ReSharper 2018.3ヘルプ

言語別ReSharper: TypeScript

ReSharper 2018.3は、TypeScriptのバージョン2.0まで完全にサポートしています。ReSharperは、Visual Studioプロジェクトファイルの <TypeScriptToolsVersion> プロパティーによってTypeScriptのバージョンを自動的に検出します。しかし、ReSharperオプションのコード編集 | TypeScript | インスペクションページにあるTypeScript言語レベルセレクターを使用して、ターゲットTypeScriptバージョンを明示的に指定することができます。

コード・インスペクションなどの機能は、選択した言語バージョンに応じてさまざまな方法でTypeScriptコードを分析します。

TypeScriptのReSharper機能の説明は、次のトピックで構成されています。

ReSharperに特定のコードを無視させる

ReSharperでは、特定のファイル、フォルダー、ファイルマスクをさまざまな方法で無視できます。無視されるファイルは、次のオプションページで設定できます。

最終更新日: 2019年4月25日

関連事項

関連ページ:

TypeScriptのコードインスペクションとクイックフィックス

ReSharperのコード解析の主な機能は、TypeScriptでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。このセクションの主題では、フィーチャマトリックスを見つけて、TypeScriptで正確にサポートされているものを確認することもできま...

TypeScriptのコーディングアシスタンス

ReSharperのコーディング支援機能のほとんどはTypeScriptでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援セクションの対応するトピックを参照してください。このセクションの主なトピックでは、機能マトリックスを見つけて、TypeScriptで何がサポートされているの...

TypeScriptのコードスタイル支援

ReSharperには、コードをきれいに整理するための多くの機能が用意されています。ReSharperの他の機能の大部分と緊密に織り交ぜられているため、特定のコードスタイルに基づいてコードを生成し、既存のコードベースを変更できます。命名標準、書式設定規則、その他多くの小さな側面を含むコードスタイルは...

TypeScriptでのナビゲーションと検索

ReSharperのナビゲーションと検索機能のほとんどは、TypeScriptでもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲーションと検索の該当するトピックを参照してください。このセクションの主題では、フィーチャマトリックスを見つけて、TypeScriptで正確にサポートされているも...

TypeScriptのリファクタリング

リファクタリングに加えて、ReSharperはコンテキスト・アクションで利用可能ないくつかの小さなローカルコード変換を提供します。ReSharperは、TypeScriptに対して以下のリファクタリングを提供します。型のコピーフィールドの導入タイプエイリアスを導入するインライン型エイリアス変数を導入...

TypeScriptのコード生成

ReSharperは、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。ReSharperはTypeScriptに以下のコード生成機能を提供します:使用からコードを...