ReSharper 2019.2ヘルプ

言語によるReSharper: CSS

ReSharperはCSSバージョン4.0までサポートします。実際には、CSSバージョンは、さまざまなWebブラウザでサポートされているCSS機能セットよりも重要性がはるかに低くなります。ReSharperを使用すると、特定のWebブラウザの特定のバージョンに合わせてCSSコードインスペクションを調整できます。コード編集 | CSS | インスペクションのオプションページで設定できます。

CSSのReSharper機能の説明は、次のトピックでグループ分けされています。

最終更新日: 2019年9月17日

関連事項

関連ページ:

コードインスペクションとCSSのクイックフィックス

ReSharperのコード解析の主な機能は、CSSでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。このセクションのメイントピックでは、フィーチャマトリックスを見つけて、CSSで正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピックで...

コーディング支援

ReSharperのコーディング支援機能のほとんどは、CSSでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援の該当するトピックを参照してください。このセクションの主題では、フィーチャマトリックスを見つけて、CSSで正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピ...

コード・スタイル・アシスタンス

ReSharperはCSSで以下のコードスタイルアシスタント機能を提供します。コードスタイルの設定は、レイヤーベースの設定のメカニズムを使用して保存されます。とりわけ、このメカニズムにより、さまざまなソリューションのさまざまな設定を維持したり、これらの設定をVCSに保持したり、チームメンバーと自動的...

CSSでのナビゲーションと検索

ReSharperのナビゲーションと検索機能のほとんどは、CSSでもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲーションと検索の該当するトピックを参照してください。このセクションの主題では、フィーチャマトリックスを見つけて、CSSで正確にサポートされているものを確認することもできます。...

CSSのリファクタリング

CSSスタイルのリファクタリングを使用すると、CSSスタイルをスタイルシートとHTMLファイル間ですばやく移動したり、新しいスタイルシートをその場で作成してそこに既存のスタイルを移動したりできます。数回クリックするだけで、CSSクラスとその使用箇所の名前を変更することもできます。リファクタリングに加...

コード解析

ReSharperは、エディター内の単一のステートメントから、ソリューション全体のアーキテクチャまで、さまざまなレベルのコードを分析できます。コードの課題を見つける:ReSharperは、C#、VB.NET、XAML、XML、ASP.NET、ASP.NET MVC、Razor、JavaScript、...