ReSharper 2019.2ヘルプ

言語によるReSharper:Visual Basic .NET

ReSharperはVisual Basic .NETをVB 14まで、部分的にVB 15までサポートしています。

デフォルトでは、ReSharperは関連するコンパイラーに基づいてVB.NETバージョンを自動的に検出します。ただし、ターゲットVB.NETバージョンを明示的に指定できます。ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、コンテキストメニューからプロジェクト項目のプロパティーを編集するを選択して、VB.NETの言語レベルセレクターを使用します。
自動的に検出されるか明示的に設定されるかにかかわらず、現在のVB.NETバージョンに応じて、ReSharperはその機能を調整します。例: コードインスペクションは、新しい言語機能を使用して簡素化できるコード内の場所を検出します。

VB.NETのReSharper機能の説明は、次のトピックで構成されています。

最終更新日: 2019年9月17日

関連事項

関連ページ:

プロジェクト固有のプロパティーの設定

ReSharperの設定のメインセット(ReSharper | オプションダイアログで設定)は、グローバルまたはソリューションごとに適用されます。各プロジェクトまたはフォルダーごとに個別に設定できる環境設定もあります。これらの設定は、プロジェクトアイテムのプロパティーポップアップで利用できます。プロ...

コード・インスペクション

ReSharperはサポートされているすべての言語で2500以上のインスペクションを提供します。これらのインスペクションは、開いているすべてのファイルで設計時にコードの課題を検出して強調表示するため、および/または特定の範囲内ですべてのコードの課題を見つけるために使用されます。インスペクション Re...

Visual Basic .NETのコードインスペクションおよびクイックフィックスReSharper

C#(バリュートラッキングを除く)で利用可能なほとんどのReSharperのコード解析機能は、VB.NETでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。このトピックでは、VB.NETでコード分析機能を使用する例をいくつか見つけることができます...

Visual Basic .NETのコーディングアシスタンス

C#で利用可能なすべてのReSharperのコーディング支援機能は、Visual Basic .NETでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援の該当するトピックを参照してください。このトピックでは、Visual Basic .NETでのコーディング支援機能の使用例をい...

Basic .NETでのコードスタイルの支援

C#で使用可能なReSharperの主要なコードスタイルアシスタンス機能(ネーミングスタイル、コードの書式設定ルールの管理と適用、コードのクリーンアップなど)も、Visual Basic .NETでサポートされています。これらの機能の詳細については、コードスタイルとクリーンアップセクションの対応する...

Visual Basic .NETでのナビゲーションと検索

C#で使用可能なすべてのReSharperのナビゲーションおよび検索機能は、Visual Basic .NETでもサポートされています。これらの機能に関する詳細情報は、ナビゲーションと検索セクションの対応するトピックにあります。このトピックでは、Visual Basic .NETでナビゲーション機能...