ReSharper 2019.3ヘルプ

マクロダイアログを選択

ReSharper | ツール | テンプレートエクスプローラー[テンプレートタイプ] | [テンプレート] | テンプレートの編集 | [テンプレートパラメータ] | マクロを選択 (マクロ変更)

このダイアログは、ReSharperが各テンプレートパラメータの値を推奨または推測するために使用するテンプレートマクロを指定できます。このダイアログは、テンプレートパラメータを宣言または編集するときに使用します。

ReSharper: Choose macro dialog

このダイアログには、以下で説明する一連のテンプレートマクロが含まれています。

説明

詳細

guessElementType()

変数で表されるコレクションの要素型を推測する

コレクションの要素のコードと推測のタイプを分析します。

マクロ・パラメーター:

  • variable - テンプレート内の他のパラメータへの参照

suggestIndexVariable()

インデックス変数の名前を提案する

評価ポイントでインデックス変数に使用できる未使用の名前を提案します。
    typeRef()

    包含参照型

    最も内側にある型の参照を評価します。
      getUpperCaseAlphaNumericFileName()

      現在のファイル名は大文字で、英数字以外はすべてアンダースコアで置き換えられます

      現在のファイル名を大文字で評価し、英数字以外のすべてをアンダースコアで置き換えます
        getFileNameWithoutExtension()

        現在の拡張子のないファイル名

        拡張子なしで現在のファイル名を評価する
          getCreationTime()

          ファイルが指定された形式で作成された日時

          ファイル作成日時を評価する

          マクロ・パラメーター:

          • format - テキスト文字列

          list()コンマで区切られた値のリスト指定された値のリストを表示します。

          マクロ・パラメーター:

          • コンマで区切られた値のリスト - テキスト文字列

          spacestounderstrokes()

          別の変数の値。スペースは '_'に置き換えられます。

          スペースを '_' に変更します(「do_something_useful」に「役立つものを行う」など)

          マクロ・パラメーター:

          • 別の変数 - テンプレート内の別のパラメータへの参照

          arrayVariable()

          配列変数を提案する

          どの型が配列型かを示す変数を提案する
            fixedTypeName()

            への参照の挿入

            選択したタイプ名に評価します。

            マクロ・パラメーター:

            • タイプ - タイプ

            capitalize()

            大文字の最初の文字を持つ別の変数の値

            文字列値を大文字にする (すなわち、最初の文字の大文字と小文字を大文字に変更する)

            マクロ・パラメーター:

            • 別の変数 - テンプレート内の別のパラメータへの参照

            clipboard()

            クリップボードの内容

            現在のテキストクリップボードコンテンツを評価する
              complete()

              基本補完を実行する

              変数が評価されるポイントに基本的なコード補完リストを表示する
                completeSmart()

                スマートな補完を実行する

                変数が評価されるポイントにスマートコード補完リストを表示する
                  completeType()

                  型の補完を実行する

                  変数が評価されるポイントにタイプ補完リストを表示する
                    constant()一定値指定された定数値を評価します。

                    マクロ・パラメーター:

                    • 一定値 - テキスト文字列

                    typeMember()

                    タイプメンバー名を含む

                    最も内側にある型メンバー(たとえば、メソッドまたはプロパティ)の短い名前を評価します。
                      typeName()

                      タイプ名を含む

                      最も内側にある型の短い名前を評価します。
                        context()

                        現在のコンテキストを記述する項目のリストを提供する

                        現在のコンテキストを記述する項目のリストを提供します。これには、ファイル名、型名、名前空間名などが含まれます。
                          getCurrentDate()

                          指定された形式の現在の日付

                          現在の日付を評価する

                          マクロ・パラメーター:

                          • format - テキスト文字列

                          getCurrentTime()

                          指定された形式の現在の日時

                          現在の日付を評価する

                          マクロ・パラメーター:

                          • format - テキスト文字列

                          getCurrentNamespace()

                          名前空間を含む

                          含む名前空間の名前を評価する
                            decapitalize()

                            先頭文字が小文字の別の変数の値

                            文字列値を切り捨てる (すなわち、最初の文字の大文字小文字を小文字に変更する)

                            マクロ・パラメーター:

                            • 別の変数 - テンプレート内の別のパラメータへの参照

                            getDefaultNamespace()

                            デフォルト名前空間

                            現在のプロジェクトの既定の名前空間を取得する
                              fileDefaultNamespace()

                              現在のファイルのデフォルトネームスペース

                              現在のファイルのデフォルトの名前空間を取得する
                                getFileName()

                                現在のファイル名

                                現在のファイル名を評価する
                                  getAlphaNumericFileNameWithoutExtension()

