ReSharper 2020.2ヘルプ

ファイル構造ウィンドウ

ReSharper | Windows | ファイル構造
Control+F11

ReSharperでは、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。ファイルを簡単にナビゲートするために、プリプロセッサディレクティブはデフォルトで非表示になっています。

ファイル構造ウィンドウから、さらに多くのアクションにアクセスできます。利用可能なコマンドを確認するには、任意の記号を右クリックします。

ReSharper: File Structure window

ツールバー・コントロール

コントロール名前説明
ThemedIcon StatusAll Screen Gray pngすべてのテスト現在のテストセッションですべてのテストを表示します。
ThemedIcon Success Screen Gray png合格テスト成功したテストのみを表示し、他のすべてのテストを非表示にします。
ThemedIcon StatusFailedPassive Screen Gray png失敗したテスト失敗したテストのみを表示し、他のすべてのテストを非表示にします。
ThemedIcon Ignore Screen Gray png無視されたテスト無視されたテストのみを表示し、他のすべてのテストを非表示にします。対応する属性がある場合、またはテストが属するカテゴリ全体が無視される場合、テストは無視されます。
ThemedIcon ExpandAll Screen Gray png ThemedIcon CollapseAll Screen Gray pngすべて展開 / すべて縮小表示現在のタブのすべてのノードを展開/折りたたみます。
ThemedIcon Up Screen Gray png ThemedIcon Down Screen Gray png前へ / 次へ
Shift+F8 / F8
前/次の項目に移動し、それに応じてソースコードをスクロールします。
ThemedIcon Export Screen Gray pngエクスポートこのボタンをクリックして、現在ウィンドウに表示されているデータをテキスト形式でエクスポートするか、ドロップダウンセレクターを使用してデータをXMLまたはHTML形式でエクスポートします。表示されるデータのエクスポートダイアログは、データをファイルに保存したり、クリップボードにコピーしたりできます。
ThemedIcon SyncCaretToView Screen Gray pngエディターでのキャレットの追跡このボタンを押すと、エディター内のキャレットの位置に従ってウィンドウ内の項目が強調表示されます。
ThemedIcon SyncViewToCaret Screen Gray pngソースに自動的にスクロールこのボタンが押されると、エディターはファイルを開き、ウィンドウで選択された項目に従ってスクロールします。
ThemedIcon Enregion Screen Gray pngリージョンとのサラウンドC#およびVB.NETファイルでは、選択したシンボルを #regionで囲みます。
ウィンドウで1つまたは複数の隣接ノードを選択し、リージョンとのサラウンド ThemedIcon Enregion Screen Gray pngをクリックします。
リージョンフレームの右上隅にあるXマークをクリックして、ソースコードからリージョンを削除できます。左上隅の矢印を使用して、リージョンフレームを折りたたんだり展開したりすることもできます。
ThemedIcon Macro Screen SymbolsVs11Gray pngプリプロセッサディレクティブを表示C++では、現在のファイル内のすべてのプリプロセッサディレクティブを表示します。

コンテキスト・メニュー・コマンド

宣言ソースコード内の選択されたシンボルの宣言にナビゲートします%windowName%ウィンドウ内のノードをダブルクリックするのと同等です。
ベース・シンボル選択されたシンボルの基本型またはメソッドに移動します
派生シンボル選択されたシンボルの派生クラスまたはオーバーライドメソッドに移動します
リファクタリングアイテムで使用可能なリファクタリングのリストを表示する状況依存サブメニュー。
使用箇所の検索アイテムに対して使用箇所の検索コマンドを実行します。
使用箇所の検索 Advanced使用箇所の検索 Advancedを実行する
最終更新日: 2020年9月03日

関連ページ:

シンボルから移動

任意のコードシンボルから、ReSharperは宣言、実装、用途などにあなたを導くことができます。エディター、ファイル構造ウィンドウ、その他のReSharperツールウィンドウからシンボルの使用や宣言からナビゲーションを開始することができます。ナビゲーションの範囲は、ソリューション全体のシンボルとファ...

使用箇所の検索のシンボル

ReSharper | 検索 | 使用箇所の検索このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の1つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造...

現在のドキュメントで単体テストを処理する

ユニットテストの支援は、他のJetBrains .NET製品を拡張することができます:ユニットテストをプロファイルできdotTraceとでユニットテストのコードカバレッジ解析dotCoverを。これらの製品はdotUltimateライセンスに含まれています。現在のドキュメントでテストを見つける:Re...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、ReSharperは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常に...

データのエクスポートダイアログ

ReSharper | [ツールウィンドウ] | エクスポートデータのエクスポートは、エクスポートされたデータをファイルに保存したり、データをクリップボードにコピーするのに役立つ補助ダイアログです。選択したエクスポートオプションに応じて、ダイアログにテキスト、XMLまたはHTMLデータが表示され、書...

宣言に移動

ReSharper | ナビゲート | 宣言に移動このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、およびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)に移動するには、...