ReSharper 2024.1 ヘルプ

テキストエディターの ReSharper コントロール

ReSharper のコーディング支援機能(たとえば、補完リストクイックドキュメントポップアップ)によって生成されるさまざまな動的コントロールに加えて、ReSharper は Visual Studio テキストエディターに次のものを追加します。

ReSharper controls in Visual Studio editor
  1. 使用可能な ReSharper アクションを表示するアクションバー

  2. 特定のコード行または現在のキャレット位置に対してアクションが使用可能かどうかを通知するアクションインジケータ

  3. アクションリストは、現在のキャレット位置で使用可能なアクションのリストを示します。

  4. ユーザーの支援が必要なアクションを完了するのに役立つホットスポットセッション

  5. ステータスインジケータは、現在のファイルにコードの問題があるかどうかをすばやく確認できます。

  6. マーカーバーは、デフォルトでは特定の行でコードの問題が検出されたことを示します。

関連ページ:

コーディング支援

ReSharper はさまざまなコーディング支援機能を提供します。これにより、コードの記述と編集がはるかに高速になり、生産性が向上し、時間を節約できます。ReSharper のコーディング支援機能のほとんどは、C# と Visual Basic で利用できます。一部は複数の言語で利用でき、その他は言語固有です。以下の表は、すべてのコーディング支援機能と、それらがサポートされている言語 / テクノロジを示しています。このセクション内のトピックに示されている手順と例では、C# のコーディング支援機能...

クイックドキュメント

ReSharper を使用すると、エディター内でシンボルのドキュメントをすばやく確認できます。シンボルがサポートされている形式 (C# の XML-docs など) でドキュメント化されている場合、すべてのドキュメントが適切な形式で表示されます。それ以外の場合は、基本的なシンボル情報が表示されます (完全なメソッドシグネチャーまたは型の可視性と名前空間など)。シンボルのクイックドキュメントを表示キャレットを配置するエディターのシンボル参照、ファイル構造ウィンドウまたはその他の ReSharper...

アクションインジケーターとアクションリスト

ReSharper が Visual Studio テキストエディターに追加する最も注目すべきものの中には、アクションインジケータとアクションリストがあります。これらは、ReSharper でサポートされているすべてのファイル(C#、VB.NET、XML、CSS、JavaScript、ASP.NET など)に表示され、使用可能なアクションについて通知し、適用できます。アクションインジケータ:アクションインジケーターは、設定に応じて、アクションバー、テキストエディターの左マージンおよび / また...