ReSharper 2020.3 ヘルプ

アーキテクチャビュー

ReSharper | アーキテクチャー | プロジェクトの依存関係図を表示する

アーキテクチャビューを使用すると、プロジェクトの依存関係図を探索し、以前に取得した依存関係のスナップショットをソリューションの現在の状態と比較できます。

このビューは、ソリューションアイテムダイアグラム領域、およびツールバーで構成されています。

Architecture View window

ソリューション項目

左のソリューションアイテムには、ソリューションのすべてのプロジェクトとアイテムのグループ化が含まれます。グループ化セレクタに応じて、グルーピングがない場合はプロジェクトがプレーンリストとして表示され、グループ化オプションに応じて階層が表示されます。各項目の横にあるチェックボックスは、図に項目を表示するかどうかを定義します。

ダイアグラム領域

ダイアグラム領域には、選択したチェックボックスを含むすべてのプロジェクトが表示されます。グループ化が有効な場合は、グループ化項目も表示されます。ダイアグラムを使用して、レイアウトを変更したり、グループ化ノードを展開したり折りたたんだりすることができます。詳細は、プロジェクトの依存関係図を見るを参照してください。

ツールバーコントロール

コントロール 名前 説明
グループ化

このリストを使用して、To Do アイテムをグループ化するための条件を選択します。いくつかのオプションが提供されます。

  • なし - すべてのプロジェクトはグループ化せずに表示されます。

  • ソリューションフォルダー - プロジェクトはソリューションフォルダー(英語)ごとにグループ化されています。

  • ファイル構造 - プロジェクトとソリューションフォルダーは、ファイルシステム構造によってグループ化されています。

Themed icon undo screen gray 元に戻す ダイアグラムの変更(表示 / 非表示のプロジェクト)を段階的に元に戻します。
Themed icon redo screen gray やり直し 最後の元に戻す操作を元に戻します。
Themed icon metric display screen gray カップリング解析のオン / オフを切り替える このトグルボタンを使用すると、バックグラウンドで実行されるカップリング(英語)分析を有効または無効にできます。デフォルトでは、このボタンはオンになっており、新しいダイアグラムを開くとすぐに分析が開始されます。結合分析はリソースを大量に消費するプロセスであり、大規模なソリューションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。ダイアグラムの操作中に遅延が発生した場合は、このボタンを使用して結合分析を無効にし、必要に応じてダイアグラムを調整してから、分析を再度有効にすることができます。分析アルゴリズムは、最初に表示されたプロジェクトの結合を計算し、次にビューから隠されたプロジェクトを処理します。
Themed icon transitive edges screen gray 推移的な参照を隠す / 表示する このトグルボタンを使用すると、プロジェクト間の推移的な参照を表示できます。これらはデフォルトで非表示になっており、アーキテクチャー構造を失うことなく図を簡素化します。たとえば、プロジェクト参照 A > B > C および A > C がある場合、このボタンを使用すると A > C 参照が非表示になります。
Themed icon save graph screen gray アーキテクチャグラフを保存する 依存関係のスナップショットをファイルに保存します。詳細は、プロジェクトの依存関係図を見るを参照してください。
Themed icon graph diff screen gray 差分を表示 このボタンは、ビューに表示されるスナップショットが現在のソリューションと異なる場合にのみ有効です。ボタンをクリックして、スナップショット内のソリューションの状態を現在の状態と比較します。
Themed icon collapse graph screen gray 折りたたみグラフ ダイアグラム内のすべての要素を折りたたみます。
Themed icon expand graph screen gray グラフを展開 ダイアグラム内のすべての要素を展開します。
Themed icon possible paths screen gray 可能なパスを表示する ボタンがオンになっていると、2 つの特定のプロジェクトの間に、現在表示されていない他の参照プロジェクトからなるパスがあるかどうかを確認できます。これらのパスは緑色の点線で示されています。このボタンは、現在表示されているプロジェクトのうちの 2 つをリンクする隠れた中間プロジェクトがある場合にのみ有効になります。詳細は、考えられるアーキテクチャ上の問題の検出を参照してください。
Themed icon export screen gray PNG にエクスポートする ダイアグラムの可視部分を PNG イメージファイルとして保存するには、このボタンをクリックします。

関連ページ:

プロジェクトの依存関係図を見る

ReSharper を使用すると、ソリューションアーキテクチャを視覚的に表現して、ソリューション内のプロジェクトの依存関係を調べることができます。アーキテクチャビューは新しいエディタータブで開き、プロジェクトの依存関係を視覚的に調査し、ソリューションの現在の状態を以前に作成したスナップショットと比較できます。ダイアグラムのプロジェクトを右クリックして、ソリューションエクスプローラーのソリューションノードのコンテキストメニューで使用可能なものと同じ ReSharper プロジェクトレベルのコマンド(...

Visual Studio オプションの製品ページ

ReSharper は、独自の構成ページを Visual Studio オプションに追加します。このページでは、ReSharper を一時停止または再開できます。つまり、Visual Studio およびメモリから完全にアンロードするか、再ロードします。製品が実行されておらず、それが一時停止されたためではない場合(たとえば、ライセンスの有効期限が切れている場合)、説明テキスト付きのキューバナーがあります。ライセンスの有効期限が切れていて、新しいライセンスキーを入力したい場合は、このページを参照し...

コードアノテーション属性

フレームワークは、以下で説明する多くの属性を提供します。これらの属性をコードで使用するには、ソースコードのアノテーションセクションの説明に従ってを参照する必要があります。アノテーション属性:CanBeNullAttribute マークされた要素の値がになることがあることを示します。そのため、使用前にのチェックが必要です。例 [CanBeNull] object Test() => null; void UseTest() { var p = Test(); var s = p.ToStrin...