ReSharper 2020.3 ヘルプ

シンボルの使用箇所にジャンプ

ReSharper | 移動 | シンボルの使用
Control+Alt+F7
ReSharper_GotoUsage

このコマンドを使用すると、宣言またはその他の使用箇所からシンボルの特定の使用箇所にすばやく移動できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。宣言に移動コマンドを使用すると、反対のナビゲーションを使用できます。

このコマンドで得られる使用箇所のリストは、使用箇所の検索のものと同じです。しかし、このコマンドは、特定の用途を探していて、検索結果ウィンドウを開かずにこの使用箇所にしたい場合に、使用回数が限られているシンボルの方が便利です。

単一の使用箇所が検出された場合の ReSharper の動作を構成できます。デフォルトでは、使用箇所はポップアップに表示されます。これらの場合に ReSharper を単一の用途にジャンプさせるには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページで対応するオプション(使い方にジャンプ: 結果が 1 つだけの場合は、リストを表示せずにナビゲートします)を選択します。

現在のコンテキストからシンボルの使用箇所に移動する

  1. キャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Control+Alt+F7 を押すか、メインメニューから ReSharper | 移動 | シンボルの使用を選択します。あるいは、Control+Shift+A を押して、ポップアップでコマンド名を入力して、そこで選択することもできます。

  3. 複数の使用箇所がある場合、それらはコンテキストとともにポップアップに表示されます。次のいずれかを実行します。

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 入力を開始して結果をフィルタリングします。ここで CamelHumps を使用できることに注意してください。必要に応じて、Esc を 1 回押してフィルタリングをクリアします。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示および分析するには、検索結果に表示 Themed icon search results screen gray をクリックし、数字キーパッドの Shift+Enter または + を押します。

    • タイプ依存関係図に一致する項目を表示するには、Alt+Num+ を押すか、ダイアグラムに表示する Themed icon type layout alt screen gray をクリックします。

ピーク定義ビューでシンボルの使用箇所をリストおよび調査することもできます。

これを行うには、デフォルトで、Ctrl -click 宣言またはマウス中央ボタンでの使用箇所を使用できます。これを無効にするには、ReSharper オプション(Alt+R, O)の環境 | 検索とナビゲーションページの Ctrl + 中央ボタンクリックピーク使用箇所を使用するチェックボックスをオフにします。または、メインメニューからいつでもこのコマンドを呼び出すことができます: ReSharper | 移動 | ピーク | ピーク使用箇所

ソリューションおよび参照されたアセンブリからのシンボルの特定の使用箇所に移動する

  1. 次のいずれかのコマンドを使用して、目的のシンボルを検索します。

  2. 目的の記号が結果リストに表示されたら、キーボードを使用して選択し、Control+Alt+F7 を押します。

  3. 複数の使用箇所がある場合、それらはコンテキストとともにポップアップに表示されます。次のいずれかを実行します。

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 入力を開始して結果をフィルタリングします。ここで CamelHumps を使用できることに注意してください。必要に応じて、Esc を 1 回押してフィルタリングをクリアします。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示および分析するには、検索結果に表示 Themed icon search results screen gray をクリックし、数字キーパッドの Shift+Enter または + を押します。

    • タイプ依存関係図に一致する項目を表示するには、Alt+Num+ を押すか、ダイアグラムに表示する Themed icon type layout alt screen gray をクリックします。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

ReSharper では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。ファイルを簡単にナビゲートするために、プリプロセッサーディレクティブはデフォルトで非表示になっています。ファイルメンバーには、ReSharper オプションのページで設定できるシンボルアイコンがマークされ...

宣言に移動

このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)に移動するには、すでにシンボル宣言にいるときに宣言に移動コマンドを呼び出すか、シンボルの使用箇所にジャンプコマンドを使用できます。また、メソッドの変数または戻り値の型の宣言に移動することもできます。詳細は、シンボルの種類に移動を参照してください。インターフェースで宣言され...

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。キャレットがシンボルの使用箇所をナビゲートする宣言にある場合でも、宣言に移動を呼び出すことができます。現在のコンテキストからシンボルの使用箇所を見つけるエディターのシンボルにキャレ...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果(たとえば、シンボルの使用箇所、外部シンボルの使用箇所、シンボルの API の公開など)を表示するために使用されます。最新の検索結果と以前の検索結果をさまざまなタブに表示します。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除いて、新しい各検索コマンドの結果は別々のタブに表示されます。これらの結果をダブルクリックすると、特定の検索結果を含むドキュメントをすばやく開くことができます。Visual Studio のプレビュータブでファイルを開く場合は、ReSharper オ...

CamelHumps

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まる CamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、ReSharper は自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常にすべての名前で検索コマンド、つまりどこでも検索 / 型に移動、ファイルに移動、ファイルメンバーに移動、シンボルに移動で動作します。名前部分の最初の文字を入力し、一致する項目のリストを取得することは...

型依存関係図を見る

ReSharper を使用すると、型がソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類の依存関係を視覚化できます。初期図を作成する:新しい型依存関係図を作成するには、いくつかの方法があります。ソリューションエクスプローラー、オブジェクトブラウザー、アーキテクチャエクスプローラー、クラスビュー、またはアセンブリエクスプローラーウィンドウで 1 つ以上の項目...