ReSharper 2020.1ヘルプ

設定レイヤーダイアログ

ReSharper | オプションの管理
ReSharper | オプション | 管理

設定レイヤーダイアログはReSharperオプションを管理するための中央コントロールパネルです。現在のソリューションで利用可能なすべての設定レイヤーが表示され、これらの設定を管理するためのコントロールが提供されます。

ReSharper. 'Setting Layers' dialog

このダイアログには、次のコントロールがあります。

インポート元

選択した設定レイヤーから設定をインポートおよびエクスポートするためのコマンドのリストを提供します。

コピー先の設定

このリストを使用すると、選択したレイヤーから他のレイヤーに設定をコピーできます。

すべての設定をリセットする

すべての設定レイヤーのすべての設定値をクリアします。このコマンドを適用すると、ReSharperはデフォルト設定レイヤーで定義された値を適用します。
このコマンドには注意してください。他の設定と合わせて、構造検索と置換のカスタムコード・テンプレートとカスタムパタンを失います。

レイヤーを追加する ThemedIcon AddedParameter Screen Gray

このボタンを使用すると、新しい設定レイヤーを作成するか設定ファイルを開いて、カスタム設定レイヤーを追加できます。

レイヤーの編集 ThemedIcon Settings Screen Gray

特定のレイヤーの横にあるこのボタンをクリックしてレイヤーモードオプションダイアログを開き、このレイヤーの設定値を設定します。レイヤーモードは、オプションダイアログで左上隅に表示されているレイヤーの名前で示されます

ReSharper: Options for layer

上に移動/下に移動

これらのボタンを使用すると、デフォルトのレイヤーグループ内のカスタム設定レイヤーを上下に移動できます。レイヤーを移動することによって、レイヤーが適用される順序が変更され、互いにオーバーライドされます。これらのボタンは、カスタムレイヤーが選択されている場合にのみアクティブになります。デフォルト設定のレイヤーを移動することはできません。

オプション

ReSharper設定を構成できるオプションダイアログを開きます。

最終更新日: 2020年7月2日

関連ページ:

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

構造検索と置換

場合によっては、正規表現に一致する特定のシンボルやテキストの出現を検索するなどの標準的な検索方法では、目的の結果が得られない場合があります。例:プロジェクトに固有のコードの匂いを見つけたり、リファクタリングする必要があるコードを見つける必要があるかもしれません。ReSharperを使用すると、特定の...

コード・テンプレート

ReSharperコードテンプレートを使用すると、事前定義済みのコード構成体をすばやく生成できます。すぐに使えるさまざまな言語用のテンプレートが多数ありますが、新しいテンプレートを作成したり、既存のテンプレートを編集したり、簡単に管理したりすることもできます。さらに、ReSharperは開発者のチー...

検索プロパティダイアログ

このダイアログは、使用箇所の検索 Advancedコマンドの検索オプションを絞り込むのに役立ちます。それは3つの領域で構成されています。検索は、使用するために検索するシンボルと、実装する可能性がある任意の祖先を表示します。スコープでは、任意のシンボル(ソリューションとライブラリ、ソリューション、プロ...

正規表現の検証ダイアログ

その名前が示すように、このダイアログは、さまざまなテスト入力を使用して正規表現を検証できます。ダイアログは2つの場合に表示されます:ソースコード内の正規表現を検証することを選択した場合は、現在の正規表現を含むダイアログが開きます。メニューから開くと、式とテスト入力の両方を指定できるダイアログが空に表...