ReSharper 2018.2ヘルプ

ホットスポットセッション

A lot of ReSharper features insert or replace blocks of code in the editor. If the user input is required to complete this block, these features can often act interactively so that ReSharper can guide you through all available suggestions and modifications right after the code block is inserted. When this happens, the editor temporarily turns into a hot spots session mode highlighting the editable parts (parameters of the session) for the inserted block. You can recognize the hot spot session by the red border that frames your input position at the first parameter.

ホットスポットセッションを呼び出すことができる機能のリストには、次のものがあります。

In the example below, the hot spot session is invoked by the itar (iterate an array) live template and the user input is needed to provide values for several parameters: a name of the index variable, the array to iterate over etc, Besides the current input position marked by the red frame (index variable i ), you can see other frames. So the following frames can appear in the hot spot session:

  • 赤い枠線は現在の入力位置をフレームします

  • 黒の枠線は、現在の入力位置と同じパラメータを持つフィールドを赤枠で入力すると同時に変化します。

  • 黄色の枠線の他のパラメータ

Hot spot session deployed

アクティブな入力位置を入力すると、同じパラメータを持つすべてのフィールドが一緒に変更されます。

Changing hot spot session parameter

多くの場合、ReSharperは現在のパラメータの値のリストを提案します:

Moving to the next template parameter

次のキーを使用して、セッションを終了して完了することができます。

  • ReSharperが現在のパラメータの値を示唆している場合は、 UpDown の矢印キーを使用して推奨値のリストをナビゲートするか、目的の値を入力してください。

  • Tab または Enter を押して値を受け入れ、次のパラメータの入力位置に移動します。これが最後のパラメータである場合、ホットスポットセッションは完了し、キャレットはセッション用に定義された終了位置に移動します。

  • Shift+Tab を押すと、入力フォーカスが前のパラメータの入力位置に移動します。

  • Esc を押してホットスポットセッションを終了します。この場合、すべてのセッションパラメータはデフォルト値で初期化されます。

最終更新日: 2018年11月28日

関連事項