ReSharper 2020.3 ヘルプ

言語による ReSharper: TypeScript

ReSharper 2020.3 は、v. 1.4 から v. 3.0 までの TypeScript を完全にサポートしています。ReSharper は、Visual Studio プロジェクトファイルの <TypeScriptToolsVersion> プロパティによって TypeScript バージョンを自動的に検出します。ただし、ReSharper オプションのコード編集 | TypeScript | インスペクションページで TypeScript 言語レベルセレクターを使用して、ターゲット TypeScript バージョンを明示的に指定できます。

コード検査などの機能は、選択した言語バージョンに応じてさまざまな方法で TypeScript コードを分析します。

TypeScript の ReSharper 機能の説明は、次のトピックで構成されています。

ReSharper に特定のコードを無視させる

ReSharper を使用すると、特定のファイル、フォルダー、ファイルマスクをさまざまな方法で無視できます。無視するファイルは、次のオプションページで設定できます。

関連ページ:

TypeScript でインスペクションとクイックフィックスをコーディング

ReSharper のコード解析の主な機能は、TypeScript でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、TypeScript で正確にサポートされているものを確認す...

TypeScript のコーディングアシスタンス

ReSharper のコーディング支援機能のほとんどは TypeScript でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援セクションの対応するトピックを参照してください。このセクションの主なトピックでは、機能マトリックスを見つけて、TypeScript で何がサポートされ...

TypeScript のコードスタイル支援

ReSharper はあなたのコードをきちんときれいに保つための多くの機能を提供します。ReSharper の他の機能の大部分と密接に連携しているため、特定のコードスタイルに従ってコードを生成したり既存のコードベースを変更したりできます。命名標準、フォーマット規則、その他のさまざまな小さな要素を含む...

TypeScript でのナビゲーションと検索

ReSharper のナビゲーションと検索機能のほとんどは、TypeScript でもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲートして検索の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、TypeScript で正確にサポート...

TypeScript のリファクタリング

リファクタリングに加えて、ReSharper はコンテキストアクションで利用可能ないくつかの小さなローカルコード変換を提供します。ReSharper は、TypeScript に対して次のリファクタリングを提供します。リファクタリングを実行するキャレットをシンボルに設定するか、リファクタリングするコ...

TypeScript のコード生成

ReSharper は、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。ReSharper は TypeScript に以下のコード生成機能を提供します:設定に応...