ReSharper 2020.3 ヘルプ

ピーク定義ビューで関連するソースコードを表示および編集する

ReSharper: Choosing a navigation action for Peek Definition view

ピーク使用箇所

専用ウィンドウ(使用箇所の検索 Alt+F7)で使用箇所を見つけて調査するか、目的の使用箇所(シンボルの使用 Control+Alt+F7)に移動する代わりに、ピーク定義ビューにすべての使用箇所をリストし、使用箇所を表示または編集することもできます。ビューの右側で選択できます。

ReSharper. Studying symbol usages in the Peek Definition view

これを行うには、デフォルトで、Ctrl -click 宣言またはマウス中央ボタンでの使用箇所を使用できます。これを無効にするには、ReSharper オプション(Alt+R, O)の環境 | 検索とナビゲーションページの Ctrl + 中央ボタンクリックピーク使用箇所を使用するチェックボックスをオフにします。または、メインメニューからいつでもこのコマンドを呼び出すことができます:ReSharper | 移動 | ピーク | ピーク使用箇所

ピークシンボル

専用ウィンドウ(ベースシンボル Control+U)にすべてのベースシンボルを一覧表示する代わりに、Shift+Alt+Q を押すか、メインメニューから ReSharper | 移動 | ピーク | ピークベースシンボルを選択して、ピーク定義ビューでベースシンボルを調べることができます。

ReSharper. Studying base symbols in the Peek Definition view

ピーク実装

専用ウィンドウ(ベースシンボル Control+Shift+Alt+B)で現在のシンボルの最終的な実装を表示する代わりに、Control+Alt+Q を押すか、メインメニューから ReSharper | 移動 | ピーク | ピーク実装を選択して、ピーク定義ビューで実装を調べることができます。

ReSharper. Studying implementations of the symbol in the Peek Definition view

関連ページ:

次にナビゲート

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むリストを開きます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。コンテキストで利...

設計時にコードの問題を検出する

ReSharper は、エディターでコードファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの問題は、重大度に従ってエディターでハイライトされます。課題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し...

コードの問題のクイックフィックス

ReSharper を使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード問題を即座に修復できます。ハイライトされたコードの問題で を押して、課題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。クイックフィックスを適用する :クイックフィックスは、ハイライトさ...

アクションとオプションを見つける

ReSharper を使用すると、メニューを掘り下げることなく、そのアクションをすばやく見つけて適用できます。アクションとは、現在のキャレット位置で使用できる実行可能コマンド、またはツールウィンドウを開くコマンドなどの任意のグローバルコマンドを意味します。オプションページを見つけて移動することもでき...

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び...

予定リスト

ReSharper は、コード内のタスクと技術的負債を追跡する簡単な方法を提供します。特定のパターンに一致するコード項目(コメント、文字列リテラル、または識別子)は、To-do Explorer ウィンドウを使用して、エディターだけでなくソリューション全体でも簡単に見つけることができます。To-do...