                                  すべての非英数字を下線で置き換えた拡張子のない現在のファイル名

                                  現在のファイル名を拡張子なしで評価し、英数字以外のすべてをアンダースコアで置き換えます
                                    getFullUserName()

                                    現在のユーザーの完全なユーザー名

                                    現在のユーザーのフルネームを評価する
                                      guessExpectedElementType()

                                      予想されるコレクションタイプの推測要素タイプ

                                      この時点でコレクションタイプが予想される場合は、要素タイプを推測する
                                        guessExpectedType()

                                        この時点で予想される推測タイプ

                                        この時点で予想される推測タイプ
                                          guid()

                                          新しいGUID

                                          新しいグローバルに一意な識別子を生成する (GUID)
                                            lineNumber()

                                            現在行番号

                                            評価される行マクロの数を評価します。
                                              getOutputName()

                                              現在のプロジェクト出力アセンブリ名

                                              現在のプロジェクトの出力アセンブリ名を評価する
                                                parameterOfType()

                                                タイプのパラメータを提案

                                                指定された型のパラメータを提案します。

                                                マクロ・パラメーター:

                                                • タイプ - タイプ

                                                getProjectName()

                                                現在のプロジェクトの名前

                                                現在のプロジェクト名を評価する
                                                  getSolutionName()

                                                  現在のソリューション名

                                                  現在のソリューション名を評価する
                                                    enumerableVariable()

                                                    列挙変数を提案する

                                                    列挙可能な可視変数を提案する (つまり、foreachループ内でコレクションとして使用されます。)
                                                      suggestVariableName()

                                                      変数の名前を提案する

                                                      変数宣言(変数名が立つべき)で実行されるとき、変数の名前を提案します。
                                                        variableOfType()

                                                        の変数を提案

                                                        指定された型の変数を提案します。

                                                        マクロ・パラメーター:

                                                        • タイプ - タイプ

                                                        suggestVariableType()

                                                        新しい変数の型を提案する

                                                        テンプレートで宣言された新しい変数の型を提案する
                                                          getUserName()

                                                          現在のユーザーの略称

                                                          現在のユーザー名を評価する
                                                            dependencyPropertyType()

                                                            DependencyProperty型

                                                            現在のフレームワークに固有の依存関係プロパティタイプを評価する
                                                              cppEnumToStringEnumerator()

                                                              文字列への列挙: 列挙子名

                                                              各列挙子の包含テンプレート行を複製し、列挙子の名前に評価します。
                                                                cppEnumToStringEnumeratorName()

                                                                文字列への列挙: 文字列としての列挙子名

                                                                各列挙子の包含テンプレート行を複製し、列挙子の名前を持つ文字列に評価されます。
                                                                  cppEnumToStringEnum()

                                                                  文字列への列挙: Enum 名

                                                                  アクションが呼び出される列挙体の名前。
                                                                    cppFileheader()

                                                                    ファイル・ヘッダー

                                                                    ReSharperオプションで指定されたファイルヘッダを挿入します。
                                                                      cppFunctionParameter()

                                                                      ドキュメント: 名前付き関数型の型

                                                                      各関数パラメータのテンプレート行を複製し、nameを指定してパラメータ型に評価する
                                                                        cppFunctionParameterName()

                                                                        ドキュメント: 関数のパラメータ名

                                                                        各関数パラメータのテンプレート行を複製し、パラメータ名を評価する
                                                                          cppFunctionParameterType()

                                                                          ドキュメント: 関数のパラメータ型

                                                                          各関数パラメータのテンプレート行を複製し、パラメータ型に評価する
                                                                            cppFunctionReturnValue()

                                                                            ドキュメント: 関数の戻り値

                                                                            関数の戻り値の型がvoidでない場合にのみ、包含するテンプレート行を保持します。
                                                                              cppTemplateParameterName()

                                                                              ドキュメント: テンプレートパラメータ名

                                                                              各テンプレートパラメータに含まれるテンプレート行を複製し、テンプレートパラメータ名
                                                                                cppMacroParameterName()

                                                                                ドキュメント: マクロパラメータ名

                                                                                各マクロパラメータのテンプレート行を複製し、マクロパラメータ名に評価する
                                                                                  cppFunctionReturnType()

                                                                                  ドキュメント: 関数の戻り値の型

                                                                                  関数の戻り値の型を評価する
                                                                                    cppEntityShortName()

                                                                                    ドキュメント: 実体の短い名前

                                                                                    文書化されているエンティティの短縮名を評価する
                                                                                      cppEntityQualifiedName()

                                                                                      ドキュメント: エンティティ修飾名

                                                                                      文書化されているエンティティの修飾名を評価する
                                                                                        cppPchIncludeDirective()

