ReSharper 2021.1 ヘルプ

ローカライゼーションアシスタンス

ローカライズ可能なプロジェクトで作業する場合、ローカライゼーションマネージャーを使用して、ソリューション内のすべてのリソースを明らかにし、特定のリソースと欠落しているカルチャを見つけ、新しいリソースとカルチャを作成します。

それから、最も馴染みのあるエディター機能は、リソースファイル(.resx)および C# および VB.NET コード、ASP.NET および XAML マークアップでのリソース使用を操作する際のソリューションの国際化にも利用できます。

コード検査は、ローカライズ可能な文字列、リソースファイルの問題などを検出します。ほとんどの問題について、1 つ以上のクイックフィックスを提供します。

コードファイルおよびリソースファイルから、カルチャ階層内でカルチャ間を移動できます。ReSharper は、リソースエントリが上書きする内容と上書きする場所を求めます。

プロジェクトの国際化を非常に簡単にする resource-related リファクタリングがたくさんあります。

ローカライズ支援のケーキのアイシングは、リソースのためのコード補完 (IntelliSense)クイックドキュメント機能のサポートです。

本セクション:

関連ページ:

ローカライゼーションマネージャー | ReSharper

Localization Manager は、アプリケーションのローカライズを支援します。ローカライズ可能なリソースを単一のグリッドで表示および編集できるため、ローカライズ可能な文字列を追加 / 編集 / 名前変更し、不足しているローカライズされた値を見つけることができます。ローカライゼーションマネージャーを開くメインメニューからを選択します。ソリューションエクスプローラーでリソースファイルを右クリックし、ローカライゼーションマネージャーで開くを選択します。エディターでリソースの宣言または使用箇...

コードインスペクションでコードの問題を見つける | ReSharper

ReSharper の静的コード分析はコードインスペクションと呼ばれ、サポートされているすべての言語のコードに 2300 を超える個別のコードインスペクションを適用することによって実行されます。コードの問題はいくつかの方法で見つけることができます:ReSharper は、エディターで開かれたすべてのファイルについて、設計時に自動的にコードの問題を見つけてハイライトします。設計時コードインスペクションスコープは、ソリューション全体の分析を使用してソリューション全体に拡張できます。この場合、ソリュー...

ローカライゼーションインスペクションとクイックフィックス

ReSharper は、リソースファイル内のローカライズ可能な文字列、リソースの問題などを検出することにより、アプリケーションをローカライズするのに役立つ多数のコードインスペクションを提供します。これらのインスペクションは、オープンドキュメントの設計時にローカライゼーションの問題を検出し、ソリューション全体まで特定の範囲でローカライゼーションの問題を見つけることができます。設計時には、検出された問題があなたの注意を引くためにハイライトされます。ハイライトされた問題を解決するために、ReSharp...

ローカライゼーションリファクタリング | ReSharper

ReSharper は、プロジェクトの国際化を大幅に簡素化する一連のリソース関連のリファクタリングを提供します。リソースに移動:プロジェクトの内部化に取り組むときは、ローカライズ可能な文字列をリソースファイルに格納するのが一般的です。ReSharper はローカライズ対象の文字列を検出してハイライトするため、そのような文字列を簡単に見つけてソースコードからリソースファイルに移動できます。ReSharper は対応するリソースエントリを宣言し、コード内の文字列をリソース使用量に置き換えます。ロー...

プロジェクト固有のプロパティを構成する | ReSharper

ReSharper の設定のメインセット(ReSharper | オプションダイアログで設定)は、グローバルまたはソリューションごとに適用されます。各プロジェクトまたはフォルダーごとに個別に設定できる環境設定もあります。これらの設定は、プロジェクトアイテムのプロパティポップアップで利用できます。プロジェクトアイテムのプロパティポップアップは、ソリューションエクスプローラーでプロジェクトのコンテキストメニューからプロジェクト項目のプロパティを編集するを選択して呼び出すことができます。他の ReSh...