ReSharper 2019.1ヘルプ

言語別ReSharper: C#

ReSharper 2019.1はC# 8.0までのすべてのC#バージョンを完全にサポートします。C#は、ReSharperが対象としている主要なプログラミング言語です。ReSharperのすべての機能(他の言語に固有の機能を除く)は、C#でサポートされています(詳細については、異なる言語でのReSharperの機能を参照)。

デフォルトでは、ReSharperは関連するコンパイラに基づいてC#のバージョンを自動的に検出します。ただし、ターゲットC#のバージョンを明示的に指定することができます - ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、コンテキストメニューからプロジェクト項目のプロパティーを編集するを選択してC#言語レベルセレクターを使用します。
現在のC#バージョンに応じて - それが自動的に検出されるか明示的に設定されるか - ReSharperはその機能を調整します。例: コードインスペクションはコード内の場所を検出しますが、これは新しい言語機能を使用して簡単にすることができます。

C#のReSharper機能に関する情報は、次のセクションで利用できます。

最終更新日: 2019年5月14日

関連事項

関連ページ:

異なる言語でのReSharperの機能

以下の表は、各ReSharper機能がサポートされている言語/技術を説明しています。言語固有の機能のみを一覧表示し、プロジェクト依存関係図、名前空間の調整リファクタリング、スタックトレースエクスプローラー、最近のファイルを見るなどのプロジェクト/ソリューションのスコープには多くの機能は含まれていませ...

プロジェクト固有のプロパティーの設定

ReSharper_EditProjectItemPropertiesReSharperの設定のメインセット(ReSharper | オプションダイアログで設定)は、グローバルまたはソリューションごとに適用されます。各プロジェクトまたはフォルダーごとに個別に設定できる環境設定もあります。これらの設定...

コード・インスペクション

ReSharperはすべてのサポートされている言語で2300コードインスペクションを提供します。これらのインスペクションは、開いているすべてのファイルで設計時にコードの問題を検出して強調表示するため、および/または特定の範囲内ですべてのコードの問題を見つけるために使用されます。エディターで強調表示さ...

ナビゲーションと検索

ReSharperを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層、エラーなどを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションおよび検索の範囲は、ソリューションのファイルに限定されません。必要に応じて、参照されたライブラリーのシンボルをナビゲーションまたは検索結果に含めることが...

コード生成

ReSharperは、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、ReSharperは足り...