ReSharper 2024.1 ヘルプ

コンパイルされたコードを移動する

ソリューションはプロジェクトのソースコードに限定されず、ソリューションで使用されているライブラリへの参照も含まれています。あたかもそれらがあなたのソリューションの一部であるかのようにそれらのライブラリからシンボルに移動するためのアクセスと機会を持つことは非常に便利です。ReSharper は、組み込みの逆コンパイラーと、コンパイルされたコードを見て移動するのに役立つ多くの機能を提供します。

コンパイルされたアセンブリからのシンボルのコードプレゼンテーションは、設定、PDB 情報の可用性、適用されたナビゲーションコマンドによって異なります。

ライブラリシンボルをターゲットとするナビゲーションコマンドには、次の 2 種類があります。

第 2 の種類のコマンドでは、ReSharper がライブラリシンボルをどのように表現するかを指定できます。この種のナビゲーションが初めて実行されると、ダイアログが表示され、デフォルトのナビゲーション操作を選択するように指示されます。

Selecting default navigation for library symbols

ReSharper オプション Alt+R, Oツール | 外部ソースページでデフォルトのナビゲーションを設定できます。

アセンブリエクスプローラーウィンドウを使用して、ソリューションの外部にあるアセンブリのソースコードを探索することもできます。詳細については、「アセンブリを探索して逆コンパイルする」を参照してください。

関連ページ:

コンパイルされたコードの表示オプション

設定、PDB 情報の可用性、適用されたナビゲーションコマンドに応じて、ReSharper はさまざまな方法でコンパイルされたコードをエディターに表示できます。メタデータビュー — このビューには、型シグネチャーとそのすべてのメンバーの署名のみが表示されます。このビューは、エディターまたはアセンブリエクスプローラーウィンドウから次に移動: メタデータビューコマンドを適用して表示することもできます。逆コンパイルされたコード — このビューには、開いたり移動したりするタイプに対応する逆コンパイルされた C...

外部ソース

ReSharper オプションのこのページでは、ReSharper が外部ソースに移動する方法を定義できます。デフォルトの Visual Studio ナビゲーション Visual Studio ナビゲーションを使用するには、このオプションをクリックします。外部ソースへの ReSharper ナビゲーションは無効になっています。オブジェクトブラウザーへのナビゲーションデフォルトでオブジェクトブラウザーに移動するには、このオプションをクリックします。アセンブリエクスプローラーへのナビゲーションこのオ...

次に移動: オブジェクトブラウザー

このコマンドは、Visual Studio のオブジェクトブラウザーウィンドウでライブラリシンボルを見つけるのに役立ちます。ここで、基本型やメンバー、型のメンバーなどのシンボルに関する詳細を取得できます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースに対して次に移動を呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。次に移動はオブジェクトブラウザーウィンドウで...

次に移動: アセンブリエクスプローラー

このコマンドは、アセンブリエクスプローラーウィンドウを使用してライブラリのタイプ(メンバー、基本タイプ、継承などを調査する)を調べるのに役立ちます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースに対して次に移動を呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。ソリューションエクスプローラーで参照アセンブリのリストから直接アセンブリエクスプローラーでアセンブリ...

次に移動: 逆コンパイルされたソース

このコマンドを使用すると、逆コンパイルによって再構築されたライブラリタイプとメソッドの宣言に移動できます。逆コンパイルされたソースコードは、読み取り専用モードで、再構築されたソースファイルとしてエディターに表示されます。関連するすべての ReSharper のナビゲーションおよび検索コマンドは、逆コンパイルされたビューで使用できます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースに対して次に移動を呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、ソリューションエクス...

次に移動: メタデータビュー

このコマンドを使用すると、ライブラリシンボルのメタデータから再構築された型とメソッドのシグネチャーに移動できます。メタデータビューは、読み取り専用モードで部分的に再構築されたソースファイルとしてエディターに表示されます。関連するすべての ReSharper のナビゲーションコマンドは、このビューで利用できます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースに対して次に移動を呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造...