ReSharper 2020.2 ヘルプ

HTML のリファクタリング

ReSharper は HTML に対して以下のリファクタリングを提供します:

リファクタリングを実行する

  1. キャレットをシンボルに設定するか、リファクタリングするコードフラグメントを選択するか、ツールウィンドウで項目を選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • メインメニューで ReSharper | リファクタリングを選択してから、必要なリファクタリングを選択します。このメニューで利用可能なリファクタリングのリストは現在の状況に依存します。ReSharper がコンテキストのリファクタリングを提案できない場合は、メニュー全体が無効になります。

    • エディター、ファイル構造ウィンドウ、またはその他の ReSharper ウィンドウで、変換したい項目を右クリックし、コンテキストメニューからリファクタリングを選択してから、必要なリファクタリングを選択します。

    • メインメニューで ReSharper | リファクタリング | リファクタリングを選択するか、Control+Shift+R を押して適用可能なリファクタリングのリストを表示し、それらのいずれかを選択します。選択のコンテキストメニューでリファクタリングを選択することもできます。

    • 特定のリファクタリングに割り当てられているデフォルトのキーボードショートカットを使用するか、お気に入りのリファクタリングコマンドにカスタムショートカットを割り当てます。

  3. 選択したリファクタリングにユーザー入力が必要な場合は、リファクタリングウィザードが開きます。ウィザードのダイアログはモーダルではないため、ウィザードが開いている間にコードを編集できます。

    リファクタリングアクションをロールバックするために、ウィザードにはオプション元に戻すを有効にするには、変更のあるすべてのファイルを編集用に開きますが用意されています。このオプションを選択すると、ReSharper は変更されたすべてのファイルを新しいエディタータブで開き、リファクタリングをロールバックできます。この場合、変更を自分で保存する必要があります。このオプションが選択されていない場合、ReSharper は変更されたファイルを開かずに自動的に保存します。

  4. リファクタリング操作によってコードの競合(名前の重複、可視性の競合など)が発生する場合、リファクタリングを適用する前に、ウィザードは最後のステップで競合のリストを表示します。一部の競合については、ウィザードでクイックフィックスを提案することもできます。詳細については、競合を解決するリファクタリングを参照してください。

エディターでコードを変更した直後に利用できるリファクタリングもあります。詳しくは、インプレースリファクタリングを参照してください。

CSS スタイルの抽出

このリファクタリングでは、<style> タグで定義されているスタイルと同様にインラインスタイルを抽出し、指定されたセレクタに配置できます。

Extract Style refactoring in HTML

リファクタリングウィザードでは、必要に応じてセレクタを変更し、抽出するスタイルを選択することができます。

Extract Style refactoring in HTML

このリファクタリングは、ASP.NET、Razor、および CSS ファイルでも使用できます

別のファイルに移動

このリファクタリングにより、CSS クラスとセレクターを外部 CSS スタイルシートに移動できます。単一のクラスまたはセレクターを移動するには、キャレットをその中または中括弧内の任意の場所に設定し、複数のアイテムを移動するには、選択します。次に、Control+Shift+R ショートカットを使用して移動リファクタリングを選択するか、専用の F6 ショートカットを使用できます。

Move to Another File refactoring in HTML

名前変更

専用の F2 ショートカットでも使用可能な名前変更リファクタリングは、HTML のクラス名の変更に役立ちます。ReSharper は、関連する CSS、JavaScript、TypeScript ファイルでこのクラスのすべての使用箇所を見つけます。新しい名前がスコープ内の既存のクラス名と競合する場合、ReSharper は競合を解決するようプロンプトを出します。

Rename refactoring for classes in HTML
最終更新日 :

関連ページ:

コンテキストアクション

コンテキストアクションのいくつかの例をReSharperWeb サイトでチェックすることができます。コンテキストアクションは、エディターで直接利用できるコード変換ヘルパーです。クイックフィックスとは対照的に、コンテキストアクションは問題の解決やコードの改善を目的としているためはなく、アクセス修飾子の...

HTMLのコンテキストアクション

ReSharperは、HTMLに対して以下のコンテキストアクションを提供します。空のタグを縮小する空の開始タグと終了タグを空のタグに変換するHTMLエンティティを変換するHTMLエンティティを番号付きフォームから名前付きフォームに、またはその逆に変換するパス・マッピングの編集現在のプロジェクトのパス...

ファイル構造ウィンドウ -ReSharper

ReSharper | Windows | ファイル構造ReSharper では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替える...

キーボードショートカットを構成する

すべての ReSharper アクションは、キーボードショートカットで呼び出すことができます。ほとんどのアクションには既定のショートカットがあり、そのまま使用できます。残りのアクションでは、必要に応じて、好きなショートカットキーを割り当てることができます。ReSharper は、2 つのデフォルトの...

競合を解決するリファクタリング

ReSharper のすべてのリファクタリングはソリューション全体に適用されるため、多くのファイルが影響を受ける可能性があり、一部の変更は既存のコードと競合する可能性があります。競合がある場合、ReSharper はそれらを検出し、リファクタリングウィザードの最後のページに競合のリストを表示します。...

インプレースリファクタリング

一部のリファクタリングは、コマンドを呼び出さずに適用できます。エディターでコードを変更するだけで十分です。変更がコードをリファクタリングするためのインテンションである可能性があることを ReSharper が検出すると、変更されたコードの周囲に灰色の境界線が表示され、対応するアクションインジケーター...