ReSharper 2020.2ヘルプ

プロジェクトレベルの支援

ReSharperには、大規模なソリューションを扱う際に特に役立つ一連のプロジェクトレベルの機能が含まれています。

本セクション:

このセクションの記事を閲覧するには、目次ナビゲーションを使用してください。

このセクションで扱う項目以外にも、さまざまなコンテキストで利用できる他の多くの機能があり、プロジェクトを管理する際に役立ちます。

  • ビジュアルプロジェクトの依存関係分析を使用すると、何もコンパイルせずにプロジェクトの依存関係図を取得できます。

  • 参照コードを使用すると、プロジェクトからの発信参照を見つけることができます。

  • ReSharper aids Visual Studio when it comes to managing state of nodes in the Solution Explorer. When you collapse a project or another high-level node in the Solution Explorer, plain Visual Studio doesn't collapse its containing nodes. As a result, when you expand the project at a later time, you find out that it reveals a sporadically expanded structure.
    With ReSharper, you can right-click a Solution Explorer node and select すべて縮小表示 in the context menu - the selected node will be collapsed along with any its child nodes.

  • すべて縮小表示はReSharperのきれいな小さな特徴 - ソリューションエクスプローラーで検索の完璧なマッチです。例:プロジェクトを折りたたむことから始め、ソリューションエクスプローラーで検索を使って実際に必要なノードを展開することができます。

  • ReSharperの設定 are saved using a distributed storage model, meaning that any setting or setting group can be saved separately and ReSharper will combine and apply all of them as it runs.
    Among the benefits of this model are having different settings for different solutions, sharing settings effortlessly, importing and exporting settings, and more. It can be especially useful for sharing settings that should be same within the team: code style settings, code templates, structural search and replace patterns, and more.
    By default, there are three setting layers: for all solutions in local computer, for the current solution, and for the shared solution settings. You can easily create, manage, and share new layers, for example for global company-wide settings.

最終更新日: 2020年5月08日

関連ページ:

プロジェクトの依存関係図を見る

ReSharper | アーキテクチャー | プロジェクトの依存関係図を表示するReSharperを使用すると、ソリューションアーキテクチャのビジュアルプレゼンテーションを使用して、ソリューション内のプロジェクトの依存関係を探索できます。いつでも、ソリューションのプロジェクト依存関係のスナップショッ...

参照コードを見つける

ReSharper | 検索 | 参照コードThis command helps you find any outgoing references within a certain scope, which can be as narrow as a function or as large as

現在のコンテキストをナビゲートする

ReSharperには、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。構造別にファイルをナビゲートする:ReSharper | Windows | ファイル構造ReSharperでは、ファイル構造ウィンド...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

コードスタイルとクリーンアップ

ReSharperはあなたのコードをきちんときれいに保つための多くの機能を提供します。ReSharperの他の機能の大部分と密接に連携しているため、特定のコードスタイルに従ってコードを生成したり既存のコードベースを変更したりできます。命名標準、フォーマット規則、ファイルレイアウト、ファイルヘッダース...

構造検索と置換

ReSharper | 検索 | Search with Pattern…場合によっては、正規表現に一致する特定のシンボルやテキストの出現を検索するなどの標準的な検索方法では、目的の結果が得られない場合があります。例:プロジェクトに固有のコードの匂いを見つけたり、リファクタリングする必...