ReSharper 2019.3ヘルプ

テンプレートエクスプローラーウィンドウ

ReSharper | ツール | テンプレートエクスプローラー

テンプレートエクスプローラーウィンドウにはすべてのコード・テンプレートが一覧表示され、作成、編集およびコードテンプレートの管理に必要なコントロールが提供されます。

このウィンドウには、3種類のReSharperテンプレートを管理するための3つのタブがあります。

ライブ・テンプレート

このタブはライブテンプレートを管理するために使用されます。さまざまな言語のテンプレートを参照できます。左側には、テンプレートスコープとユーザーカテゴリがあります。右側には、選択したスコープとカテゴリでフィルタリングされたテンプレートのリストが表示されます。

Reference Templates Explorer Live Templates
下部には、選択したテンプレートの内容を表示するプレビュー領域、およびテンプレートを管理するための一連のボタンを含むツールバーもあります。

サラウンドテンプレート

このタブはサラウンドテンプレートを管理するために使用されます。それは異なる言語のために利用可能なテンプレートを閲覧することを可能にします。左側にはテンプレートスコープとユーザーカテゴリがあります。右側には、選択した範囲とカテゴリによってフィルタ処理されたテンプレートのリストが表示されます。右側のテンプレートは、クイックアクセスリストに追加されているかどうかに応じて、クイックリストクイックリストにないの2つのグループに分けられます。

Reference Templates Explorer Surround Templates
下部には、選択したテンプレートの内容を表示するプレビュー領域、およびテンプレートを管理するための一連のボタンを含むツールバーもあります。

ファイル・テンプレート

このタブはファイルテンプレートを管理するために使用されます。それは異なる言語のために利用可能なテンプレートを閲覧することを可能にします。左側にはテンプレートスコープとユーザーカテゴリがあります。右側には、選択した範囲とカテゴリによってフィルタ処理されたテンプレートのリストが表示されます。右側のテンプレートは、クイックアクセスリストに追加されているかどうかに応じて、クイックリストクイックリストにないの2つのグループに分けられます。

Reference Templates Explorer File Templates
下部には、選択したテンプレートの内容を表示するプレビュー領域、およびテンプレートを管理するための一連のボタンを含むツールバーもあります。

ツールバー・コントロール

コントロール

名前

説明

このレイヤーに保存されているテンプレートのみを表示し、このレイヤーに新しいテンプレートを作成する設定レイヤーを指定します。設定レイヤーの詳細については、「ReSharper設定の管理と共有」を参照してください。

ThemedIcon Filter Screen Gray フィルタテンプレート

ユーザレイヤーが選択されているときに定義済みのテンプレートを表示することを許可します。既定では、セレクターでスマートオプションが選択されている場合にのみ、定義済みのテンプレートが表示されます。

ThemedIcon Settings Screen Gray レイヤーの管理

設定レイヤーダイアログを開き、設定レイヤーを管理します。

ThemedIcon AddLiveTemplate Screen Gray 新規テンプレート

新しいテンプレートを作成するためにテンプレート・エディターを開きます。

ThemedIcon NewFolder Screen Gray 新規カテゴリー

選択したテンプレートを新しいカテゴリに入れます(単一のテンプレートは複数のカテゴリに割り当てることができます)。詳細は、テンプレートを整理するを参照してください。

ThemedIcon Edit Screen Gray テンプレートの編集

選択したテンプレートを編集するためのテンプレート・エディターを開きます。

ThemedIcon Remove Screen Gray 削除

選択したテンプレートまたはカテゴリを削除します。

ThemedIcon Import Screen Gray インポート

XMLファイルからテンプレートをインポートします。詳細は、テンプレートのインポートとエクスポートを参照してください。

ThemedIcon Export Screen Gray エクスポート

テンプレートをXMLファイルにエクスポートします。詳細は、テンプレートのインポートとエクスポートを参照してください。

最終更新日: 2020年1月17日

関連ページ:

コード・テンプレート

ReSharperコードテンプレートを使用すると、事前定義済みのコード構成体をすばやく生成できます。すぐに使えるさまざまな言語用のテンプレートが多数ありますが、新しいテンプレートを作成したり、既存のテンプレートを編集したり、簡単に管理したりすることもできます。さらに、ReSharperは開発者のチー...

テンプレートスコープ

ReSharperは、コードテンプレートを利用できる範囲をいくつか定義します。スコープは、特定のコードテンプレートの使用を関連するコンテキストに限定できます。例:事前定義されたライブテンプレートitar(配列の反復)は、C# 2.0+ステートメントではデフォルトで利用可能です。これは、この特定の範囲...

ファイルテンプレートの作成

ファイル・テンプレートは、型宣言、単体テストなどの定義済みコードで1つ以上の新しいファイルを作成するために使用されます。ファイルテンプレートにはショートカットはなく、説明によって識別されます。詳細については、テンプレートからファイルを作成する\およびマルチファイルテンプレートを作成するを参照してくだ...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

設定レイヤーダイアログ

設定レイヤーダイアログはReSharperオプションを管理するための中央コントロールパネルです。現在のソリューションで利用可能なすべての設定レイヤーが表示され、これらの設定を管理するためのコントロールが提供されます。このダイアログには、次のコントロールがあります。インポート元選択した設定レイヤーから...

テンプレート・エディター

テンプレート・エディターはコードテンプレートの作成と編集を手助けします。テンプレートエディターが新しいドキュメントタブに表示されるため、テンプレートとアプリケーションコードを切り替えて、作成したテンプレートをすばやくテストできます。テンプレートエディターは、キーワード、コメントなどの基本的なコードの...