きされ、上書きされるのかを確認できます。undefined

    ReSharper: Navigation between cultures using action indicator

  4. 特定のカルチャのリソースの定義に移動するには、アクションインジケーターをクリックして、目的のカルチャを選択します。

派生シンボルに移動コマンドを使用するとカルチャに依存しないリソースファイル内のリソースエントリからカルチャ固有のリソースファイル内の対応するエントリに移動できます。ベースシンボルへ移動コマンドを使用するとその逆も可能です。

ベースリソースエントリに移動する

  1. XML(テキスト)エディターで.resxファイルを開きます。

  2. キャレットをリソース名で設定します。

  3. Control+U を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | ベース・シンボルを選択します。または、Control+Shift+Aを押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そこで選択することもできます。

  4. 2つ以上のベースリソース宣言がある場合は、リストでそれらの1つを選択します。

派生リソースエントリに移動する

  1. XML(テキスト)エディターで.resxファイルを開きます。

  2. キャレットをリソース名で設定します。

  3. Alt+Control+B を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | 派生シンボルを選択します。または、Control+Shift+Aを押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そこで選択することもできます。

  4. 派生エントリが2つ以上ある場合は、リストからそれらの1つを選択します。

実装に移動コマンドを使用して、すべてのカルチャ内の特定のリソースのすべての定義に移動することもできます。

リソースの実装に移動する

  1. XML(テキスト)エディターで.resxファイルを開きます。

  2. キャレットをリソース名で設定します。

  3. Control+Shift+Alt+B を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | 実装に移動を選択します。または、Control+Shift+Aを押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そこで選択することもできます。

  4. リソースの実装が2つ以上ある場合は、リストから1つを選択します。

最終更新日: 2020年5月08日

関連ページ:

アクションインジケータとアクションリスト

ReSharperがVisual Studioテキストエディターに追加する最も注目すべきものには、アクションインジケータとアクションリストがあります。これらは、ReSharperでサポートされるすべてのファイル(C#、VB.NET、XML、CSS、JavaScript、ASP.NETなど)に表示され...

派生シンボルに移動

ReSharper | ナビゲート | 派生シンボルこのコマンドは、現在のシンボルのすべての派生シンボルのリストを取得し、継承階層を下にしてそれらの1つに直接ナビゲートすることができます。同様のコマンド実装に移動があります。このコマンドは、継承チェーンの中間ステップを使用せずに、実装のみをリストして...

ベースシンボルへ移動

ReSharper | ナビゲート | ベース・シンボルThis command allows you to navigate up the inheritance hierarchy to a base type or method of the current symbol. You can i...

実装に移動

ReSharper | ナビゲート | 実装に移動このコマンドを使用すると、基本タイプまたはメンバーから継承チェーンの中間ステップをバイパスして、その終了実装のいずれかにジャンプすることができます。つまり、派生シンボルに移動と同様に動作しますが、抽象クラスやインターフェースは表示されません。Alte...

コードとResxファイル間のナビゲーション

ReSharperのナビゲーション機能(シンボルの使用箇所にジャンプと宣言に移動)を使用すると、.resxファイル内のリソースの実装とコードファイル内のそれらの使用箇所の間を移動できます。宣言から使用箇所に移動するXML(テキスト)エディターで.resxファイルを開きます。キャレットをリソースの名前...

リソースの使用箇所の検索

ソリューション内のリソースエントリまたはリソースファイルのすべての用途を参照する必要がある場合は、使用箇所の検索コマンドを使用できます。リソースエントリの使用箇所を見つけるコードファイルのリソース使用量にキャレットを設定します。または.resxファイルのリソース名で:、を押すか、メインメニューからを...