ReSharper 2018.2ヘルプ

コンパイルされたコードのナビゲーションと検索

A solution is not limited to source code of your projects, it also contains references to libraries that are used in your solution. It is very convenient to have access and opportunity to navigate to symbols from those libraries as if they were a part of your solution. ReSharper provides a built-in decompiler and a lot of features that help you view and navigate through compiled code.

コンパイルされたアセンブリからのシンボルのコードプレゼンテーションは、設定、PDB情報の可用性、および適用されたナビゲーションコマンドに依存します。

ライブラリシンボルをターゲットとするナビゲーションコマンドには、次の2種類があります。

第2の種類のコマンドでは、ReSharperがライブラリシンボルをどのように表現するかを指定できます。この種のナビゲーションが初めて実行されると、ダイアログが表示され、デフォルトのナビゲーション操作を選択するように指示されます。

Selecting default navigation for library symbols
ReSharperオプションのツール | 外部ソースページで、デフォルトのナビゲーションアクションを指定することもできます。

ReSharperを使用すると、アセンブリエクスプローラウィンドウを使用してソリューション外のアセンブリのソースコードを参照することもできます。詳細は、アセンブリの探索と逆コンパイルを参照してください。

最終変更日: 2018年9月24日

関連事項