ReSharper 2020.3 ヘルプ

検索プロパティダイアログ

ReSharper | 検索 | 使用箇所の検索 Advanced
Shift+Alt+F7

このダイアログは、使用箇所の検索 Advanced コマンドの検索オプションを絞り込むのに役立ちます。

ReSharper. 'Search Properties' dialog

それは 3 つの領域で構成されています。

  • Search shows the symbol that you search usages for, along with any ancestors that it might implement.

  • Scope lets you choose one of four standard search scopes for any symbol ( ソリューションとライブラリ , ソリューション , プロジェクト , and 現在のファイル ).

  • Find contains several checkboxes to help you specify additional options for occurrences that will be shown in search results (see table below for sets of available checkboxes for any sort of symbols).

検索プロパティ: さまざまなシンボルのチェックボックスの利用可能性

使用箇所 メンバーの用途 派生型 委譲ターゲット テキストの出現 レイトバインド参照 1) インターフェースの拡張 実装 メソッドの実装 オーバーロードを含める 上書き…
クラス Supported Supported Supported Supported
定数 Supported Supported Supported
コンストラクター Supported Supported
委譲 Supported Supported Supported
列挙メンバー Supported Supported Supported
列挙型 Supported Supported Supported
イベント Supported Supported Supported Available 2)
フィールド Supported Supported Supported
ファイル Supported Supported Supported
インデクサー Supported Supported Supported Available 3) Available 4)
インターフェース Supported Supported Supported Supported Supported
メソッド (ベース) Supported Supported Supported Supported Available 5)
メソッド (上書き、スタンドアロン) Supported Supported Supported Available 6) Available 7)
名前空間 Supported Supported
演算子 Supported Supported Supported
パラメーター Supported Supported Supported
Properties Supported Supported Supported Available 8)
構造 Supported Supported Supported
型パラメーター Supported Supported
変数 Supported Supported Supported

1)遅延バインド参照は、実行時と同じくらい遅くに特定の型にバインドされているオブジェクトのメンバーへの参照です。遅延バインド参照は、VB.NET、ASP.NET、XAML で許可されています。バージョン 4.0 以降、レイトバインディングは dynamic キーワードを使用して C# でも使用できます。
例: 次の VB.NET サブルーチンの obj.DoSomething() は、実行前にサブルーチンに渡されたオブジェクトがメソッド DoSomething() を持っているかどうかが不明であるため、遅延バインディング参照です。

Option Strict Off Module LateBind Public Sub DoWork(ByVal obj As Object) obj.DoSomething() End Sub End Module

2) virtual 修飾子を持つイベントに使用可能です。(バック)

3)可能であれば。(バック)

4) virtual 修飾子を持つインデクサーに使用可能です。(バック)

5)可能であれば。(バック)

6)可能であれば。(バック)

7)可能ならば。(バック)

8)可能であれば。(バック)

関連ページ:

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、特定のスコープ内で、選択されたシンボルに何らかの形で関連するエンティティ(テキスト出現箇所、動的参照など)の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。現在のコンテキストから関連エンティティの使用箇所を検索するエディターのシンボルにキャレットを配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。を押すか、メインメニューのを選択します。開いている検索プロ

GAC から開くダイアログ

このダイアログは、グローバルアセンブリキャッシュ(GAC)内のアセンブリをブラウズし、開くアセンブリを選択できます。詳細は、グローバルアセンブリキャッシュからアセンブリを開くを参照してください。検索フィールドにアセンブリ名の一部を入力して、アセンブリアイテムをバッチ選択してアセンブリをフィルター処理することができます。CamelHumps(アセンブリ名のさまざまな部分が始まる大文字)を使用してください。例: AC アセンブリの一覧からを含む名前のアセンブリをすべて検索するには、と入力します。最終...

設定レイヤーダイアログ

設定レイヤーダイアログはReSharper オプションを管理するための中央コントロールパネルです。現在のソリューションで利用可能なすべての設定レイヤーが表示され、これらの設定を管理するためのコントロールが提供されます。このダイアログには、次のコントロールがあります。インポート元選択した設定レイヤーか