ReSharper 2020.3 ヘルプ

言語による ReSharper: CSS

ReSharper は CSS バージョン 4.0 までサポートします。実際には、CSS バージョンは、さまざまな Web ブラウザーでサポートされている CSS 機能セットよりも重要性がはるかに低くなります。ReSharper を使用すると、特定の Web ブラウザーの特定のバージョンに合わせて CSS コードインスペクションを調整できます。コード編集 | CSS | インスペクションのオプションページで設定できます。

CSS の ReSharper 機能の説明は、次のトピックでグループ分けされています。

関連ページ:

コードインスペクションと CSS のクイックフィックス

ReSharper のコード解析の主な機能は、CSS でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。このセクションのメイントピックでは、フィーチャマトリックスを見つけて、CSS で正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピックでは、CSS のコード解析機能の使用例をいくつか見ていきます。コードインスペクション:ReSharper の静的コード解析では、CSS コードの 150 以上の異なるエラーと問題を検出できます。...

CSS のコーディング支援

ReSharper のコーディング支援機能のほとんどは、CSS でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、CSS で正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピックでは、CSS のコーディング支援機能の使用例をいくつか見つけることができます。構文のハイライト :ReSharper は、セレクタ、プロパティとプロパティの値、規則(やなど)、プロパ...

CSS のコードスタイルアシスタンス

コードスタイルの設定は、レイヤーベースの設定のメカニズムを使用して保存されます。とりわけ、このメカニズムにより、さまざまなソリューションのさまざまな設定を維持したり、これらの設定を VCS に保持したり、チームメンバーと自動的に共有することができます。ReSharper は CSS で以下のコードス

CSS でのナビゲーションと検索

ReSharper のナビゲーションと検索機能のほとんどは、CSS でもサポートされています。これらの機能の詳細については、ナビゲートして検索の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、CSS で正確にサポートされているものを確認することもできます。このトピックでは、CSS のナビゲーションおよび検索機能の使用例をいくつか見つけることができます。CSS ファイル内のナビゲーション:ファイル構造およびファイルメンバーに移動は両方とも...

CSS のリファクタリング

CSS スタイルのリファクタリングを使用すると、CSS スタイルをスタイルシートと HTML ファイル間ですばやく移動したり、新しいスタイルシートをその場で作成してそこに既存のスタイルを移動したりできます。数回クリックするだけで、CSS クラスとその使用箇所の名前を変更することもできます。リファクタリングに加えて、ReSharper はコンテキストアクションで利用可能ないくつかの小さなローカルコード変換を提供します。ReSharper は CSS のために次のリファクタリングを提供しますを実行す...

CSS のコードテンプレート

ReSharper は、CSS でライブテンプレートを使用する機会を提供します。手動でテンプレートを追加することも、ReSharper が選択したソースコードから新しいテンプレートを生成することもできます。詳細は、ライブ / サラウンドテンプレートを作成するおよびソースコードからライブ / サラウン