                                                                                        プリコンパイル済みヘッダーファイルインクルードディレクティブ

                                                                                        プリコンパイルされたヘッダーファイルのインクルードディレクティブまたはプロジェクトがプリコンパイルされたヘッダーを使用しない場合は空の文字列に評価されます。
                                                                                          constTypeName()

                                                                                          constを含む型名を含む

                                                                                          const指定子を持つ最も内側の型の短い名前を評価します。
                                                                                            fullTagName()

                                                                                            完全なタグ名

                                                                                            タグを含むフルネームを挿入する
                                                                                              suggestXmlAttributeNameByTag()

                                                                                              タグによるXML属性名を提案する

                                                                                              現在のドキュメントの同じタグで使用されているXML属性名を提示します
                                                                                                suggestAttributeName()

                                                                                                XML属性名を提案する

                                                                                                現在のドキュメントで使用されているXML属性名を提案する
                                                                                                  suggestXmlTagName()

                                                                                                  XMLタグ名を提案する

                                                                                                  現在のドキュメントで使用されているXMLタグ名を提案する
                                                                                                    tagName()

                                                                                                    タグ名

                                                                                                    名前空間を持たないタグを含む名前を挿入する
                                                                                                      tagNamespace()

                                                                                                      タグ名前空間

                                                                                                      タグを含む名前空間を挿入する
                                                                                                        castToLeftSideType()

                                                                                                        必要な型にキャスト (キャストが必要な場合)

                                                                                                        インサート(必要な場合)は、代入式の左辺で予想される型にキャストします。
                                                                                                          fileheader()

                                                                                                          ファイル・ヘッダー

                                                                                                          ReSharperオプションで指定されたファイルヘッダを挿入します。
                                                                                                            suggestAttributeNameByTag()

                                                                                                            タグで属性名を提示する

                                                                                                            現在のドキュメントの同じタグで使用されている属性名を提案する
                                                                                                              suggestAttributeValue()

                                                                                                              属性値を提案する

                                                                                                              現在のHTMLタグ属性の属性値を提案
                                                                                                                suggestTagName()

                                                                                                                タグ名を提案する

                                                                                                                現在のドキュメントで使用されているタグ名を提案する
                                                                                                                  AspMasterpageContentGenerator()

                                                                                                                  ASP.NET Masterpageコンテンツジェネレータ

                                                                                                                  変数が評価されるポイントで、マスタページのコンテンツプレースホルダのコンテンツを生成する
                                                                                                                    AspMvcAction()

                                                                                                                    ASP.NET MVCアクション

                                                                                                                    変数が評価されるポイントで、利用可能なASP.NET MVCアクションで補完リストを表示する
                                                                                                                      AspMvcController()

                                                                                                                      ASP.NET MVCコントローラー

                                                                                                                      変数が評価されるポイントで、使用可能なASP.NET MVCコントローラーで補完リストを表示する
                                                                                                                        runAtServer()

                                                                                                                        サーバー側のタグが選択されている場合はrunat = "server" を挿入する

                                                                                                                        サーバー側のタグが選択されている場合はrunat = "server" を挿入する
                                                                                                                          最終更新日: 2020年2月24日

                                                                                                                          関連ページ:

                                                                                                                          テンプレートマクロ

                                                                                                                          コードテンプレートを適用すると、ReSharperはいくつかの値でテンプレートパラメーターを初期化します。これらの値を計算するために、テンプレートマクロを使用します。テンプレートマクロは、周囲のコンテキスト(たとえば、現在のファイル名、現在のソリューション名、名前空間、クリップボードコンテンツなど)...

                                                                                                                          テンプレートパラメータの宣言

                                                                                                                          コードテンプレートは周囲の状況に合わせて調整したり、適用したときに対話的に動作したりすることもできます。これはすべてテンプレートパラメータとテンプレートマクロで行われます。テンプレート・エディターでテンプレートパラメータを定義および編集できます。パラメータ(の接頭辞と接尾辞)を入力すると、すぐにテキ...

                                                                                                                          強調表示パターンの追加/編集/検索ダイアログ

                                                                                                                          このダイアログは、特定のパターンに一致するコードを検出するカスタムパターンを作成または編集し、必要に応じてこのコードを置き換えるのに役立ちます。このトピックでは、ダイアログ内のコントロールについて説明します。コードを検索してカスタムパターンで置き換える方法については、構造検索と置換およびカスタムコー...

                                                                                                                          テンプレートダイアログを選択

                                                                                                                          テンプレートの選択ダイアログでは、ファイルテンプレートテンプレートを選択して適用できます。このダイアログでは、クイックアクセスリストに追加されていないものも含め、現在のコンテキストまたは現在のプロジェクトタイプで使用可能なすべてのテンプレートが表示されます。既存のテンプレートから新しいファイルを作成...