ReSharper 2018.2ヘルプ

言語によるReSharper: JavaScript

ReSharperは、非同期/待機、指数演算子、オブジェクトリテラル/デストラクションにおける休憩/広がりなどの実験的な機能を含むECMAScript 2016までのJavaScriptを完全にサポートしています。 jQuery(英語)とJSXの構文もサポートされています。

デフォルトでは、コード・インスペクションやその他のReSharperの機能は、普遍的にサポートされているECMAScript 5標準に従ってJavaScriptコードを解析します。プロジェクトでより高度なJavaScriptコードを使用する場合は、ReSharperオプションのコード編集 | JavaScript | インスペクションページでターゲットECMAScriptレベルを変更できます。

JavaScriptのReSharper機能の説明は、次のトピックでグループ分けされています。

ReSharperに特定のコードを無視させる

ReSharperでは、特定のファイル、フォルダ、ファイルマスクをさまざまな方法で無視できます。無視されるファイルは、次のオプションページで設定できます。

最終変更日: 2018年9月24日

関連事項