ReSharper 2018.2ヘルプ

言語によるReSharper: TypeScript

ReSharper 2018.2 fully supports all TypeScript versions up to 2.0. ReSharper automatically detects TypeScript version by the <TypeScriptToolsVersion> property in the Visual Studio project file. But you can specify the target TypeScript version explicitly using the TypeScript言語レベル selector on the コード編集 | TypeScript | インスペクション page of ReSharper options.

コード・インスペクションなどの機能は、選択した言語バージョンに応じてさまざまな方法でTypeScriptコードを分析します。

TypeScriptのReSharper機能の説明は、次のトピックで構成されています。

ReSharperに特定のコードを無視させる

ReSharperでは、特定のファイル、フォルダ、ファイルマスクをさまざまな方法で無視できます。無視されるファイルは、次のオプションページで設定できます。

最終変更日: 2018年9月12日

関連事項