ReSharper 2019.2ヘルプ

コードクリーンアップダイアログ

ReSharper | 編集 | コードのクリーンアップ
Ctrl+Alt+F
ReSharper_CleanupCode

The コードのクリーンアップ dialog helps you use available code cleanup profiles to clean up code in selected scope as well as create and edit your custom cleanup profiles.

Note that if you create or modify cleanup profiles in this dialog, your changes will be saved using the smart save logic. If you need to save your modifications to a shared settings layer, make your modifications on the コード編集 | コードのクリーンアップ page of ReSharper options, click 次へ保存 and then choose the desired settings layer.

ReSharper. Code Cleanup dialog

選択したクリーンアップ・プロファイルを実行および構成するには、以下のコントロールを使用します。

項目

説明

ツールバー・ボタン
ThemedIcon CodeCleanupOptionPage Screen Gray デフォルトとして設定

このボタンをクリックして、選択したプロファイルをサイレントクリーンアップに使用します。サイレントクリーンアップに使用されるプロファイルは、ThemedIcon CodeCleanupOptionPage Screen Gray アイコンでマークされています。

ThemedIcon Duplicate Screen Gray 複製

選択したプロファイルのコピーを作成するには、このボタンをクリックします。デフォルト設定の場合は、デフォルトのクリーンアップ・プロファイルの 1つを複製して、カスタム・クリーンアップ・プロファイルを作成する必要があります。新しいプロファイルが作成されるとすぐに、編集モードでクリーンアップタスクのリストを設定できます。

ThemedIcon Behaivior Screen Gray 構成

このボタンをクリックして、選択したカスタムプロファイルの編集モードを有効にします。デフォルトのプロファイル(フルクリーンアップコードスタイルの再フォーマットと適用コードの再フォーマット)は編集できません。

ThemedIcon Edit Screen Gray 名前変更

このボタンをクリックして、選択したカスタムプロファイルの名前を変更します。デフォルトのプロファイル(フルクリーンアップコードスタイルの再フォーマットと適用コードの再フォーマット)は名前を変更できないことに注意してください。

ThemedIcon Remove Screen Gray 除去

このボタンをクリックして、選択したカスタムプロファイルを削除します。デフォルトのプロファイル(フルクリーンアップコードスタイルの再フォーマットと適用コードの再フォーマット)は削除できません。

ThemedIcon Success Screen Gray 終了

このボタンをクリックして編集モードを終了し、選択したプロファイルのプレビューに戻ります。保存をクリックしない限り、変更は適用されないことに注意してください。

コマンド・ボタン
実行

ダイアログを開く前に選択したスコープ内の選択したクリーンアップ・プロファイルからすべてのタスクを実行するには、このボタンをクリックします。スコープは、エディター内の選択肢からソリューション全体までさまざまです。

保存

このボタンは、カスタムクリーンアッププロファイルを作成または編集した場合に表示され、変更内容を保存できます。このダイアログでクリーンアッププロファイルを作成または変更した場合、その変更はスマートセーブロジックを使用して保存されます。共有設定レイヤーに変更を保存する必要がある場合は、ReSharperオプションのコード編集 | コードのクリーンアップページで変更を加え、次へ保存をクリックしてから目的の設定レイヤーを選択します。

キャンセル/破棄

このボタンをクリックすると、クリーンアップタスクを実行せずにダイアログを閉じるか、変更を保存します。

最終更新日: 2019年8月16日

関連事項

関連ページ:

コードのクリーンアップ

コマンドラインユーティリティを使用してコードのクリーンアップを実行することもできます。ReSharperを使用すると、フォーマット設定やその他のコードスタイル設定を一括モードで適用して、1つ以上のファイル、プロジェクト、またはソリューション全体のコードスタイル違反を即座に排除できます。一貫性のない名...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

テンプレートダイアログを選択

テンプレートの選択ダイアログでは、ファイルテンプレートテンプレートを選択して適用できます。このダイアログでは、クイックアクセスリストに追加されていないものも含め、現在のコンテキストまたは現在のプロジェクトタイプで使用可能なすべてのテンプレートが表示されます。既存のテンプレートから新しいファイルを作成...

パターンの作成/編集ダイアログ

ReSharper | オプション | ツール | To-do 項目 | パターン | 作成/編集このダイアログを使用して、コード内のTo-do 項目のパターンを編集できます。名前このフィールドには、パターンの名前を指定します。パターンこのフィールドに、コード内のパターンと一致する正規表現を入力しま...