ReSharper 2020.1ヘルプ

ローカライゼーションアシスタンス

ローカライズ可能なプロジェクトで作業する場合、ローカライゼーションマネージャーを使用して、ソリューション内のすべてのリソースを明らかにし、特定のリソースと欠落しているカルチャを見つけ、新しいリソースとカルチャを作成します。

Apaft from that, the most familiar editor features are also available for the internationalization of your solution when you work with resource files ( .resx ) and resource usages in C# and VB.NET code, as well as in ASP.NET and XAML markup.

コード検査は、ローカライズ可能な文字列、リソースファイルの課題などを検出します。ほとんどの課題について、1つ以上のクイックフィックスを提供します。

コードファイルおよびリソースファイルから、カルチャ階層内でカルチャ間を移動できます。ReSharperは、リソースエントリが上書きする内容と上書きする場所を求めます。

プロジェクトの国際化を非常に簡単にするリソース関連のリファクタリングがたくさんあります。

ローカライズ支援のケーキのアイシングは、リソースのためのコード補完 (IntelliSense)クイック・ドキュメント機能のサポートです。

本セクション:

このセクションの記事を閲覧するには、目次ナビゲーションを使用してください。

最終更新日: 2020年5月08日

関連ページ:

ローカライゼーションマネージャー

ReSharper | Windows | ローカライゼーションマネージャーLocalization Managerは、アプリケーションのローカライズを支援します。ローカライズ可能なリソースを単一のグリッドで表示および編集できるため、ローカライズ可能な文字列を追加/編集/名前変更し、不足しているロー...

コードインスペクションでコードの課題を見つける

Static code analysis in ReSharper is calledコード・インスペクションand performed by applying over 2300individual code inspectionsto your code in all supported lan...

ローカライゼーションインスペクションとクイックフィックス

ReSharper provides a number of code inspections that help you localize your application by detecting localizable strings, problems with resources and

ローカライゼーションリファクタリング

ReSharperは、プロジェクトの国際化を大幅に簡素化する一連のリソース関連のリファクタリングを提供します。リソースに移動:プロジェクトの内部化に取り組むときは、ローカライズ可能な文字列をリソースファイルに格納するのが一般的です。ReSharperはローカライズ対象の文字列を検出して強調表示するた...

クイック・ドキュメント

ReSharper | 編集 | クイックドキュメントを表示するReSharperを使用すると、エディター内のシンボルのドキュメントをすばやく確認できます。エディターでシンボルの使用箇所の上にマウスを移動すると、簡単な説明を含むポップアップが表示されます。ライブラリシンボルの場合、ポップアップでAl...

プロジェクト固有のプロパティを構成する

ReSharper | 編集 | プロジェクト項目のプロパティを編集するReSharperの設定のメインセット(ReSharper | オプションダイアログで設定)は、グローバルまたはソリューションごとに適用されます。各プロジェクトまたはフォルダーごとに個別に設定できる環境設定もあります。これらの設...