ReSharper 2021.1 ヘルプ

言語による ReSharper: JavaScript

ReSharper は、ECMAScript 2016 までの JavaScript を完全にサポートします。これには、async/await、べき乗演算子、オブジェクトリテラルの休止 / 拡散 / 破棄などの実験的な機能が含まれます。jQuery(英語) および JSX 構文もサポートされています。

デフォルトでは、コードインスペクションおよびその他の ReSharper 機能は、普遍的にサポートされている ECMAScript 5 標準に従って JavaScript コードを分析します。プロジェクトでさらに高度な JavaScript コードを使用する場合は、ReSharper オプションのコード編集 | JavaScript | インスペクションページでターゲット ECMAScript レベルを変更できます。

JavaScript の ReSharper 機能の説明は、次のトピックでグループ分けされています。

ReSharper に特定のコードを無視させる

ReSharper を使用すると、特定のファイル、フォルダー、ファイルマスクをさまざまな方法で無視できます。無視するファイルは、次のオプションページで設定できます。

  • コードインスペクション | 無視されたコードは、コードインスペクションからファイル、フォルダー、マスクを除外します。

  • コードインスペクション | 生成されたコードは、生成されたコードのコードインスペクションを部分的に無効にします

  • 環境 | 検索とナビゲーションを使用して、名前で検索コマンドで無視する必要があるファイルとフォルダーを指定します。

  • コード編集 | サードパーティコードは C++、JavaScript、TypeScript、CSS、HTML、JSON ファイル、フォルダー、ワイルドカードを追加して、「スキップ」または「ライブラリ」として扱います。ReSharper は「スキップされた」ファイルを完全に無視し、「ライブラリ」ファイルを読み取り専用として扱います。ナビゲーション用にインデックス付けされていますが、インスペクションクイックフィックスリファクタリングはありません。

パフォーマンスを向上させるために、ReSharper は、参照がなく、おそらく誤ってソリューションに追加された大きな Web ファイルを自動的に検出し、無視し始めます。

そのようなファイルのいずれかが検出されると、何らかの理由でそれらが必要になった場合にそれらのファイルのいずれかを無視するのを停止ことができる通知が表示されます。ReSharper オプション(Alt+R, O)のコード編集 | サードパーティコードページで、自動的に無視されるすべてのファイルを見つけることもできます。

自動検出を停止し、未使用の大きな Web ファイルを無視するには、ReSharper オプション(Alt+R, O)のコード編集 | サードパーティコードページにあるパフォーマンスに影響を与える可能性のある Web ファイルを検索し、インデックス作成から除外しますチェックボックスをオフにします。

関連ページ:

コードインスペクションと JavaScript のクイックフィックス | ReSharper

ReSharper のコード分析の主な機能は JavaScript でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析セクションの対応するトピックを参照してください。このセクションのメイントピックでは、機能マトリックスを見つけて、JavaScript でサポートされている内容を確認することもできます。このトピックでは、JavaScript でコード分析機能を使用するいくつかの例を見つけることができます。コードインスペクション:ReSharper の静的コード分析は、JavaSc...

JavaScript によるコーディング支援 | ReSharper

ReSharper のコーディング支援機能の多くは、JavaScript でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、JavaScript で正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピックでは、JavaScript でコーディング支援機能を使用するいくつかの例を見つけることができます。構文のハイライト:ReSharper は、デフォルトの V...

JavaScript でのナビゲーションと検索 | ReSharper

ReSharper のナビゲーションと検索機能のほとんどは、JavaScript でもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲートして検索の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、JavaScript で正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピックでは、JavaScript のナビゲーションおよび検索機能の使用例をいくつか見つけることができます。ナビゲーション:ナビゲーションコマンドが利用で...

JavaScript によるユニットテストの支援 | ReSharper

ReSharper は、Visual Studio でクニットおよび Jasmine フレームワークの単体テストを検出して実行できます。ReSharper を使用すると、単体テスト、ファイル、プロジェクト、またはソリューションのすべてのテストを実行できます。また、テストセッションで任意の数のテストを組み合わせて実行することもできます。JavaScript ユニットのテスト設定の構成:Jasmine フレームワークを使用する場合、ReSharper オプション(Alt+R, O)のページでフレームワ...

コードインスペクション設定の構成 | ReSharper

設計時コードインスペクションを構成する:デフォルトでは、ReSharper は、サポートされている言語に対応するすべてのファイルで設計時コードインスペクションを有効にします。必要に応じて、無効にすることができます。設計時コードインスペクションが有効かどうかに関係なく、コードインスペクションは常に特定のスコープで実行できます。メインメニューからを選択するか、Alt+R O を押してから、左側のを選択します。設計時コードインスペクションを切り替えるには、コード分析を有効にするチェックボックスを使用し...

ASP.NET MVC 特有の機能 | ReSharper

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト:ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト: コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための専用コード補完: ナビゲーションと検索:さまざまなナビゲーション機能がアクションとコントローラーでも機能します。コード生成:使用箇所から新しいコントローラーとアクションを作成する: 最終...