ReSharper 2020.3 ヘルプ

名前変更リファクタリング

ReSharper | リファクタリング | 名前変更…
F2
ReSharper_Rename

このリファクタリングにより、ソリューション内の任意のシンボルまたはプロジェクトの名前を変更できます。シンボルへの参照および使用箇所はすべて自動的に更新されます。

さまざまな C# エンティティにリファクタリングを使用する

これは、このリファクタリングで名前を変更できるエンティティのリストです。

  • 名前空間
    名前空間のネストレベルを変更することもできます。例: 名前空間 A.B.C の名前を A.D に変更できます。


  • 名前が変更された型が同じ名前のファイルにある場合、ReSharper は含まれているファイルの名前も変更します。
    名前が変更された型が、class Foo : IFoo など、類似した名前の型の階層の一部である場合、関連する型の名前を変更するかどうかを選択できます。

  • 方法
    メソッドが継承 / 実装階層の一部である場合、関連するメソッドの名前も変更されます。
    メソッドにオーバーロードがある場合は、オーバーロードの名前を変更するかどうかを選択できます。

  • フィールド
    一致する名前のプロパティでフィールドが使用されている場合は、プロパティの名前を変更するかどうかを選択できます。

  • プロパティ
    プロパティに一致する名前のバッキングフィールドがある場合は、フィールドの名前を変更することもできます。

  • パラメーター
    メソッドが継承 / 実装階層の一部である場合、または同じ名前と型のパラメーターでオーバーロードしている場合は、関連するメソッドのパラメーターの名前を変更することもできます。

  • ローカル変数
    ReSharper は、ダイアログを表示せずにローカル変数の名前を変更します。

    Renaming local variable

  • イベント

  • 委譲

コマンドでリファクタリングを呼び出す

  1. 次のいずれかの方法でエンティティを選択します。

    • エディターで、キャレットをエンティティの名前に設定します。

    • ソリューションエクスプローラーでエンティティを選択します。

    • ファイル構造ウィンドウでエンティティを選択してください。

    • クラスビューでエンティティを選択します。

    • オブジェクトブラウザーでエンティティを選択します。

    • 型依存関係図でエンティティを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • F2 を押します。

    • Control+Shift+R を押し、次に名前変更を選択します。

    • 右クリックし、コンテキストメニューでリファクタリング | 名前の変更を選択します。

    • メインメニューの ReSharper | リファクタリング | 名前変更…を選択します。

    名前変更ダイアログが開きます。

  3. エンティティの新しい名前を入力するか、提案された名前のいずれかを使用します。

    ReSharper: Rename refactoring
    ReSharper はあなたの命名スタイルを考慮してエンティティの新しい名前を提案します。

  4. 名前を変更するエンティティに応じて、どの関連項目の名前を変更するかを選択します。たとえば、コメント内のエンティティの出現や文字列リテラルなどです。

  5. 次へをクリックしてください。名前が変更されたエンティティに関連するものがない場合、ReSharper はリファクタリングを適用します。それ以外の場合、ウィザードは追加の手順を表示します。

    • 類似した名前の関連エンティティがある場合、それらは次の手順で一覧表示されます。

      ReSharper: Rename refactoring
      選択したエンティティと一緒に名前を変更する関連エンティティを選択します - 提案された名前をそのまま使用するか、または新しい名前列に新しい名前を指定できます。

    • 以前にコメントと文字列リテラルで検索するを選択していて、エンティティ名の出現箇所が見つかった場合、それらは以下のステップにリストされています。

      ReSharper: Rename refactoring
      ReSharper の名前を変更するテキストを選択します。

  6. 競合が見つからない場合、ReSharper はすぐにリファクタリングを実行します。それ以外の場合は、競合解決するように求められます。

リファクタリングをインプレースで実行する

エディターで宣言の権利を変更し、クイックフィックスを適用してソリューション全体のリファクタリングを呼び出すことで、エンティティの名前を変更できます。

宣言でエンティティの名前を変更するとすぐに、名前の周囲に灰色の境界線が表示され、リファクタリングが使用可能であることを通知します。 Alt+Enter を押すと、アクションリストでリファクタリングを見つけることができます。

ReSharper. Applying Rename refactoring inplace

異なる言語での適用性

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

ReSharper では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。ファイルを簡単にナビゲートするために、プリプロセッサーディレクティブはデフォルトで非表示になっています。ファイルメンバーには、ReSharper オプションのページで設定できるシンボルアイコンがマークされ...

型依存関係図を見る

ReSharper を使用すると、型がソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類の依存関係を視覚化できます。初期図を作成する:新しい型依存関係図を作成するには、いくつかの方法があります。ソリューションエクスプローラー、オブジェクトブラウザー、アーキテクチャエクスプローラー、クラスビュー、またはアセンブリエクスプローラーウィンドウで 1 つ以上の項目...

ネーミングスタイル

バージョン 2018.3 から、ReSharper は既存のコードから C# シンボルの命名規則を自動的に学習を実行できます。命名規則を手動で構成する場合は、ReSharper オプション(Alt+R, O)のページの自動検出ルールを使用するチェックボックスをオフにします。ReSharper は、コード内のシンボルの命名スタイルを定義、制御、適用できます。命名スタイルはルールのセットとして実装され、それぞれが特定の識別子を制約のセットでターゲットにします(たとえば、ルールは静的なプライベート読み...

リファクタリングの競合を解決する

ReSharper のすべてのリファクタリングはソリューション全体に適用されるため、多くのファイルが影響を受ける可能性があり、一部の変更は既存のコードと競合する可能性があります。競合がある場合、ReSharper はそれらを検出し、リファクタリングウィザードの最後のページに競合のリストを表示します。例: 安全な削除リファクタリングをメソッドに適用するときに表示されるいくつかの競合を次に示します。競合には 2 つの型があります。コンパイルを中断することなく削除できる使用箇所は、アイコンでマークされて...

コードの問題のクイックフィックス

ReSharper を使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード問題を即座に修復できます。ハイライトされたコードの問題でを押して、問題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。クイックフィックスを適用する:クイックフィックスは、ハイライトされたコードの問題の左側にアクションインジケーターとして視覚的に表示されます。これらのインジケーターは、コードの問題でキャレットを設定すると表示されます。次の指標は、迅速な修正を意味します。 — 重大度エ...

アクションインジケータとアクションリスト

ReSharper が Visual Studio テキストエディターに追加する最も注目すべきものの中には、アクションインジケータとアクションリストがあります。これらは、ReSharper でサポートされているすべてのファイル(C#、VB.NET、XML、CSS、JavaScript、ASP.NET など)に表示され、使用可能なアクションについて通知し、適用できます。アクションインジケータ:アクションインジケータは、設定に応じて、アクションバーの左マージンやテキストエディターの本文に表示される...