ReSharper 2019.2ヘルプ

言語によるReSharper: XML

このセクションでは、XMLでサポートされているReSharperの機能について説明します。機能の説明は、次のトピックでグループ分けされています。

最終更新日: 2019年9月17日

関連事項

関連ページ:

インスペクションとクイックフィックスをXMLでコーディングする

ReSharperのコード分析の主な機能はXMLでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析セクションの対応するトピックを参照してください。このセクションの主なトピックでは、機能マトリックスを見つけて、XMLで何がサポートされているのかを確認することもできます。このトピックでは...

XMLでのコーディング支援

ReSharperのほとんどのコーディング支援機能はXMLでもサポートされています。これらの機能に関する詳細情報は、コーディング支援セクションの対応するトピックにあります。このセクションの主なトピックでは、機能マトリックスを見つけて、XMLで何がサポートされているのかを確認することもできます。このト...

XMLでのコード・スタイル・アシスタンス

コードスタイルの設定は、レイヤーベースの設定のメカニズムを使用して保存されます。とりわけ、このメカニズムにより、さまざまなソリューションのさまざまな設定を維持したり、これらの設定をVCSに保持したり、チームメンバーと自動的に共有することができます。コード書式設定ルールの管理と適用:コードスタイルの重...

XMLでのナビゲーションと検索

ReSharperのナビゲーション機能と検索機能のほとんどはXMLでもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲーションと検索セクションの対応するトピックを参照してください。このセクションの主なトピックでは、機能マトリックスを見つけて、XMLで何がサポートされているのかを確認すること...

ナビゲーションと検索

ReSharperを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層、エラーなどを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションおよび検索の範囲は、ソリューションのファイルに限定されません。必要に応じて、参照されたライブラリーのシンボルをナビゲーションまたは検索結果に含めることが...