ReSharper 2020.3 ヘルプ

コンパイル済みコードをナビゲートする

Selecting default navigation for library symbols
ReSharper オプション(Alt+R, O)のツール | 外部ソースページでデフォルトのナビゲーションを構成できます。

関連ページ:

コンパイル済みコードの表示オプション

設定、PDB 情報の可用性、適用されたナビゲーションコマンドに応じて、ReSharper はコンパイルされたコードをさまざまな方法で表示できます。メタデータビュー— このビューには、タイプの署名とそのすべてのメンバーの署名のみが表示されます。エディターまたはアセンブリエクスプローラーウィンドウからメ...

オブジェクトブラウザに移動する

|オブジェクトブラウザこのコマンドは、Visual Studio のオブジェクトブラウザウィンドウでライブラリシンボルを見つけるのに役立ちます。ここでは、ベースタイプまたはメンバー、タイプのメンバーなど、シンボルに関する詳細を取得できます。このコマンドは、ソースコードのライブラリシンボルおよび逆コン...

アセンブリエクスプローラーにナビゲートする

|アセンブリエクスプローラーで検索このコマンドは、アセンブリエクスプローラーウィンドウを使用してライブラリタイプ(メンバー、ベースタイプ、継承など)を調べるのに役立ちます。このコマンドは、ソースコードのライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。こ...

デコンパイルされたソースに移動する

|逆コンパイルされたソースこのコマンドを使用すると、逆コンパイルによって再構築されたライブラリタイプとメソッドの宣言に移動できます。逆コンパイルされたソースコードは、再構築されたソースファイルとして、読み取り専用モードでエディターに表示されます。関連するすべての ReSharper のナビゲーション...

メタデータビューに移動する

|メタデータビューこのコマンドを使用すると、ライブラリシンボルのメタデータから再構築されたタイプとメソッドのシグネチャーに移動できます。メタデータビューは、部分的に再構築されたソースファイルとして、読み取り専用モードでエディターに表示されます。このビューでは、関連するすべての ReSharper の...

シンボルファイルからのソースへの移動

|シンボルファイルからのソースこのコマンドは、ライブラリシンボルの元のソースファイルを取得し、そこにシンボルを表示しようとします。このコマンドは、ソースコードのライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、ソリューションエクスプローラ...