ReSharper 2020.1ヘルプ

オプション

ReSharper | オプション

オプションダイアログはReSharper設定の中心的な場所です。左上隅にある検索ボックスを使用して、目的の設定を見つけることができます。

設定は、次のカテゴリで構成されています。

ターゲットC#バージョンなど、一部のプロジェクト固有のプロパティは、Visual Studioのプロパティウィンドウ(英語)ReSharperプロパティグループで構成されます。

管理をクリックして、設定レイヤーの管理に役立つ設定レイヤーダイアログにアクセスします。詳細な手順については、ReSharper設定の管理と共有を参照してください。

最終更新日: 2020年7月2日

関連ページ:

環境

ReSharperオプションの環境セクションには、次のカテゴリとページがあります。一般、キーボード、エディターエディターの外観、エディターの動作、Visual Studioの機能、インレイ・ヒント、検索とナビゲーション、IntelliSense一般、自動ポップアップ、補完外観、

エディターの外観

このReSharperオプションのページでは、ReSharperの機能をエディターに表示する方法を調整できます。強調表示:現在行の強調表示このチェックボックスを選択すると、コードの操作中に現在の行が強調表示されます。Visual Studioのオプションで、を選択し、ReSharperの現在の行表示...

Visual Studioの機能

ReSharperオプションのこのページでは、Visual Studio機能との統合を構成できます。コマンドとメニュー:Visual StudioのリファクタリングをオーバーライドするメニューおよびコンテキストメニューからVisual Studioリファクタリングコマンドを非表示にします。また、ショ...

インレイ・ヒント

ReSharperオプションのこのページでは、C#、VB.NETおよびC++のインレイヒントを構成できます。インレイヒントの色はVisual Studioオプションで構成できます。に移動し、表示項目のリストでReSharperインレイヒントを見つけます。インレイヒントを表示するインレイヒント機能全体...

検索とナビゲーション

ReSharperオプションのこのページでは、ReSharperのナビゲートして検索に関連する機能を調整することができます。You can also configure features related tonavigation in compiled codeon the page of ReSh...

自動ポップアップ

このReSharperオプションのページでは、ReSharperの自動補完がさまざまな言語のさまざまなコンテキストでどのように機能するかを定義することができます。自動IntelliSenseポップアップを有効にするこのチェックボックスを使用して、自動補完を有効または無効にします。言語タブを使用すると...